全能者がため息をつくのを聞いたことがあるか?

明け方、東から明けの明星が昇る。

それは、星空を照らし、

人々の心の中の燃え尽きた灯火に火をつける、新しい星だ。

だから人々は、もはや孤独の中にも暗闇の中にもいない。

しかし、あなただけが闇夜の中で眠りについている。

音も聞こえず、光も見えず、

何かが始まっていること――新しい時代と、新しい天地が到来していることにも

気づかずに。

なぜなら、あなたの「父」は、「まだ朝早く、寒い。

外に出たら、剣があなたの目を突き刺すかもしれない。」と言うからだ。

あなたはただ自分の父が言うことだけを信じる。

父があなたよりも年上で、あなたを本当に愛しているから。

そのような愛や忠告のために、あなたは光があることを否定する。

世の中に真理があるかどうかについては、気にも留めない。

全能者が来て、あなたを救うことも、

光を見ることも望まず、現状に満足している。

あなたの目に美しいものは、甦ることも、存在することもできない。

人類の明日、人類の将来は、滅びに定められており、やがて消滅する。

あなたは旅の伴侶と方向を失うのを恐れて、

自分の父にしがみつき、喜んで父と共に苦しむ。

この広大で靄のかかった世界は、あなたのように異なる役割においてひるまず、びくともしない

多くの人々をつくってきた。

死をおそれない、多くの「戦士」を生み、

自分が創造された理由を知らない、無感覚な人たちを生み出した。

神は、非常に苦しむ人類を見て、

苦しむ者たちの嘆きを聞き、

彼らがどれほど恥知らずであるかを見て、

救いを失った彼らの無力さと恐怖を感じる。

人類は神の配慮を拒絶し、神の目を避け、自らの道を行く。

むしろ彼らは、敵と共に、深海の苦みを十分に味わう。

神のため息は聞こえず、もはや神の手が人類に触れることはない。

神は幾度も、取り戻しては失う。

そして、神は疲れ、うんざりし、その働きを止め、

もう人々の間を歩き回ることはしない。

人々はこのような変化にも、神の往来にも、

神の悲しみ、失望、ため息にも気付くことができない。

『言葉は肉において現れる』の「全能者のため息」より編集

前へ: 神は人の将来を嘆き悲しむ

次へ: あなたの心の中の秘密

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索