神が悲しまないことがあろうか?


神は甘さ 酸っぱさ 苦さ 辛さ

人間体験のあらゆる味を味わい

風の中に来て 雨の中を行く

神は家族の迫害や人生の浮き沈み

体から離れる時の苦痛も経験した

神が地上に来た時

受けた苦難のために

人は歓迎する代わりに

神の善意を「ていねいに」断った

どうしてそれが神を苦しませ

悲しませないことがあろうか


このように終わってしまう

そのためだけに神は肉となったのだろうか?

なぜ人は神を愛さないのだろうか?

なぜ人は神の愛に憎しみで報いるのか?

神がこのように苦しんでもよいのだろうか?

神が地上に来た時

受けた苦難のために

人は歓迎する代わりに

神の善意を「ていねいに」断った

どうしてそれが神を苦しませ

悲しませないことがあろうか


人々は神が地上で受けた苦難のゆえ

同情の涙を流し

神が受けた不幸な仕打ちに抗議した

誰が神の心を真に知っていただろうか?


誰が神の気持ちを察することができるだろうか?

かつて人は神に深い愛情を抱き

夢の中で神を慕った

しかし地上にいる者は

どうしたら神の意志を理解できるのだろうか?

神が地上に来た時

受けた苦難のために

人は歓迎する代わりに

神の善意を「ていねいに」断った

どうしてそれが神を苦しませ

悲しませないことがあろうか

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第三十一章」より

前へ: 神の働きはなんと辛いことか

次へ: 人を救う神の意図は変わることがない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索