243 私の心は他に何も求めない

1

神は肉となり、真理を表し、人にいのちを授けた

人類を救うためにあらゆる屈辱と苦しみに耐え、この時代に捨てられた

神の愛はとても大きくて、とても現実で、私の心にしっかりと根付いている

私に心と霊があるのなら、どうしてまた消極的、反抗的になり、神を傷つけることなどできようか

私はかつて未熟で、愚かで、無知で、神の御心を心に留めたことなどなかった

本分を果たしたものの、真理がなく、少しも神を証することができなかった

神が人類を救うためにこれほど大きな代価を払ったことを今、私は知った

真理を追い求め、神を満足させ、本分を尽くすことに全力を尽くしたい

2

裁きと刑罰は神の祝福であり、神は私に多くを授けてくれた

何度も弱く消極的になった私を、神の言葉が導き、慰めてくれた

何度もつまずいて倒れた私を、御言葉が立ち上がらせてくれた

長年の精錬の中で、神から与えられた愛はすべて大きく、忘れられない

神の裁きを受け入れ、自分の堕落した性質を知った

困難の中で、従うことを学び、性質が変わった

神が用意してくれた祝宴の素晴らしさを味わった

今日少しでも人間らしく生きることができるのは、すべて神の救いのおかげ

3

神の裁きと刑罰は私を清めた。私は神の愛に報いる決意をした

神を知ることができてとても幸いだ。それは本当に人生最高の祝福

神は私を明るい人生の正しい道へと一歩一歩導いてくれた

神の裁きと刑罰を受けるという幸いは最も価値あること

神の義と聖さは賛美に値する。私はそれらを愛そうとしても愛し切れない

私は神の義をもっと楽しみたい。神に仕える一生の間、この義が共にあるように

神の裁きにより、私は救いを得られ、人間らしさのある者になれた

私は真の人生を送り、いつも神の愛に感謝する。

前へ: 242 私は神の愛を大いに楽しんだ

次へ: 244 神による人の救いはまさに現実的

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索