22 ­全能神が来られたとは何と素晴らしいことか

受肉の神に出会えて何と幸運だろう

終わりの日のキリストが真理を表して

裁きをもたらし

人を救うために自ら働く

彼は正常で喜びや悲しみを知り

実際的で笑いもするし話しもする

彼の受肉の意味は深遠で

そのため実際の神が見られる

名誉にも全能神を見ることが出来る

讃美により楽しみを見出し

礼拝で心は自由になる

神を知っているから

我らの人生は空しくはない

終わりの日に神は人となり現れる

神を愛す人びとを完全にされる

神の言葉は民を牧し

真理といのちを授ける

神の言葉が人を暴露し戒めようと

それは人を救い清めるためでもある

神の言葉の裁きを経て

我々は神が義であり聖なることを知る

人のために苦しみ 弱さを理解される

神の言葉は人に啓示し

神は信仰与え 光をもたらす

人に欠けているものを補い

道を示される

神は人の苦しみを経験し

人が裁かれる時 傍に立たれる

神は人のいのちを思いやり

近くにおられる

神は静かに拒絶に耐えて

苦難の間 人と共におられる

神は人を導くため道を・・道を開かれる

全能神の姿は私を励ます

昔から神を見るのは難しかった

神と共にいる時を大切にしなさい

神の美しさを見る 今がチャンスである

全能神を我らが知れますように

全能神が来られたとは何と素晴らしいことか!

前へ: 21 全人類よ、来て神を礼拝せよ

次へ: 23 神の言葉は奇跡を生む

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索