宗教的観念を捨て神の足跡をたどりなさい

1.あなたが神を信じることにおいて、どのように神を知ればよいだろうか。あなたは、逸脱したり誤った考えを持つことなく、今日の神の言葉と働きに基づいて神を知るようにするべきであり、何よりまず神の働きを知るべきである。これが神を知る基礎である。神の言葉の純粋な理解に欠けるこれらの誤った考えはみな宗教的な観念であり、逸脱し、誤った理解である。宗教家は、過去に受け入れられた神の言葉を取って、今日の神の言葉と照合する技術に長けている。過去に聖霊により照らされたことにしがみついたまま今日の神に仕えようとするなら、あなたの奉仕は妨害をもたらし、あなたの行いは古いただの宗教儀式となってしまう。

2.宗教的な観念を持った人々は、聖霊の働きの歩みについていくことができず、一歩そしてまた一歩と遅れをとる。これらの宗教的な観念が人を非常にひとりよがりで傲慢にしてしまうからだ。神は自らが語ったことや過去に行ったことについて懐旧を抱くことはなく、それがすたれたものであれば、それを取り除く。まことにあなたは、あなたの観念を手放すことができるのではないか。あなたがもし過去に神が語った言葉にすがりついているならば、神の働きを知っているということの証明になるだろうか。もしあなたが今日の聖霊の光を受け入れることができず、過去の光にしがみついているとしたら、神の足跡に従っている証明になるだろうか。あなたはまだ宗教的な観念を手放すことができていないだろうか。もしそうであれば、あなたは神に反対する人になってしまうだろう。

3.もし人が宗教的な観念を手放すことができれば、その人は自分の考えを使って今日の神の言葉や働きを測ったりせず、直接従うだろう。今日の神の働きが過去のものと明らかに違っていても、あなたは過去の見方から離れて今日の神の働きに直接従うことができる。神が過去にどのように働いたかということに関係なく、今日の神の働きに最も重きをおくべきだということを知っていれば、あなたは自分の観念を捨て、神に従い、そして神の働きと言葉に従い神の足跡についていくことのできる人である。これにより、あなたは真に神に従う人になれるのである。

『言葉は肉において現れる』の「今日の神の働きを知る者だけが、神に仕えてもよい」より編集

前へ: 今日の真理はそれを慕い求める者に与えられる

次へ: 聖書を用いて神を断罪する者はみなパリサイ人である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

神は人がいくつの道を進むべきか予め定めた

神が導く道はまっすぐではない それは穴だらけの曲がった道だ 道が険しいほど 私達の愛が明らかになると神は言う こんな道を開ける者は他にない 私は他の人々のようになりたくない 彼らの道を歩きたくはない 私は献身を果たす道を選んで 最後まで歩んでいく 人がどれほど苦しみ どれほど遠く…

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索