人にとって神の愛が如何に重要なことか


聖書の「神はアダムに命じられた」場面は

感動的で暖か

神と人の関係が親密であることが

不思議で憧れずにはいられない


神の多大な愛は人の周りにあり

十分与えられる

人は純粋無垢 

神のもとで不安なく幸せに暮らす

神は気遣い、人は護られる

人のすべての言動は神と引き離せない


人類創造の時から神は人を導いてきた

どんな導きだろう?

人は神に守られ

神を信じ、言葉に従うよう望む

まず神はこれを人に求めたのだ

神は人に命じてこう言った

「園のすべての木から取って食べなさい

ただし、善悪の知識の木からは

決して食べてはならない

食べると必ず死んでしまう。」

これこそ神の意志で 人への関心の表れである


この言葉からわかる神のこころ

愛や思いやりあるのだろうか

神の思いやりは

あなたに良心や情があれば

その温もりと幸せな祝福を感じられるでしょう


その時、あなたは神にどう向かうだろう

忠実だろうか?

敬虔な愛が心に芽生え育つだろうか?

心寄せるだろうか?

神の愛はなんて大事なもの

神の愛を感じ理解することはさらに大切なこと

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 神は人が神を知り理解することを願っている

次へ: 受肉した神は静かに救いの業を為す

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

どんな被造物も神の愛は持っていない

どんな被造物も神の愛は持っていない 神の言葉は命に満ちていて 私達に歩むべき道を示す 神は真理とは何かを教え 私達は神の言葉に惹きつけられる 私達は神の口調に注意し始め 平凡な人の内なる声を意識し始める 神は人のため一心に働く 眠ることも、食べることもできない 神は涙を流して息を…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉とな…

神はあなたの心と霊を捜し求めている

全能者の命の供給を離れ 生きる意味知らずに 死をまた恐れ 支えはなく、救いもないが それでも目を閉じようとせずに 魂の感覚のない肉体を支え 無理をして良心をごまかして生きている 誰も彼もが望みはなく 目標もなく生存している 伝説の聖なる者だけが救う 彼の到来を待ち 苦しみの中…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索