358 神が悲しまないことがあろうか

1

神は甘さ 酸っぱさ 苦さ 辛さ

人間体験のあらゆる味を味わい

風の中に来て雨の中を行く

神は家族の迫害や人生の浮き沈み

体から離れる時の苦痛も経験した

神が地上に来た時

受けた苦難のために

人は歓迎する代わりに

神の善意を「ていねいに」断った

どうしてそれが神を苦しませ

悲しませないことがあろうか

2

このように終わってしまう

そのためだけに神は肉となったのだろうか?

なぜ人は神を愛さないのだろうか?

なぜ人は神の愛に憎しみで報いるのか?

神がこのように苦しんでもよいのだろうか?

神が地上に来た時

受けた苦難のために

人は歓迎する代わりに

神の善意を「ていねいに」断った

どうしてそれが神を苦しませ

悲しませないことがあろうか

3

人々は神が地上で受けた苦難のゆえ

同情の涙を流し

神が受けた不幸な仕打ちに抗議した

誰が神の心を真に知っていただろうか?

4

誰が神の気持ちを察することができるだろうか?

かつて人は神に深い愛情を抱き

夢の中で神を慕った

しかし地上にいる者は

どうしたら神の意志を理解できるのだろうか?

神が地上に来た時

受けた苦難のために

人は歓迎する代わりに

神の善意を「ていねいに」断った

どうしてそれが神を苦しませ

悲しませないことがあろうか

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第三十一章」より編集

前へ: 357 誰も神の意志を理解しない

次へ: 359 人々は心で神の言葉に近づこうとしない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索