自分を真に知って初めて自分自身を憎める

なぜ多くの人は自分の肉体的な好みに従うのでしょうか。それは人は自分を極めて良いと思うからです。自分は正しく、正当化され、落ち度もなく、完全に道理があるとすら思っているのです。そのため、正義は自分の側にあるという前提で行動することができてしまうのです。人の真の本性とは何か、それがいかに醜く、卑劣で、哀れであるかに気づくと、人は自分のことを過度に誇りに思わず、ひどく傲慢ではいられず、以前ほど自分に満足しません。そのような人は、「私は真面目で地に足をつけていなければならず、神の言葉をいくつか実践しなければならない。そうでなければ、人であるという基準に達せず、神の面前で生きるのが恥ずかしくなるだろう」と感じます。人はそのとき、自分はちっぽけで取るに足らないと本当にわかります。この段階では、人が真理を実践するのは簡単になり、人間があるべき姿を多少はしています。自分自身を真に忌み嫌って初めて、人は肉に背くことができます。自身を忌み嫌わないのなら、肉に背くことはできません。

自分自身を真に憎むことは、二、三のことから成ります。第一に、自分の本性を知ること。第二に、自分自身を貧しく哀れであり、極めて小さく取るに足りない者と見なし、自分の哀れで汚れた魂を見ることです。自分が本当は何であるのかを完全に悟ったとき、そしてこの結果が得られたとき、人は自分自身を真に知り、完全な自己認識を得るに至った、と言うことができます。そうして初めて、自分自身を呪うほどに真に憎むことができ、人間とは似ても似つかぬほどサタンによって深く堕落させられたと真に感じることができるのです。そうなると、ある日、差し迫った死の脅威が現れると、そのような人は思います。

「これは神の義なる罰だ。かくも汚れ堕落した私は神に消し去られるべきなのだ。私のような魂は地上で生きる資格などない」この時、この人は神に不平を言わず、抵抗もせず、ましてや背こうともしません。

『キリストの言葉の記録』の「自らを知ることは主に人間の本性を知ること」より編集

前へ: このように自分を省みることが鍵である

次へ: 神は誠実な者を祝福する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索