天の御国が地上に実現した

美しい場所がある

私たちが求める天の家が

闇も不義もなく

ただ光と平和に満ちている

そこではみなが神を礼拝し

涙も悲しみもない

ああ 天の御国

人々が憧れるところ

多くの者は夢を膨らませ

昼も夜も切望する 

何世代もが後悔のうちに去り

生まれ変わりの中でまた希望を抱く

ああ 天の御国

私たちを魅了する素晴らしい場所

ああ 天の御国

だれもが心の中で憧れる

ああ 天の御国

私たちを魅了する素晴らしい場所

ああ 天の御国

だれもが心の中で憧れる

終わりの日のキリストは言葉を語り

御国の奥義が語られる

我らはみな神の声を聞き

神の御座の前に引き上げられる

潤されることを楽しむ

キリストの婚礼の席につき

神の言葉によって養われ

神の民はみな喜びにほほえむ

ここにいのちの水 豊かなマナがある

我らは神のいのちの言葉を味わう

全能神が現われて業をなし

長く抱き続けた夢が実現する

ああ 天の御国

乳(ちち)と蜜の流れる地

ああ 天の御国

無上の喜びの地

ああ 天の御国

乳(ちち)と蜜の流れる地

ああ 天の御国

無上の喜びの地

全能神が真理を語り

私たちは御国へと導かれる

全能神の教会はキリストの国

神は地上で権力を持つ

真理を愛する者は神の声を聞き

神の顔を見て 神にたち帰る

そして神の民は

みな幸せ

過去の聖徒たちが終わりの日に復活する

神に会うことは祝福

御国の生活を楽しみ

神の民は一心に歌う

ああ 天の御国

神の幕屋がここにある

ああ 天の御国

神の約束が実現する

ああ 天の御国

神の幕屋がここにある

ああ 天の御国

神の約束が実現する

闇の勢力は消し去られる

御言葉は真(まこと)の光だから

神は御言葉で人を裁く

どの国も人も神に服す

神の民はみな清められ

私たちは神の聖なるみ名をたたえ

喜びのうちに集い

宇宙は祝福する

神の民はサタンを振り捨てる

私たちは真理を得て自由になる

神とともに過ごせば

私たちは喜び 幸せになる

大災害が サタンの

王国を滅ぼし

地上に 公正と義の

国が現われた

さあ 全能神を讃美しよう

神は御国を得られた 神は来られた

さあ 全能神を讃美しよう

神の御心が成し遂げられた

さあ 全能神を讃美しよう

神は御国を得られた 神は来られた

さあ 全能神を讃美しよう

神の御心が成し遂げられた

天の御国 神の国

それが今地上にある 全能神を讃美しよう

前へ: 私たちは神を讃美するために喜び集う

次へ: 感謝と賛美が全能神にありますように

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索