全能者がため息をつくのを聞いたことがあるか?


明け方、東から明けの明星が昇る。

それは、星空を照らし、

人々の心の中の燃え尽きた灯火に火をつける、新しい星だ。

だから人々は、もはや孤独の中にも暗闇の中にもいない。

しかし、あなただけが闇夜の中で眠りについている。

音も聞こえず、光も見えず、

何かが始まっていること――新しい時代と、新しい天地が到来していることにも

気づかずに。


なぜなら、あなたの「父」は、「まだ朝早く、寒い。

外に出たら、剣があなたの目を突き刺すかもしれない。」と言うからだ。

あなたはただ自分の父が言うことだけを信じる。

父があなたよりも年上で、あなたを本当に愛しているから。


そのような愛や忠告のために、あなたは光があることを否定する。

世の中に真理があるかどうかについては、気にも留めない。

全能者が来て、あなたを救うことも、

光を見ることも望まず、現状に満足している。

あなたの目に美しいものは、甦ることも、存在することもできない。

人類の明日、人類の将来は、滅びに定められており、やがて消滅する。

あなたは旅の伴侶と方向を失うのを恐れて、

自分の父にしがみつき、喜んで父と共に苦しむ。


この広大で靄のかかった世界は、あなたのように異なる役割においてひるまず、びくともしない

多くの人々をつくってきた。

死をおそれない、多くの「戦士」を生み、

自分が創造された理由を知らない、無感覚な人たちを生み出した。


神は、非常に苦しむ人類を見て、

苦しむ者たちの嘆きを聞き、

彼らがどれほど恥知らずであるかを見て、

救いを失った彼らの無力さと恐怖を感じる。

人類は神の配慮を拒絶し、神の目を避け、自らの道を行く。

むしろ彼らは、敵と共に、深海の苦みを十分に味わう。

神のため息は聞こえず、もはや神の手が人類に触れることはない。

神は幾度も、取り戻しては失う。


そして、神は疲れ、うんざりし、その働きを止め、

もう人々の間を歩き回ることはしない。

人々はこのような変化にも、神の往来にも、

神の悲しみ、失望、ため息にも気付くことができない。

『言葉は肉において現れる』の「全能者のため息」より編集

前へ: サタンによって堕落させられた人間の実状

次へ: 神によって完全にされるために宗教観念を捨て去りなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索