自分を真に知って初めて自分自身を憎める

なぜ多くの人は自分の肉体的な好みに従うのでしょうか。それは人は自分を極めて良いと思うからです。自分は正しく、正当化され、落ち度もなく、完全に道理があるとすら思っているのです。そのため、正義は自分の側にあるという前提で行動することができてしまうのです。人の真の本性とは何か、それがいかに醜く、卑劣で、哀れであるかに気づくと、人は自分のことを過度に誇りに思わず、ひどく傲慢ではいられず、以前ほど自分に満足しません。そのような人は、「私は真面目で地に足をつけていなければならず、神の言葉をいくつか実践しなければならない。そうでなければ、人であるという基準に達せず、神の面前で生きるのが恥ずかしくなるだろう」と感じます。人はそのとき、自分はちっぽけで取るに足らないと本当にわかります。この段階では、人が真理を実践するのは簡単になり、人間があるべき姿を多少はしています。自分自身を真に忌み嫌って初めて、人は肉に背くことができます。自身を忌み嫌わないのなら、肉に背くことはできません。

自分自身を真に憎むことは、二、三のことから成ります。第一に、自分の本性を知ること。第二に、自分自身を貧しく哀れであり、極めて小さく取るに足りない者と見なし、自分の哀れで汚れた魂を見ることです。自分が本当は何であるのかを完全に悟ったとき、そしてこの結果が得られたとき、人は自分自身を真に知り、完全な自己認識を得るに至った、と言うことができます。そうして初めて、自分自身を呪うほどに真に憎むことができ、人間とは似ても似つかぬほどサタンによって深く堕落させられたと真に感じることができるのです。そうなると、ある日、差し迫った死の脅威が現れると、そのような人は思います。

「これは神の義なる罰だ。かくも汚れ堕落した私は神に消し去られるべきなのだ。私のような魂は地上で生きる資格などない」この時、この人は神に不平を言わず、抵抗もせず、ましてや背こうともしません。

『キリストの言葉の記録』の「自らを知ることは主に人間の本性を知ること」より編集

前へ: どのようにして人間の本性を認識すればよいか

次へ: 失敗は自分を知る最高の機会

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の超…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索