昔の生き方に戻って再び神を傷つけるのは嫌だ

神の日は刻一刻と近づく

神の裁きによって、私はどれだけ多くの真理を本当に得たのか

真剣に反省しなくては

昔の生き方に戻り、また神を悲しませるだろう

神の言葉はまったく明らかに語られる

神を知らずに、どうして真に愛することができるのか

神を心から畏れずに、どうして従えるのだろう

無知で盲目な者は神について常に観念を抱き

素質に欠ける者は常に神の心を誤解する

裁きと刑罰は神の愛と祝福

神の厚意を私は二度と裏切ってはならない

どれほど困難でも、神を愛することを求める

神は心を尽くして働き、人類のためにすべての言葉を発した

神への真の愛とは神の御心に気を配ること。

御言葉を読まない者は、真理を愛さない野獣に過ぎず

信仰にも神の家に留まるにも価しない

神の義なる性質は全部人に示された

神を真に愛する者は神を証する

人間らしさに欠ける者は、神に暴かれ、取り除かれた

神の偉大な働きは成し遂げられ、神は栄光を得られた

悔い改めない者は災いに陥る

神の日は刻一刻と近づく

神の裁きによって、私はどれだけの真理を本当に得たのか

真剣に反省しなくては

昔の自分の道に戻り、神を悲しませるだろう

前へ: ああ神よ 私は本当にあなたの愛に値しない

次へ: 新たな人となる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索