昔の生き方に戻って再び神を傷つけるのは嫌だ

神の日は刻一刻と近づく

神の裁きによって、私はどれだけ多くの真理を本当に得たのか

真剣に反省しなくては

昔の生き方に戻り、また神を悲しませるだろう

神の言葉はまったく明らかに語られる

神を知らずに、どうして真に愛することができるのか

神を心から畏れずに、どうして従えるのだろう

無知で盲目な者は神について常に観念を抱き

素質に欠ける者は常に神の心を誤解する

裁きと刑罰は神の愛と祝福

神の厚意を私は二度と裏切ってはならない

どれほど困難でも、神を愛することを求める

神は心を尽くして働き、人類のためにすべての言葉を発した

神への真の愛とは神の御心に気を配ること。

御言葉を読まない者は、真理を愛さない野獣に過ぎず

信仰にも神の家に留まるにも価しない

神の義なる性質は全部人に示された

神を真に愛する者は神を証する

人間らしさに欠ける者は、神に暴かれ、取り除かれた

神の偉大な働きは成し遂げられ、神は栄光を得られた

悔い改めない者は災いに陥る

神の日は刻一刻と近づく

神の裁きによって、私はどれだけの真理を本当に得たのか

真剣に反省しなくては

昔の自分の道に戻り、神を悲しませるだろう

前へ: ああ神よ 私は本当にあなたの愛に値しない

次へ: 新たな人となる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

真の信仰を持つ者だけが神の承認を受ける

モーセが岩を打って 神の恵みの水が溢れ出た時 それは信仰によって起きた ダビデがヤーウェを讃えるため 音楽を奏でた時 ダビデの心は喜びで満ちあふれていた それは信仰によって起きた ヨブが家畜や財産を失い 身体が腫物で覆われた時 それは信仰によって起きた それでもなおヤ-ウェの声を…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索