長年の信仰から何かを得たか

わたしがなぜ、そして誰のために働きをしたかを知るべきである。あなたの愛にあるものは善なのか、それとも悪なのか。ダビデやモーセがわたしを知っていたように、あなたもわたしを知っているか。アブラハムがわたしに仕えたように、あなたもわたしに仕えるか。あなたは確かにわたしによって完全なものとされた。しかしあなたは、誰を表わしているか、誰と同じ結果を得るのかを知っておくべきだ。そしてわたしの働きを経験することにより、喜びに満ち、収穫の多い人生を送るのか。それは豊かで実り多いものか。あなたがたは自らを検証すべきである。あなたがたは長年わたしのために骨折って働いたが、果たして何か得たものはあるだろうか。変化したことや得たものはあるだろうか。困難の代償として、磔になったペテロや、打たれて倒れた時に光を受けたパウロのようになるだろうか。そのようなことを知るべきである。


『言葉は肉において現れる』の「人の本質と地位」より編集

前へ: 神は真に神を愛する者のみを完全にする

次へ: 神を愛するには神の愛らしさを体験しなければならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶまで…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消す…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索