唯一無二の神自身 8

神は万物のいのちの源である(2)

前回の話題に関する交わりを続けよう。前回の交わりの話題を憶えているだろうか。(「神は万物のいのちの源である」です。)「神は万物のいのちの源である」というのは、自分には縁のないように感じる話題だろうか。あるいは、それについての大まかな認識が、すでに心の中にあるだろうか。この主題に関する前回の交わりの要点について、ここで誰か話してくれないだろうか。(神による万物の創造を通じて、神が万物を養い、人類に糧を与えられていることがわたしには分かります。これまではいつも、神が人間に施すとき、ご自身の言葉を選民にだけ施していると思っていました。万物を司る法則を通じて人類全体を養われているとは分からなかったのです。真理のこの側面を神が伝えて下さって初めて、神が万物の源であること、万物のいのちが神から与えられていること、神がこれらの法則を采配なさること、そして神が万物を養っておられることに気づきました。神による万物の創造に、わたしは神の愛を見ます。)前回わたしたちは、おもに神による万物の創造について、また、万物のために神がどのようにして法則と原則を確立したかについて交わりを持った。そうした法則と原則の下、万物は神の支配下で神の目に見守られながら、人間と共に生き、死に、共存している。わたしたちはまず始めに、神が万物を創造し、自身の方法を使って、万物が成長する法則、およびその成長過程とパターンを定めたことを話した。また、神は万物がこの地上で生存する方法を定めることで、それらのものが成長と繁殖を続け、相互依存の中で生存できるようにした。このような方法や法則により、万物は何の苦労もなく穏やかにこの地で存在し、成長することができる。そしてこのような環境があってこそ、人間は安定した家庭や生活状況を持つことができ、神の導きの下で絶えず前進し、発展し続けられるのだ。

わたしたちは前回、神が万物に施すという基本的な概念について話し合った。神は万物に対し、それらが人類の益のために存在し、生きるよう、このようにして施した。言い換えれば、そうした環境が存在するのは、神によって定められた法則のゆえである。神がこのような法則を維持し、管理することでのみ、人類は現在の生活環境を持つことができるのだ。わたしたちが前回話したことは、以前に話した神についての認識からの大きな飛躍である。なぜこのような飛躍が存在するのか。それは、神を知ることについて以前に話したとき、神が人類を救って経営すること、つまり神の選民の救いと経営という範囲の中で話をし、またその範囲内で、神を知ること、神の業、神の性質、神が持つものと神そのもの、神の旨、そして神が人間に真理といのちをどう施すかについて述べたからである。しかし、わたしたちが前回始めた話題は、もはや聖書の内容だけに限られず、また神が自分の選民を救うという範囲に限られてもいなかった。むしろその範囲を超え、聖書という制約、そして神が選民に対して行う三段階の働きという制約を超越して、代わりに神自身について話し合った。ゆえにわたしの交わりのこの部分を聞くとき、あなたは神に関する認識を聖書にのみ制限してはならず、神の働きの三段階だけに限定してはならない。代わりに、絶えず広い視野を持ち、神の業、および神が持つものと神そのものを万物の中に見て、神が万物を支配し経営する方法に目を向けなければならない。この方法により、そしてこれを基礎とすることで、神が万物にどう施すかを見ることができ、それによって人類は、神が万物のいのちの真の源であり、これこそが神自身の真の身分であることを理解できる。すなわち、神の身分、地位、権威、そして神のすべては、現在神に付き従っている人々や、つまりあなたがたというこの人々の集団だけに向けられているのではなく、万物を対象としているのだ。したがって、万物の範囲は非常に広いのである。神があらゆるものを支配する範囲を言い表すために、わたしは「万物」という用語を用いる。なぜなら、神によって支配されているのは、あなたがたが自分の目で見ることのできるだけではないからである。そこには、誰もが目にできる物質世界だけでなく、物質世界の外にあって人間の目には見えない別の世界も含まれており、さらには人類が居住できない惑星や宇宙空間も含まれている。それが神による万物の支配の範囲なのだ。神による万物の支配の範囲は非常に広い。あなたがたについて言えば、自分が理解すべきこと、見るべきこと、認識すべきことを一人ひとりが理解し、目にし、明確に認識する必要がある。この「万物」という用語の範囲はまさしく非常に広いが、わたしはあなたがたに対し、あなたがたがまったく見ることのできない範囲や、接触することができない範囲について話すつもりはない。全員が「神は万物のいのちの源である」という言葉の真の意味に気づけるよう、人間が接触でき、理解でき、認識できる範囲内の事柄についてだけ、あなたがたに話す。そうすれば、あなたがたに対するわたしの交わりの言葉はどれも、空虚なものにはならない。

前回、わたしたちは物語という方法を使って、「神は万物のいのちの源である」という話題の簡単な概要を示した。それにより、神は万物にどう施すかについて、人々は基本的な認識を得られるだろう。あなたがたにこの基本概念を教える目的は何か。それは、神の働きが単に聖書や三段階の働きにとどまらないことを、人々に理解させるためである。人間が見ることも触れることもできない働き、神自身が携わる働きを、神はさらに多数行っているのだ。神が自身の経営や、選民を前進させることにだけ携わり、他の働きのどれにも関与していないとしたら、あなたがた全員を含むこの人類が前進し続けるのは、非常に困難になるだろう。この人類とこの世は発展し続けることができなくなるはずだ。そこに、今日の交わりの主題である「神は万物のいのちの源である」という言葉の重要性が含まれている。

神が人類のために創造する基本的な生活環境

わたしたちは、「神は万物のいのちの源である」という言葉に関連する多くの話題や内容を議論してきたが、神があなたがたに言葉を施し、刑罰と裁きの働きを行うこと以外に、どんなものを人類に授けるのか、あなたがたは心の中で分かっているだろうか。中には「神はわたしに恵みと祝福を授け、懲らしめと慰め、そして思いやりと加護をあらゆる方法で与えてくださる」と言う人がいるかもしれない。また、「神はわたしに毎日食べ物や飲み物を与えてくださる」と言う人もいるだろう。一方、「神はわたしにあらゆるものを授けてくださった」と言う人さえいるだろう。人々が日常生活で遭遇するこれらのことに対して、あなたがたは、自分自身の肉体的な生活体験の範囲に関連する形で反応するだろう。神は一人ひとりに多くのものを授けており、わたしたちがここで議論していることは、人々が日々必要とするものの範囲に限られていないが、各人の視野を広げ、巨視的な視点から物事を見られるようにすることを意図している。神は万物のいのちの源だが、どのようにして万物のいのちを維持するのか。言い換えるなら、すべての被造物が存在し続けられるよう、神はそれらに何を与えることで、その存在と、それを支える法則を維持するのか。これこそが、今日の議論の要点である。あなたがたは、わたしが言ったことを理解しただろうか。この話題はあなたがたにとってあまり馴染みがないかもしれないが、わたしはあまりに深遠な教義について話すつもりはない。わたしの言葉を聞き、そこから認識を得られるよう、わたしは努力する。あなたがたが負担を感じる必要は一切ない。じっくり耳を傾ければそれでよい。しかしながら、ここで再度強調しなければならない。わたしが話している話題は何か。答えてほしい。(「神は万物のいのちの源である」です。)では、神はどのようにして万物に施すのか。神が万物に何を施せば、「神は万物のいのちの源である」と言えるようになるのか。これに関する考えや思いがあるだろうか。わたしが話しているのは、あなたがたの心と頭の中でまったく未知の話題である。しかしこの話題、そしてわたしが今から話すことを、知識、人間の文化、あるいは研究に結び付けるのではなく、神の業に結び付けることを、わたしは望む。わたしは神について、神自身についてしか話さない。それがあなたがたに対するわたしの提案である。あなたがたはきっと理解していることだろう。

神は人類に多くのものを授けた。まずは、人々が目にできること、つまり感じられる物事から話を始める。これらは、人々が心で受け入れ、理解することができるものである。それではまず、神が人類に何を与えてきたかについて、物質世界の話から始めよう。

1. 空気

最初に、神は人間が呼吸できるように空気を造った。空気は、人間が日常的に接触できる物質であり、また人間がどの瞬間でも、たとえ眠っているあいだでも依存しているものである。神が創造した空気は人類にとって途方もなく重要である。それは人類の呼吸一つひとつと、いのちそのものの不可欠な要素なのだ。感じることはできるが目に見えないこの物質は、すべての被造物に対する神からの最初の贈り物である。しかし空気を造ったあと、神は自分の働きが終わったと考え、そこでやめただろうか。それとも、空気の密度について考慮しただろうか。空気の中身について考慮しただろうか。空気を造ったとき、神は何を考えていたのだろうか。神は何のために空気を創ったのか、またその理由は何だったのか。人間には空気が必要であり、呼吸することが必要である。まず、空気の密度は人間の肺に適していなければならない。誰か空気の密度を知っているだろうか。実を言えば、数字やデータという観点からこの質問に答えられる必要は特になく、答えを知る必要はまったくない。一般的な考えがあればそれで完全に十分である。人間の肺が呼吸するのに最も適した密度で、神は空気を造った。つまり、人体へと容易に入り、呼吸しても身体に害をもたらさないように空気を造ったのだ。これが、空気を造る上で神が考慮したことである。次に、空気に含まれるものについて話そう。空気の中身は人間にとって有毒ではなく、肺をはじめ身体のどの部分も害することはない。神はそのすべてを考慮する必要があった。人間の呼吸する空気が穏やかに身体を出入りするように、そして空気が吸い込まれた後、血液や肺、あるいは全身のいらない空気が適切に代謝されるように、空気中の物質の性質と量を整えた。さらに、有害な成分が一切含まれないように考慮しなければならなかった。わたしが空気のこれら二つの基準について話す目的は、何か特定の知識をあなたがたに詰め込むことではなく、神は自身の考えに沿ってありとあらゆる被造物を造ったのであり、神が造ったすべてのものはまさに最良なのだと、あなたがたに示すことである。さらに、空気中の粉じんの量、地球上の塵、砂、泥の量、そして空から地上に舞い落ちる粉じんの量に関して言えば、神にはそれらを管理する方法、つまりこれらのものをきれいに取り除く、または分解させる方法がある。一定量の塵があると、神は、その塵が人間の身体に害を及ぼしたり、人間の呼吸を危険に晒したりすることがないよう、塵の粒子を身体に無害な大きさにした。神による空気の創造は奥義ではないだろうか。それは神の口からただ一息の空気を吐き出すくらいに単純なことだったろうか。(いいえ。)極めて単純なものを創造するときでさえ、神の奥義、神の知能の働き、神の考え方、そして神の知恵がすべて明らかになる。神は実際的ではないだろうか。(はい、そうです。)これが意味するのは、単純なものを造るときでさえ、神は人類のことを考えていたということである。まず、人間が呼吸する空気はきれいであり、その中身は人間の呼吸に適しており、毒性がなく、人間に害を及ぼさない。同じように、空気の密度も人間の呼吸に適している。人間が絶えず吸って吐き出すこの空気は、人間の身体に、人間の肉体に不可欠なものである。そのため人間は制約も心配もなく、自由に呼吸することができる。そうして正常に呼吸することができるのだ。空気は、神が最初に創造した、人間の呼吸に不可欠なものである。

2. 気温

二番目は気温である。気温が何かは誰もが知っており、人間の生存に適した環境にとって不可欠なものである。たとえば摂氏40度を超えるなど、気温が高すぎれば、それは人間を大いに消耗させるのではないだろうか。人間がそのような状況で生きるのは極めて疲れることではないだろうか。逆に気温が低すぎる場合はどうか。気温が摂氏マイナス40度に達したとしたら、それもまた人間には耐え難いだろう。したがって、神は気温の範囲を極めて綿密に設定し、人体が適応可能な気温の範囲、つまりおおよそ摂氏マイナス30度から摂氏40度のあいだにした。北から南まで、地上の気温は基本的にこの範囲に収まる。寒冷地域では、気温はおそらく摂氏マイナス50度から60度まで落ちることもあるが、神が人間をそうした地域で暮らすようにさせることはなかったはずだ。それではなぜ、そのような寒冷地域が存在するのか。そこには神自身の知恵があり、神自身の意図がある。神は、そのような場所の近くにあなたを行かせない。神は暑すぎる地域や寒すぎる地域を保護している。つまり、そこで人間が暮らすことを計画していなかったのだ。そうした場所は人類のためではないのである。しかし、神はなぜ地上にそのような場所を存在させたのだろうか。人間がそうした場所で暮らす、さらには生存することを意図していなかったのなら、神はなぜそれを創るのだろうか。そこに神の知恵がある。つまり、人間が生存する環境の気温の範囲を、神は合理的に調整してきたのだ。ここでも自然の法則が作用している。気温を維持して操作する特定の物事を、神は創造した。それは何か。まず、太陽は人々に温かさをもたらすが、その温かさが極端だと人は耐えることができるだろうか。太陽にあえて近づこうとする人がいるだろうか。太陽に接近できる科学的な機器が地上にあるだろうか。(ありません。)それはなぜか。太陽が熱すぎるからである。太陽に近づき過ぎるものはすべて溶ける。したがって、神は具体的な働きを行い、入念な計算と基準に沿って太陽の高度、および人類との距離を定めた。また、地球には南北二つの極がある。それらの地域は凍っており、一面の氷河だ。人類は氷河地帯に住めるだろうか。そのような場所が人間の生存に適しているだろうか。いや、適してはいない。ゆえに、人がそうした場所に行くことはない。人が南極や北極に行かないので、そこにある氷河は保たれ、気温を管理するという目的を果たすことができる。これは分かるだろう。南極も北極もなければ、太陽が絶えず発する熱のせいで地球の人間は消滅するはずだ。しかし、神はこれら二つだけを用いて、気温を人間の生存に適した範囲内に保っているのだろうか。いや、そうではない。それ以外にも、野原の草、様々な種類の木々、そして森のあらゆる種類の植物など、太陽の熱を吸収するありとあらゆる生き物が存在する。これらは太陽の熱を吸収する中で、太陽の熱エネルギーを中和し、それによって人間が生活する環境の気温を調整する。また、河川や湖沼などの水源も存在する。河川や湖沼の表面積は誰にも決定できない。地球上の水の量、水の流れる行方、方向、水量、流れる速度を制御できる者も存在しない。それは神だけが知っている。地下水から始まり、目に見える地表の河川や湖沼に至るまで、様々な水源もまた、人間が生活する環境の気温を調整することができる。水源に加えて、山や平野、峡谷や湿地など、ありとあらゆる地形も存在し、そのすべてが気温を、それぞれの地理的範囲や領域と釣り合いが取れるように調節している。たとえば、ある山の円周が100キロメートルである場合、その100キロメートルには100キロメートル分の有用性がある。地上に造ったそれら山地や峡谷の数についても、神は十分に考慮した。つまり、神が創造した一つひとつのものの背後には、それぞれ物語があり、一つひとつに神の知恵と計画が含まれているのだ。たとえば、森とあらゆる種類の植生について考えてみよう。それらが生育する地域の範囲と規模はいかなる人間にも制御できず、それらについて最終的に決定できる人間は一人としていない。同様に、森と植生が水をどの程度吸収するか、太陽からの熱エネルギーをどの程度吸収するかについても、人間が制御することは不可能である。これらの物事はすべて、神が万物を創造した際に立てた計画の範囲内に収まっているのだ。

また、そうした適切な気温の環境において人間が生活できるのは、神があらゆる点で入念に計画し、考慮し、采配したからに他ならない。したがって、太陽など人間が自らの目で見る個々のもの、南極や北極など人間が頻繁に話を聞くもの、地上や地中、水中の様々な生き物、そして森やその他の植生で覆われている空間の量、水源、様々な形態の水域、淡水や海水の量、さらに様々な地理的環境など、神はこれらすべてを用いて人間が生存するための常温を維持しているのだ。これは絶対である。人間がそうした適切な気温の環境において生活できるのは、神がそのすべてを深く考慮したからに他ならない。気温は寒すぎても暑すぎてもいけない。人体が順応できる気温を超えるほど暑い場所は、間違いなく神があなたのために用意した場所ではない。気温が低すぎて寒すぎる場所、つまり到着後わずか数分で人間が完全に凍えてしまい、話すことができず、脳が凍り、思考不可能になり、すぐに呼吸困難になるような場所も、神が人類のために用意した場所ではない。人間がどのような研究を行いたいと望んでいようとも、あるいは革新したい、こうした制約を打破したいと考えたとしても、人が何を考えたところで、人体が順応可能な限界を超えることは決してできない。人間は、神が人間のために設けたこの限界を決して解消できないのだ。なぜなら、神は人間を造り、人体が順応可能な温度を一番よく知っているからである。しかし、人間自身はそれを知らない。人間は知らないとわたしが言うのはなぜか。人間はどのような愚行を行ってきたのか。大勢の人が北極や南極に絶えず挑んできたのではないか。このような人たちは、それらの場所に行ってその地を占有し、そこに根を下ろそうと常に望んできた。これは馬鹿げた行為ではないか。たとえあなたが南極と北極を完全に調査したとしても、それが何だというのか。たとえあなたがそこの気温に順応して暮らすことができ、南極と北極の現在の生存環境を「改善」したとしても、それが何らかの形で人類に恩恵をもたらすだろうか。人間には生存できる環境があるのに、静かに大人しくそこに留まることはなく、あくまで生存不可能な場所へと冒険しようとする。それは何を意味するのか。人間はこの適切な気温の中で生活することに飽き飽きし、我慢できなくなっている上に、あまりに多くの祝福を享受してきた。また、この通常の生活環境は、人類によってほぼ完全に破壊されてしまったので、南極や北極へ行ってさらなる害を及ぼしたり、あるいは「新たな道を切り開く」何らかの方法を見つけられるよう、ある種の「大義」を追い求めたりすることを考えている。これは愚かではないか。つまり、祖先であるサタンの指導の下、この人類は次から次へと愚かなことをし続け、神が人類のために造った美しい住処を、見境なく無闇に破壊しているのだ。これはサタンの仕業である。さらに、地球上における人類の生存が多少危うくなったのを見て、月へ行ってそこで生存する方法を確立したいと、大勢の人が考えている。しかし結局、月には酸素がない。酸素なしで人間は生存できるのか。月には酸素がないので、人間が居留できる場所ではないが、人間は月へ行く願望にしがみついている。そうした行為を何と呼ぶべきか。これも自滅行為ではなかろうか。月は空気のない場所で、気温も人間の生存に不適なのだから、神が人間のために用意した場所ではないのである。

気温という今の話題は、人間が日常生活で遭遇するものである。気温はすべての人間が体感できるものだが、この気温がどのようにして生じたのか、あるいは人間の生存に適したものとなるよう誰が制御し、操っているのかは、誰一人考えない。これが、わたしたちが今学んでいることである。そこに神の知恵があるだろうか。そこに神の業があるだろうか。(はい。)人間の生存に適した気温の環境を神が創造したことを考えると、これは神が万物に施す一つの方法だろうか。その通りである。

3. 音

三番目は何か。それは、人間が生存する正常な環境に不可欠なものであり、神が万物を造った際に采配しなければならなかったものである。神にとって、そして一人ひとりの人間にとっても、極めて重要なものである。神がこれを考慮していなければ、人間の生存を大いに妨げていたことだろう。つまり、人間の生活と肉体に著しい影響を及ぼし、人類がそのような環境で生存することを不可能にしていたはずだ。また、そうした環境ではどのような生物も生存できないと言えるだろう。わたしは何のことを言っているのか。それは音である。神は万物を造り、万物は神の手の中で生きている。神の被造物はすべて、神の視界の中で生き、絶えず動き回っている。言い換えるなら、神が創造した万物の一つひとつの物事には、価値と意義があるのである。つまり、一つひとつの物事の存在には、本質的な何かが備わっているのだ。神の目から見ると、それぞれのものは生きており、また生きている以上、万物の一つひとつが音を発する。たとえば、地球も太陽も、そして月も常に自転している。万物が繁殖し、成長し、動く際も、絶えず音を発している。地上に存在する神の被造物はすべて常に繁殖し、成長し、動いている。たとえば、山の基盤は動いて移動しており、海中の生き物はすべて泳いで動き回っている。そのことは、これらの生き物、および神の視界にある万物が、確立されたパターンに沿って、絶えず規則的に動いていることを意味する。では、闇の中で繁殖し、また成長し、密かに移動しているこれらすべてのものによって、いったい何が生み出されるのか。それは音、偉大で力強い音である。地球以外のあらゆる惑星もまた絶えず運動し、それらの惑星で暮らす生き物や有機体もまた絶えず繁殖し、成長し、移動している。つまり、生命を持つものも、生命のないものも、すべて神の視界の中で絶えず前進しており、そうする中で一つひとつが音を発している。神はこうした音についても采配を行ったのだ。神がそのようにした理由を、あなたはすでに理解しているだろう。飛行機に近づくと、そのエンジンの轟音はあなたにどのような影響を及ぼすだろうか。あまりに長くその近くにいると、耳が聞こえなくなる。人間の心臓はそのような試練に耐えられるだろうか。心臓の弱い人の中には耐えられない者もいるだろう。もちろん、強い心臓の持ち主であっても、その音が長く続き過ぎると耐えられないはずだ。つまり、人体に対する音の影響は、それが耳に対してであれ、あるいは心臓に対してであれ、各人にとって極めて甚大であり、うるさすぎる音は人間に危害を与える。したがって、神が万物を創造し、万物が正常に機能し始めた後、こうした音、すなわち万物が運動する音についても、神は適切な采配を行った。これもまた、人類のための環境を造る際に、神が考慮しなければならなかった事柄の一つである。

まず、地表からの大気の高さが音に影響を及ぼす。加えて、土壌にある隙間の大きさもまた、音を操り、音に影響する。そして、様々な地理環境が重なり、それも音に影響を与える。つまり、人間の耳や心臓が耐えることのできる環境で人間が生存できるように、神はある種の方法を用いて一部の音を消すのである。さもなければ、音は人間の生存にとって大きな障害となり、人間の生活を大いに妨げ、深刻な問題を突きつける。つまり、神は大地と大気、そして様々な地理的環境の創造において、極めて几帳面であり、その一つひとつに神の知恵が込められている。このことに関する人類の理解は、それほど詳細である必要はない。その中に神の業が含まれていることさえ知っていれば、それで十分である。さて、神が行ったこの働きはまさに、音を精密に調整して人間の生活環境と通常の生活を維持するものだったが、それは必要だったのか。(はい。)この働きが必要だったなら、その観点から見て、神はそうした働きを用いて、万物に施したと言うことができるだろうか。神は、妨害を一切受けない状況で、人間の身体が極めて正常に生活できるように、また人類が普通に存在して生活できるように、そうした環境を造り、人類に施した。ならばこれは、神が人類に施す方法の一つではないだろうか。神が行った極めて重要なことではないのか。(はい。)それはまさしく必要だった。それでは、あなたがたはその価値をどのように認識しているだろうか。たとえあなたがたが、それは神の業だったと感じることができず、当時それを神がどのように行ったかを知らなかったとしても、神がこれを行ったことの必要性を感じ取れるだろうか。神がそこに注ぎ込んだ知恵や気遣い、それに思いを感じることができるだろうか。(はい。)感じることができればそれでよろしい。神が被造物のあいだでなした業のうち、人間が感じることも見ることもできないものが多数ある。わたしがそれを取り上げるのはひとえに、神の業に関することをあなたがたに伝えるためであり、それによってあなたがたは、神を認識できるようになる。こうした手がかりにより、あなたがたは神をさらによく認識して理解できるのだ。

4. 光

四番目は、人間の目に関係しているもの、つまり光である。光もまた極めて重要である。眩しい光を見て、その明るさがある程度に達すると、人は失明しかねない。つまるところ、人間の目は肉体の目なのであり、刺激に耐えることができない。太陽を直視しようとする者がいるだろうか。中には試した人がいて、サングラスをかければ大丈夫だが、道具を使う必要がある。道具がなければ、人間は裸眼で太陽のほうを向き、直視することができない。しかし、神は人類に明るい光を与えるために太陽を造ったのであり、この光も神が配慮したものである。神は太陽を造り終えたあと、単にそれをどこかに置き、あとは放っておいたのではない。神はそのように物事を行わない。神は自身の業において極めて慎重であり、徹底的に考え抜く。神は人類のために目を造って彼らが見えるようにし、また人間が物を見るための光についても、その特性を前もって定めた。光があまりに薄暗ければ、何の役にも立たないだろう。目の前にある自分の指も見えないほど暗い場合、人間の目は機能せず、役に立たない。しかし光が明るすぎると、その明るさに耐えることができないので、人間の目はやはり物を見ることができなくなる。したがって、神は人間の目に適した量の光でもって、人類の生存環境を整えたのだ。その光の量が人の目を傷つけたり害を与えたりすることはなく、まして機能を失わせることはない。神が太陽と地球の周囲に雲の層を加え、人間の目や肌を傷つけるような光が、空気の密度によって正しく除去されるようにしたのはそのためである。これは相互に釣り合っている。さらに、神が造った地上の色彩は、太陽光やあらゆる種類の光を反射させ、人間の目が慣れるのに明るすぎる光を除去することができる。このようにして、人間は色の濃いサングラスを常時着用せずとも、屋外を歩いて生活を送ることができるのだ。通常の条件下では、人間の目は視界の中にある物を見ることが可能であり、光に煩わされることはない。つまり、光は眩しすぎても暗すぎてもいけないのである。あまりに薄暗ければ人の目は損傷を受け、少し使っただけで駄目になるだろう。光があまりに明るければ、人の目はそれに耐えられないはずだ。人間が目にしているまさにこの光は、人間が目で見るのに適していなければならず、神は様々な方法を通して、光が人間の目に与える損傷を最小限にしてきた。そしてこの光が人間の目に恩恵をもたらそうと、あるいは不都合をもたらそうと、人間が自分の目の機能を維持しつつ、寿命を迎えるようにするのに十分である。神はそれを徹底的に考慮したのではないか。しかし、悪魔サタンはそうした考慮を一切せずに行動する。サタンにとって、光は常に明るすぎるか暗すぎるかのどちらかである。これがサタンの振る舞い方なのだ。

神は視力、聴力、味覚、呼吸、感覚など、人体のあらゆる側面にこのようなことを行った。それは、人類の生存のための順応力を最大化し、人間が普通に生き続けられるようにするためである。つまり、神が造った現在の生活環境は、人類の生存に最適で、最も有益な環境なのである。中には、これは大したことでなく、どれも至って普通だと考える人もいるだろう。人々は音、光、そして空気のことを、自分が生まれた瞬間から享受している当然の権利だと思っている。しかし、あなたが享受できるこれらの物事の背後で、神は努力を重ねてきた。これは、人間が知って理解すべきことである。そうした物事を理解したり知ったりする必要はないとあなたが思っているかどうかにかかわらず、簡潔に言うと、これらのものを造ったとき、神は大いに配慮し、計画を立て、ある考えを持っていた。神は軽率に、あるいは単純に、何も考えることなく、人類をそうした生活環境に置いたのではないのだ。わたしはこうした些細な物事の一つひとつをあまりに大げさに話していると、あなたがたは考えるかもしれない。しかしわたしの考えでは、神が人類に施した一つひとつの物事は、人類の生存に必要なものである。ここに神の業があるのだ。

5. 気流

五番目は何か。これは一人ひとりの日常生活と密接に結びついているものである。それと人間生活との関係はあまりに密接で、それなしでは、人体がこの物質世界で生きてゆけないほどなのだ。それは気流である。「気流」という名詞を聞けば、おそらくすべての人が理解できるはずだ。では、気流とは何か。「気流」とは単に空気の流れだと言えるだろう。気流は、人間の目に見えない風である。またそれは、気体の運動形態の一つでもある。しかし、この話の中で、「気流」はおもに何を指しているのか。わたしが言えば、あなたがたはすぐに分かるだろう。地球は回りつつ、山や海、そしてすべての被造物を抱えており、一定の速度で回転している。あなたがこの回転を感じなくても、地球は確かに回転している。この回転は何を生じさせるか。あなたが走るとき、風が起きて耳の後ろへ吹き去らないだろうか。人間が走った際に風が発生し得るなら、地球が回転したときに風が発生しないということがどうしてあり得るだろう。地球が回転するとき、万物は運動している。地球自体が運動し、一定の速度で回転する一方で、地上の万物も絶えず繁殖し、成長している。したがって、一定速度で移動すると、当然気流が発生する。これがわたしの言う「気流」である。この気流は人体に何らかの影響を及ぼすのではないか。台風を考えてみよう。通常の台風はそれほど強力ではないが、台風に見舞われると、人間はしっかり立つことすらできず、風の中を歩くのは難しい。一歩進むのさえ苦労し、風で何かに押し付けられ、動くことができない人さえいるだろう。これは、気流が人類に影響を与える形態の一つである。仮に地球全体が平野で覆われていたなら、地球と万物が回転すると、それによって生じる気流に人体が耐えるのは極めて困難になるだろう。そうした状況に対処するのは、極めて困難である。本当にそうであれば、そうした気流は人類に危害を及ぼすだけでなく、完全に破壊してしまうのではないだろうか。このような環境では、人間は生存できないはずだ。そうしたわけで、神は様々な地理的環境を造ることで、そのような気流を解消した。こうして様々な環境において、気流はますます弱くなり、方向や速度、威力が変化する。山、山脈、平野、丘陵、盆地、峡谷、高原、大河など、様々な地理的特徴が見られるのはそのためである。神はこうした様々な地理的特徴によって、気流の速度、方向、威力を変化させる。これが、気流を減らしたり操ったりすることで、風速、風向、風力を適切なものにする神の方法であり、それによって人間は通常の生活環境を得ることができる。そうする必要があるだろうか。(はい。)こうしたことを行うのは、人間にとって困難に思われるが、神にとっては容易である。なぜなら、神は万物を監督しているからである。神にとって、人類に適した気流のある環境を造ることほど単純かつ容易なことはない。したがって、神が造ったこのような環境においては、あらゆる被造物の一つひとつが不可欠であり、一つひとつの物事の存在に価値と必要性があるのだ。しかしこの原則が、サタンや堕落させられた人類に理解されることはない。人類は破壊と開発、搾取を続け、山々を平野へと換え、峡谷を埋め立て、平野に高層ビルを建て、コンクリートジャングルを造り出すという無駄なことを夢見ている。神が人間のために用意した、この最適な環境において、人間が幸福に暮らし、幸福に成長し、幸福な毎日を送れることが神の望みである。だからこそ、人類の生活環境の扱い方において、神が不注意だったことはないのである。人間の身体と生活環境が、自然条件に起因する障害の影響を一切受けず、人類が正常に生活し、繁殖し、万物と正常に調和して共存できるよう、神は気温から空気に至るまで、また音から光に至るまで、精緻な計画を立てて采配してきた。そのすべては、神から万物に、そして人類に施されているものなのだ。

人間の生存のためのこれら五つの基本的条件を神が采配した方法から、神が人類にどう施すかが分かるだろうか。(はい。)つまり、神は人間の生存のための最も基本的条件をすべて造った創造主なのである。同時に、神はこれらを管理し、制御し、人間が存在するようになって数千年を経た今も、依然として継続的に人間の生活環境を修正し、最善かつ最適な生活環境を人間に与え、生活を普通の方法で維持できるようにしている。このような状況はいつまで維持できるのか。言い換えるなら、神はどれくらいのあいだ、そうした環境を施し続けるのか。それは、神が経営の働きを完全に成し遂げるまで続く。その後、神は人類の生活環境を変化させる。同じやり方でそうした変化を生じさせるかもしれないし、違う方法によるかもしれないが、人間がいま知るべきなのは、神は人類に必要なものを施し続け、人類の生活環境を管理し、その環境を保全し、保護し、維持しているということである。こうした環境があればこそ、神の選民は普通に生活し、神の救いと刑罰、そして裁きを受け入れられる。万物が生存し続けられるのは神の支配のゆえであり、また全人類が前進し続けられるのは、神からのこうした施しのゆえなのだ。

交わりの今の部分は、あなたがたに何か新たな考えをもたらしただろうか。今では神と人類の最大の違いに気づいただろうか。最終的に、万物の主人は誰なのか。それは人間か。(いいえ。)では、あらゆる被造物の扱い方における、神と人間の相違は何か。(神は万物を支配して采配し、人間はそれらを享受します。)あなたがたはそれに賛成だろうか。神と人類の最大の違いは、神はすべての被造物を支配し、それらに施すということである。神は万物の源であり、神がすべての被造物に施す一方で、人間はそれを享受する。つまり、神からあらゆる被造物に授けられるいのちを受け入れるとき、人間はそのすべての被造物を享受しているのだ。神は主人であり、人類は神による万物創造の成果を享受する。では、神のあらゆる被造物の立場から見て、神と人類の違いは何だろうか。神は万物が成長する法則を明瞭に見ることができ、それらの法則を制御し、支配する。つまり、万物は神の視界の中にあり、神による吟味の範囲内にある。人間には万物が見えるだろうか。人間に見えるものには制限がある。つまり、自分の目の前にあるものに限られるのだ。山に登るとき、あなたが見るのはその山だけであり、山の反対側にあるものは見ることができない。海岸へ行くと、あなたに見えるのは海のこちら側だけであり、その海の対岸がどのようであるかは分からない。森に入ると、自分の周囲と目の前にある植物が見えるものの、その先に何があるかは見えない。人間は高い場所、遠い場所、深い場所を見ることができない。人間に見えるのは目の前にあるものと、視野の中にあるものだけなのだ。四季を支配する法則や、万物が成長する法則を人間が知っていたとしても、万物を管理したり支配したりすることはやはりできない。しかし、神によるすべての被造物の見方は、あたかも神が自ら製作した機械を見るようなものである。神はそれぞれの部品と結びつき、その原則は何か、その法則は何か、その目的は何かを熟知しており、そのすべてをこの上なく明瞭に知っているのだ。ゆえに神は神であり、人間は人間なのである。人間は科学の研究や、万物を支配する法則の研究を深く進めることができるものの、その研究の範囲は限られている。その一方で、神は万物を支配している。人間にとって、神の支配は無限である。神がなした極めて小さな業について、人が一生をかけて研究しても、何の成果も得られないことがある。それゆえ、単に知識や学習した事柄を用いて神を研究しても、神を知ることも理解することも決してできないのだ。しかし、真理を求め、神を求める道を選び、神を認識するようになるという観点から神に目を向けるなら、やがてある日、神の業と知恵が随所にあることをただちに認め、神が万物の主、そして万物のいのちの源であると言われる理由を知るだろう。そうした認識を得れば得るほど、神が万物の主と呼ばれる理由をいっそう理解することになる。あなた自身を含めた万物、そしてすべてのものは、神による安定した流れの施しを絶え間なく受け取っている。また、この現世で、そしてこの人類の中で、万物の存在を支配し、管理し、維持する能力と本質を持ち得るのは、神を除いて存在しないのだと、はっきり感じ取ることができるようになる。こうした認識に達したとき、神が自分の神であることを、あなたは真に認めるだろう。この地点に達したとき、あなたはすでに神を真に受け入れ、神を自分の神、自分の主人としている。そうした認識を得て、あなたのいのちがそのような地点に達したとき、神はもはやあなたを試したり、裁いたりせず、あなたに対して要求することもない。なぜなら、あなたは神を理解し、神の心を知り、心の中で神を真に受け入れたからである。このことは、これらの主題、つまり神による万物の支配と管理について交わる重要な理由である。そうするのは、人々にさらなる認識と理解を与えるのが目的であり、単に神の業を認めさせるだけでなく、より実践的な形で神の業についての認識と理解を与えるためなのだ。

神が人類のために用意する日常の食べ物と飲み物

ここまでは、全体的な環境の一部分、具体的に言うと、神が世界を創造した際に用意した、人間の生存に必要な条件について話をした。そこでは五つのこと、すなわち環境の五つの要素を話した。次の話題はあらゆる人の肉体的生活と密接に関連しており、以前の五つ以上にその生活と、それに必要な条件を満たすこととに関わっている。要するに、それは人々が食べる食料である。神は人間を造り、適切な生活環境に置いた。その後、人間には食べ物と水が必要になった。人間にそうした必要があったので、神はそれに応じた用意を人間のために行った。したがって、神の働きの歩みの各段階と、神が行う一つひとつの業では、単に空虚な言葉が語られているのではなく、現実的で実際的な業が実行されているのだ。食べ物は人間の日常生活において不可欠なものではないだろうか。食べ物は空気よりも重要だろうか。それらは等しく重要である。どちらも人間の生存と、人間の生命の継続を守るのに不可欠な条件であり物質なのだ。空気と水ではどちらが大事だろうか。気温と食べ物ではどうだろうか。これらはすべて重要であり、いずれも人間に欠くことができないものなので、選択することはできない。これは現実的かつ実際的な問題であり、誰一人その中から選択することはできない。あなたには分からないだろうが、神には分かっている。あなたは食べ物を見て「食べ物がなければ無理だ」と考える。しかし、あなたが造られた直後、自分には食べ物が必要だということを知っていただろうか。あなたは知らなかっただろうが、神は知っていた。あなたが空腹になり、木に食べるための果実があり、地面に穀粒があるのを見て初めて、食べ物が必要だと気づいた。喉が渇き、泉の水が目に入り、それを飲んで初めて、自分が水を必要としていることに気づいた。水は、神が人間のために前もって用意したものである。食べ物については、一日三食摂るか、二食か、あるいはそれ以上かは問題ではなく、簡潔に言えば、それは人間の日常生活に不可欠なものである。人体の正常かつ継続的な生存を維持するために必要なものの一つなのだ。それでは、大半の食べ物はどこから来るだろうか。第一に、土から来る。土は神によって人間のために前もって用意されたものであり、木や草だけでなく、様々な植物の生存に適している。神は人類のためにありとあらゆる穀粒の種と、その他様々な食べ物の種を用意し、種を蒔くのに適した土壌と土地を人類に与え、人類はこれらのもので食べ物を得る。様々な種類の食べ物には、どのようなものがあるだろうか。あなたがたはおそらくすでに知っているはずだ。第一に、様々な穀粒がある。穀粒にはどのような種類があるだろうか。小麦、粟、稗、キビ、そしてその他の種類の穀粒がある。穀草にも様々なものがあり、大麦、小麦、オート麦、蕎麦など、南部から北部まで多種多様である。異なる地域での栽培に適した、様々な種類が存在するのだ。また、米にも様々な種類がある。南部には南部特有の種類があり、そこの気候は暑いため、穀粒が長く、南部の人々に適している。これはつまり、インディカ米のような粘り気の強すぎない米を、そこに住む人々が食べなければならないことを意味する。粘り気が強すぎると食欲を失い、消化することができないだろう。北部の気候は常に寒冷なので、北部の人々が食べるのは粘り気が強い米である。ゆえに、そこの人々は粘り気の強いものを食べなければならない。次に、ありとあらゆる豆類があり、それらは地上で生育する。また、ジャガイモ、サツマイモ、タロイモなど、地中で生育する根菜類も多数ある。ジャガイモは北部で育ち、そこでの品質は非常に高い。食べる穀物が人々にないとき、ジャガイモが主食となり、それで一日三食を維持することができる。ジャガイモは予備の食料としても利用できる。サツマイモの品質はジャガイモの品質よりもいくぶん低いが、一日三食を締めくくる主食として使うことができる。穀物の入手が難しいとき、人々はサツマイモで飢えを防ぐことができる。タロイモは南部の人がよく食べるものだが、同じ使い方ができ、また主食となり得る。これらが多種多様な穀物であり、人々の日常の飲食物において不可欠な一部である。人間は様々な穀類を用いて麺、蒸しパン、飯、ビーフンなどを作る。神はこうした様々な種類の穀類を人類に豊富に与えた。これほど多くの種類が存在する理由は、神の旨に関わる事柄である。それらは東西南北の様々な土壌と気候で生育するのに適しており、その一方で、これらの穀類に含まれる様々な成分や内容物は、人体の様々な成分や内容物に対応している。これらの穀類を食べることでのみ、自分の身体が必要とする様々な栄養素や物質を、人々は維持できるのだ。北部の食べ物と南部の食べ物は異なるものの、違いよりも共通点のほうがはるかに多い。いずれも人体が通常必要とするものを満たし、その正常な生存を支えることができる。ゆえに、各地域で産出される種類が豊富にあるのだが、それは人間の肉体がこれら様々な食べ物の供給を必要としているからである。人体の正常な存在を支え、人間が普通の生活を送れるようにするには、土壌から育つこれら様々な食べ物を人々に供給する必要があるのだ。つまり、神が人類に対して大いに配慮してきたのである。神が人間に授けた様々な食べ物はどれも同じようなものではなく、逆に極めて多種多様である。穀草類を食べたければ、それを食べることができる。麦よりも米が好きで麦を好まない人は、米を食べることができる。米には穀粒が長いもの、短いものなど様々な種類があり、それぞれが人間の食欲を満足させられる。したがって、人がこれらの穀類を食べるのであれば、食べ物に対する選り好みが極端に激しくない限り、栄養不足にならず、死ぬまで健康に生きることが保証されている。それが、神が人類に食べ物を授けたとき、その念頭にあった考えである。それらがなければ人体は存在できない。それが現実ではないか。これは、人間が自分自身で解決できなかった実際の問題だが、神はそれに備えていた。つまりそうしたことを前もって考え、人類のために用意をしたのである。

しかし神が人類に与えたのはこれがすべてではない。神は人類に野菜も与えたのだ。食べるものが米しかなければ、十分な栄養を得られないだろう。一方、いくつかの野菜を炒めたり、サラダにして食卓に加えたりすれば、野菜に含まれるビタミン類や様々な微量元素、およびその他の栄養素によって、人体が必要とするものを自然に満たすことができる。また、食事のあいだに果物を食べることもできる。違うだろうか。人間は時おり、追加の水分やその他の栄養素、あるいは異なる味覚のものを必要とするが、そうしたときには野菜と果物がその必要を満たす。土壌と気候は東西南北で異なっており、そのため様々な種類の野菜や果物が産出される。南部の気候は極めて暑いので、大半の果物や野菜には冷却効果があり、口にすると人体の冷気と熱の均衡を保つことができる。対照的に、北部における果物や野菜の種類はそれに比べて少ないものの、そこに暮らす人々が享受するのに十分である。しかし、近年における社会の発展や、いわゆる社会的進歩、および東西南北を結ぶ通信手段や交通機関の改善により、北部の人々も南部の果物や野菜、および特産品を、四季を通じて食べることができる。これにより、人々は食欲や物欲を満たすことができるものの、人体は知らないうちに様々な度合いの危害に晒されている。それは、神が人類のために用意した食べ物には、南部の人間のための食料や果実や野菜と、北部の人間のための食料や果実や野菜があるからだ。つまり、南部で生まれた場合、その人は南部産のものを食べることが適切なのである。神が具体的にこれらの食料、野菜、果物を用意したのは、南部には南部特有の気候があるからである。また北部には、北部の人々の身体に必要な食べ物がある。しかし人間には並外れた食欲があるので、知らぬ間に社会の新たな潮流に呑まれ、そうした法則を無意識のうちに破ってしまう。人間は,現在の生活が過去に比べて向上したと感じているが、こうした社会的進化は隠れた危害をより多くの人々の身体にもたらす。これは神が見たいと願っていることでも、これらの食料、果物、野菜を人類に与えたときに意図していたことでもない。人間は神の法則を破ることで、みずから現在の状況を招いたのだ。

その他にも、神が人類に授けた賜物は実に豊富であり、各地域に独自の特産物がある。たとえば、ベニナツメ(ナツメという名称でも知られる)が豊富な場所もあれば、クルミが豊富な場所もあり、また落花生やその他の様々なナッツ類が豊富な地域もある。こうした物質はみな、人体が必要とする栄養素を供給する。しかし、神は季節や時期に応じて、正しい量で正しい時に、人類に物を供給する。人類は肉体的な快楽を求め、かつ食欲が旺盛なので、神が人類を造った際に立てた、人間の成長の自然な法則にいともたやすく反し、害を与える。サクランボを例にとってみよう。サクランボは六月ごろに熟し、通常の状況においては、八月を迎えるともう残らない。サクランボの新鮮さを保てるのは二ヶ月だけだが、科学的技術を用いることで、人間は現在それを十二ヵ月、さらには翌年のサクランボの旬の時期まで延長することができる。これはつまり、サクランボが年間を通して存在することを意味する。この現象は正常だろうか。(いいえ。)では、サクランボを食べるのに最適な季節はいつか。それは六月から八月までだろう。この期間を過ぎると、サクランボをどれほど新鮮に保ったとしても、味は同じでなく、人間の身体が必要とするものを供給しない。ひとたび期限が過ぎると、どのような化学薬品を使用しても、自然に栽培されたときにあったものを残らず吹き込むことはできない。加えて、化学薬品が人間に与える危害は、誰が何を試みたところで、解消したり変化させたりすることはできない。では、現在の市場経済は人々に何をもたらすだろうか。人々の生活は向上しているように見え、地域間の交通は極めて便利で、人々はあらゆる種類の果物を一年中どの季節でも食べることができる。北部の人々でも、バナナをはじめ南部の特産品や果物、あるいはその他の食べ物を食べることができる。しかしこれは、神が人類に与えたいと願う生活ではない。このような市場経済は人間の生活に多少の恩恵をもたらすかもしれないが、害ももたらし得る。市場の豊かさのために、多くの人が、自分の口に何を入れているのかを考えずに物を食べている。こうした振る舞いは自然の法則に反しており、人間の健康にとって有害である。ゆえに、市場経済が人間に真の幸福をもたらすことはできない。自分の目で見るといい。ブドウは四季を通じて市場で売られているではないか。実際には、ブドウが新鮮なのは、収穫後の極めて短い期間だけである。ブドウを翌年の六月まで保管しておいたなら、それは依然としてブドウと呼ぶことができるだろうか。あるいは「生ゴミ」と呼ぶほうがふさわしいだろうか。そのブドウには、新鮮なブドウが持つ物質がまったくないだけでなく、化学製品の含有量が増えている。一年経過すると、ブドウはもはや新鮮でなく、それまであった栄養素もはるか以前になくなっている。人はブドウを食べるとき、「本当に幸運だ。三十年前、この季節にブドウが食べられただろうか。食べたくても食べられなかったはずだ。現代はなんと素晴らしい生活だろう」と感じる。これは本当に幸福だろうか。興味があれば、化学薬品で保存されたブドウを調べ、その成分がどうなっているか、それらの物質が人間に有益かどうかを確かめるとよい。律法の時代、イスラエルの人々がエジプトから出て旅していたとき、神は彼らにうずらとマナを与えた。しかし神は、彼らにそれらの食べ物を保存することを許しただろうか。一部の人は先見の明がなく、翌日に何も残っていないことを心配したので、将来のために多少残した。すると、何が起きただろうか。翌日には腐ってしまったのだ。神はあなたに、何かを残しておくことを許さない。なぜなら、神はすでに用意をしており、あなたが飢えないことを保証しているからである。しかし人類にはそうした確信も、神への真の信仰もない。いつも行動の余地を残したがり、神が人類のために行った用意の背後にある配慮と思いを見ることが決してできない。人間はそれを感じられないので、神を十分信じることができず、「神の業は信頼できない。わたしたちが必要とするものを神が与えてくれるかどうか、いつそれを与えてくれるのかなど、誰にも分からない。わたしが空腹なのに神が施してくれなければ、飢えるのではないか。栄養が不足するのではないか」と常に考える。人間の確信がいかに薄っぺらいものか、見てみるがよい。

穀物や果物、野菜、および様々な種類のナッツ類はどれも、植物性の食料である。それらは植物性の食料であるものの、人体の必要を満たすのに十分な栄養素が含まれている。しかし神は、「わたしはこれらの食べ物だけを人類に与える。人類にこれらのものだけを食べさせよう」とは言わなかった。神はそこでやめず、引き続き人類のためにいっそう美味しい食べ物をさらに用意した。その食べ物とは何か。それは、あなたがたのほとんどが見て食べることのできる様々な肉や魚である。神は人間のために、肉と魚の両方を数多く用意した。魚は水中で暮らし、魚の肉に含まれる物質は、地上で暮らす動物の肉と異なっており、人類に様々な栄養素を供給できる。また魚にも、人体の冷気と熱を調整できる特性があるので、魚は人間にとって極めて有益である。しかし、美味しいものは、食べ過ぎてはならない。わたしがすでに言ったように、神は人類に対し、適切な時に適切な分量を授けるので、人間は正常な方法で、かつ季節と時期に応じて、神から授かったものを享受できる。さて、家禽という分類にはどういった食べ物があるだろうか。ニワトリ、ウズラ、ハトなどである。アヒルやガチョウを食べる人も多い。神はこれらありとあらゆる肉を与えたが、律法の時代、自身の選民に対してある種の要求を行い、食事に関する特定の制約を課した。現在、この制約は個人の好みと解釈に基づいている。こうした様々な肉により、人体に多様な栄養素が供給され、タンパク質や鉄を補給し、血液を豊かにし、筋肉と骨を強化し、頑健な身体を築く。人間がどう料理して食べるかに関係なく、肉によって食べ物の味わいは向上し、食欲が増すと同時に、胃袋が満たされる。また何より重要なのが、そうした食べ物は人体が日々必要とする栄養素を供給できるということである。それが、神が人類のために食べ物を用意したときの気遣いである。野菜があり、肉がある。これが豊富さではないのか。しかし人間は、神が人類のためにあらゆる食べ物を用意した際の意図が何であったかを理解する必要がある。それは、こうした食べ物を人類が過度に享受するようにさせるためだったのか。人間が罠に捕らわれ、そうした物質的な願望を満たそうと試みると、いったい何が起きるだろうか。栄養過剰になるのではないか。栄養素が多すぎると、様々な形で人体に害を及ぼすのではないか。(はい。)これが、神が適切な時期に適切な分量を配分し、時期と季節の違いに応じて、様々な食料を人間に享受させる理由である。たとえば、酷暑の夏を過ごすと、人間の身体には大量の熱だけでなく、病気の原因となる乾気や湿気が蓄積される。秋が来ると、多種多様な果実が成熟し、人間が果物を食べると、体内の湿気は解消される。この時、牛や羊も逞しく成長するので、この時期にこそ、人間は肉をさらに食べて栄養を摂るべきである。様々な肉を食べることで、人体はエネルギーとぬくもりを得て、それが冬の寒さに耐えるのに役立つので、冬を安全に、かつ健康的に乗り切ることができる。神はこの上ない配慮と正確さでもって、人類にいつ何を施すかを操り、調整する。また様々なものを成長させ、果実を実らせ、熟させている。これは「人間が日常生活の中で必要とする食料を、神はどのように用意するのか」ということに関係している。様々な種類の食料に加え、神は人類に水源をも与えている。人間は食後に水を飲まなければならないが、果物だけで十分だろうか。人間は果物だけでは生きられず、それに果物がない季節もある。では、人類が抱える水の問題は、どうすれば解決できるだろうか。神はそれを、湖沼、河川、泉など、地上と地下の水源を多数用意することで解決してきた。汚染されていない限り、また人間によって処理されたり害されたりしていない限り、それらの水源は飲用に適している。つまり、人間の肉体生活を支える食料源に関して、神は極めて正確で、精密で、適切な用意を行ってきたのだ。そのおかげで人間の生活は豊富で潤沢であり、何も不足していない。これは、人々が見て感じ取れることである。

さらに神は、万物の中でも、人体の怪我や病気を癒やすことを目的とした植物や動物、そして様々な草を造った。たとえば、火や熱湯でたまたま火傷したらどうすべきか。水で洗い流すだけでいいだろうか。布切れで巻くだけでいいだろうか。そのようなことをすれば膿が溜まって化膿するかもしれない。また、発熱したり、風邪をひいたり、作業中に負傷したり、悪いものを食べて胃の病気になったり、生活習慣や情緒的な問題のせいで、血管系の疾患や精神疾患、内臓疾患などの病気になった場合、そうした病状を癒すための植物がそれぞれに存在する。さらに、血の巡りをよくして血行不良を改善する植物、痛みを緩和する植物、止血する植物、麻酔効果のある植物、皮膚を癒して正常な状態に戻す植物、鬱血を解消する植物、解毒する植物などがある。要するに、これらの植物は日常生活で活用できるのだ。人々が活用できるそうした植物は、人体が必要とする場合に備えて神が用意したものである。神のおかげで人間が偶然発見した植物もあれば、神に選ばれた人が発見した植物もあり、神が指揮した特定の現象の結果として発見された植物もある。そうした植物の発見後、人類はそれらを伝えて多くの人が知るようになる。このように、神によるこうした植物の創造には、価値と意義がある。要するに、これらはすべて神に由来し、神が人類の生活環境を造ったときに用意し、植え付けられたものなのだ。これらはどれも不可欠なのである。神の思考は人間の思考よりも徹底しているだろうか。神がなしたすべてのことを見て、あなたは神の実際的な側面を感じ取ることができるだろうか。神は密かに働いた。この世界に人間がまだ現れていないとき、神がいまだ人類と接していないときに、神はそのすべてを造ったのだ。すべては人類を念頭に置いて、人類の存在のために、人類の生存を考慮して行われた。それにより、神が人類のために用意した、この豊富で潤沢な物質世界で、人類は食料や衣料について心配することなく、何かに不足することなく、幸せに生活することができる。人類はそうした環境の中で繁殖し、生存し続けることができるのだ。

神による大小すべての業のうち、価値や意義のないものが一つでもあるだろうか。神が行うことにはどれも価値と意義がある。まずは一般的な話題から議論を始めよう。多くの人がよくする質問がある。ニワトリと卵はどちらが先に現れたか。(ニワトリです。)ニワトリが先であり、それに疑問の余地はない。なぜニワトリが先なのか。卵が先だということがあり得ないのはなぜか。ニワトリは卵から孵化するのではないか。卵を二十一日間抱いた後、ニワトリが生まれる。そのニワトリはさらに卵を産み、その卵からさらに多数のニワトリが生まれる。では、ニワトリと卵のどちらが先に現れたのか。あなたがたは絶対的な自信をもって「ニワトリ」と答えたが、なぜそう答えたのか。(聖書に、神が鳥と獣を造ったと書いてあるからです。)ならば、あなたの答えは聖書に基づいている。しかしわたしは、自分の理解をあなたがたに話してもらいたい。神の業に関する現実的な認識があなたがたにあるかどうかを見たいのだ。さて、あなたがたは自分の答えに確信しているのか、それともしていないのか。(神はニワトリを造り、繁殖する能力を与えられました。つまり、卵を孵化させる能力を与えられたのです。)その解釈はだいたい正しい。ニワトリが先に現れ、次に卵が現れた。それは間違いない。これはさほど深遠な奥義ではないが、俗世の人々は極めて深いものと捉え、哲学的な論理を用いて解決しようと試みる。しかし、いまだ結論に達していない。それはあたかも、神がニワトリを造ったことを、人々が知らないかのようだ。人間はこの根本的な原則を知らず、卵とニワトリのどちらが先に現れたのかもはっきり分からずにいる。どちらが先かを知らないので、答えを見つけることが決してできない。ニワトリが先だというのは極めて自然なことである。仮に卵がニワトリよりも先だとしたら、実に異常ではないか。これはまったく単純なことであって、ニワトリが先に現れたのは間違いない。別に高度な知識を要する問いではないのだ。神はあらゆるものを造ったが、そこには人間がそれを享受すべきだという意図がある。ひとたびニワトリが現れると、当然のこととして卵がそれに続く。これが素直な解答ではないか。卵が先に造られたなら、卵を孵化させるニワトリが必要ではないのか。直接ニワトリを造るというほうが、はるかに素直な解答である。このように、ニワトリは卵を産み、その中のひよこを孵化させると同時に、人間はニワトリを飼って食べることができる。何と便利ではないか。神が物事を行なう方法は整然としていて簡明であり、決して回りくどくない。卵はどこから来るのか。ニワトリからである。ニワトリがなければ卵は存在しない。神が造ったのは生き物なのだ。こうした単純な問題にはまり込み、挙げ句の果てに数々の邪論さえ生み出す人類は、愚かで滑稽だ。人間は何と子供っぽいのか。卵とニワトリの関係は明白である。ニワトリが先に現れた。これが最も正確な説明であり、最も正確な理解の仕方であり、最も正確な回答であって、これが正しいのだ。

わたしたちがこれまで話し合ってきた話題は何か。最初に、人類が暮らす環境、その環境のために神が行ったこと、そして神がした用意から話を始めた。それから神が采配した物事を話し合った。つまり、神が人類のために用意した被造物同士の関係や、これらの被造物が人類に危害を加えるのを防ぐために、そうした関係をどのように采配したかである。神はまた、被造物の中にある様々な要素が人類の環境に与え得る害を軽減し、万物がその目的を最大限果たし、好ましい環境と有益な要素を人間にもたらすようにして、かくして人類がそうした環境に順応し、生命と繁殖の周期を着実に繰り返すことができるようにした。その次は、人体が必要とする食料、すなわち人類の日常の食べ物と飲み物について話した。これもまた人類の生存の必要条件である。つまり、人体は、呼吸するだけ、日光や風だけ、あるいは適切な気温だけでは生きられないということである。人間は胃袋を満たす必要もあるのだが、神は何も見過ごさず、人間の腹を満たすものの源、つまり人類の食料源も用意した。こうした豊富で潤沢な産物、すなわち人類の食べ物や飲み物の源を見て、神は人類とすべての被造物の供給源だと言えるだろうか。創造の際、神が草木だけ、あるいはその他多数の生き物だけを造り、それら様々な生き物や植物が、どれも牛や羊が食べるためのものだったり、あるいはシマウマや鹿やその他様々な動物のためだったりして、たとえばライオンはシマウマや鹿などを食べ、虎は羊や豚などを食べるものの、人間が食べるのに適したものが一つもなかったとしたら、それでうまく行っていただろうか。うまく行かなかったはずだ。人類はさほど長く生存できなかったに違いない。人間が木の葉だけを食べたとしたらどうか。それでうまく行っていただろうか。人間は羊のために用意された草を食べられるだろうか。少し試すだけなら害はないだろうが、そのようなものを長期間にわたって食べ続けたとしたら、人間の胃はそれに耐えられず、長くは生きていられなかったはずだ。動物は食べることができても、人間にとっては有毒なものさえある。動物がそれを食べても何も起きないが、人間が食べるとそうではない。言い換えると、神は人間を造ったので、人体の原則や構造、人間に必要なものを最もよく知っているのだ。人体の構成、成分、必要なもの、人体の内臓の機能、そしてそれらが様々な物質をどのように吸収し、排出し、代謝するかを、神は完全に把握している。人間はそれを把握しておらず、軽率にものを食べたり、無闇に自制に走ったりして、それによって不均衡を引き起こす。神があなたのために用意したものを正常な方法で食べ、享受すれば、あなたが健康問題に見舞われることはない。時に気分がすぐれず、鬱血があったとしても、それは何ら問題ではない。ただ特定の植物を食べればそれでよく、鬱血は解消される。神はこうしたことのすべてについて用意をしたのだ。そのため神の目から見ると、人類は他のどの生き物よりもはるか高いところにいる。神は各種の植物のために環境を用意し、各種の動物のために食料と環境を用意したが、環境に関する人類の必要条件は最も厳しく、どんな些細な点も見過ごすことができない。見過ごしてしまえば、人類は普通に発展して生き、繁殖し続けることができないだろう。神は心の中でこれを一番よく知っている。それを行った際、神はそれを他の何よりも重要視した。あなたが人生において見て享受できる平凡なもの、あるいは生まれたときから持っていて、見て享受している何らかの物事の重要性を、おそらくあなたは感じ取れないかもしれないが、神ははるか昔に、あるいは密かに、あなたのために用意していたのだ。人類にとって好ましくなく、人体に危害を加え得る否定的な要素を、神はすべて最大限に除去し、緩和してきた。これは何を示しているのか。今回人類を造った際の、神の人類に対する姿勢を示しているのか。その姿勢はどのようなものだったか。神の姿勢は慎重かつ誠実であり、いかなる敵勢力、あるいは自分のものではない外部の要因や条件による干渉を許さなかった。このことの中に、今回人類を造って経営した神の姿勢が見て取れる。では、神の姿勢とは何か。人類が享受する生存環境や生活環境、日常の食べ物、飲み物、および必需品を通して、神が人類を創造して以来有してきた、人類に対する責任の態度と、今回人間を救う決意を見て取れる。こうした物事の中に、神の真実性が見えるだろうか。神の不思議はどうか。神の計り知れなさはどうか。神の全能はどうか。神は自身の全能かつ知恵深い方法で、全人類に施し、すべての被造物に与える。あなたがたに多くのことを語った今、神は万物のいのちの源であると、あなたがたは言うことができるだろうか。(はい。)それは間違いない。疑いがあるだろうか。(いいえ。)神による万物への施しは、神が万物のいのちの源であることを示すのに十分である。なぜなら、神は、万物が存在し、生き、繁殖し、継続することを可能にしてきた施しの源であり、神自身以外の源はないからである。環境に関する人々の最も基本的な必要性であれ、日常生活に必要なものであれ、あるいは神が人々の霊に施す真理の必要性であれ、神は万物に必要なものと、人類に必要なものをすべて施す。あらゆる点で、神の身分と地位は人類にとって大いに重要であり、万物のいのちの源は神自身だけなのだ。つまり、神はこの世界、すなわち人間が目で見て感じることのできるこの世界の支配者であり、主人であり、供給者なのである。人類にとって、これが神の身分ではないだろうか。そのことに誤りは一切ない。したがって、空飛ぶ鳥を見て、神は空を飛べるすべてのものを造ったのだと理解しなければならない。水中を泳ぐものも存在し、それらにも独自の生存方法がある。土中で生きる草木は春につぼみを付けて芽吹き、秋に結実して落葉し、冬には完全に落葉して冬の気候に備える。これが、それらの生存の仕方なのだ。神は万物を造り、それぞれが異なる形態と方法によって生き、様々な方法を用いてその生命力と生きる形態を示す。生きる方法がどういったものであれ、それらはすべて神の支配下にある。神が様々な形態の生命体と生き物を支配する目的は何か。それは人類の生存のためなのか。神はいのちの法則をすべて支配するが、それはひとえに人類の生存のためである。そのことは、神にとって人類の生存がいかに重要であるかを示している。

人類が正常に生存して繁殖できることは、神にとってこの上なく重要であり、ゆえに神は、人類とすべての被造物に絶えず施している。神はあらゆるものに様々な方法で施しており、また万物の生存を維持することで、人類が引き続き前進し、正常な生存を維持できるようにしている。これらが、今日のわたしたちの交わりにおける二つの側面である。その二つの側面とは何か。(巨視的観点からは、人間が生活する環境を神は造られました。これが一番目の側面です。また、人間が必要とし、見て触れることのできる物質的なものを、神は用意なさいました。)それら二つの側面を通して、わたしたちは本日の主題について交わった。その主題は何か。(神は万物のいのちの源である、です。)今では、この主題についてのわたしの交わりにそうした内容がある理由を、多少は理解できたはずだ。これまで、その主題と無関係の話があっただろうか。まったくなかった。おそらく、これらの話を聞いたあなたがたの中には、ある程度の認識を得て、これらの言葉に重みがあり、非常に重要だと感じている人もいるだろう。一方、文字通りの認識を多少得ただけで、そうした言葉自体に重要性はないと感じている人もいるかもしれない。今この瞬間、あなたがたがこれをどのように理解しているかにかかわらず、あなたがたの経験がある特定の日に到ったとき、あなたがたの認識がある点に達するとき、つまり、神の業と神自身に関する認識がある特定の点に達したとき、あなたがたは自分自身の実践的な言葉を用いて、神の業について深遠な真の証しをするだろう。

あなたがたの現在の認識はいまだに極めて表面的で、字句の域を出ていないが、これら二つの側面に関するわたしの交わりを聞いた後は、少なくとも、神が人類に施すためにどのような方法を用いるか、神が人類に何を施すかを認識できるものと、わたしは思う。あなたがたには基本的な概念と理解があるだろうか。(はい。)しかし、わたしが交わったこれら二つの側面は、聖書と関連しているだろうか。神の国の時代における神の裁きと刑罰に関連しているだろうか。(いいえ。)では、なぜわたしはこの二つの側面について交わったのか。それは、神を知るにあたり、人間はこれらの側面を理解しなければならないからだろうか。(はい。)これらを知ることは大いに必要であり、これらを理解することも大いに必要である。神の全体を理解しようと求めているからには、自分自身を聖書に限定したり、人間に対する神の裁きと刑罰に限定したりしてはならない。わたしがこのように言う目的は何か。それは、神が選民だけの神でないことを、人々に知らしめるためである。現在あなたは神に付き従っており、神はあなたの神だが、神に付き従わない者たちの神でもあるのか。神は、神に付き従わない者たちの神なのか。神は万物の神なのか。(はい。)では、神による働きと業の範囲は、神に付き従う者たちだけに限定されているのか。(いいえ。)神の働きと業の範囲は何か。最も狭いレベルでは、神の働きと業の範囲には人類全体と万物が含まれる。最も広いレベルでは宇宙全体が含まれ、人には見ることができない。したがって、神は全人類のあいだで働きと業を行うと言うことができ、人々が神自身のすべてを知るようにするには、これで十分である。神を知りたい、神を真に知りたい、神を真に理解したいと思うなら、神の働きの三段階や、神が過去になした働きの物語に限定してはならない。そのようにして神を知ろうとすれば、神に制約を課し、神を閉じ込めていることになる。神をあまりに矮小化しているのだ。そうすることで、人はどのような影響を受けるだろうか。あなたは神の不思議と至高、神の力と全能、そして神の権威の範囲を決して知ることがない。そのような認識は、神が万物の支配者であるという真理を受け入れる能力、そして神の真の身分と地位に関する認識に影響を及ぼすはずだ。言い換えると、神に関するあなたの認識の範囲が限られているなら、あなたが受け取れるものも限られている。範囲を拡張して視野を広げる必要があるのは、このためである。神の働きの範囲、神の経営の範囲、神の支配の範囲、そして神が経営し、支配している万物の範囲をすべて理解することを、あなたは追い求めるべきである。そうしたことを通して、神の業を認識するようになる必要があるのだ。そのような認識があれば、神が万物を支配し、経営し、万物にあらゆるものを施していることを、知らないうちに感じるようになる。それと同時に、自分が万物の一部であり、万物の一員であることを実感する。神が万物を施すので、あなたも神の支配と施しを受け入れる。これは誰も否定することのできない事実である。万物は神の支配下でそれぞれの法則に従っており、また神の支配の下、それぞれの生存のための規則がある。また人類の運命や人類に必要なものも、神の支配と施しに結びついている。それゆえ、神の統治と支配下において、人類と万物は相互に関連し、相互に依存し、織り交ぜられている。これが、神による万物創造の目的と価値である。

2014年2月2日

前へ: 唯一無二の神自身 7

次へ: 唯一無二の神自身 9

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

唯一無二の神自身 7

神は万物のいのちの源である(1)神の権威、神の義なる性質、および神の聖さの概論祈りを捧げ終わったとき、あなたがたは神の前で心の静寂を感じますか。(感じます。)心を静められるとき、人は神の言葉を聞いて理解し、真理を聞いて理解することができます。心を静められず、心が絶えずさまよってい…

唯一無二の神自身 1

神の権威(1)過去数回の交わりは、神の働き、神の性質、そして神自身に関するものでした。これらの交わりを聞いて、神の性質についての理解と認識を得たと思いますか。どの程度の理解と認識を得ましたか。それを数え上げることはできますか。これらの交わりによって、神に関するより深い理解を得られ…

唯一無二の神自身 9

神は万物のいのちの源である(3)この期間、神を知ることに関する様々な主題を話してきましたが、最近はそれに関係する極めて重要な主題を話しました。その主題は何ですか。(神は万物のいのちの源である、です。)わたしが語った要点と題目は、みなさんにはっきりした印象を与えたようです。前回は神…

唯一無二の神自身 4

神の聖さ(1)前回の集会では神の権威についてさらなる交わりをした。今のところは、神の義という主題については論じない。今日話すのは、神の聖さというまったく新しい主題である。神の聖さは、神特有の本質におけるもう一つの側面なので、この主題について交わるのは極めて重要である。以前わたしは…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索