人にとって神の愛が如何に重要なことか

聖書の「神はアダムに命じられた」場面は

感動的で暖か

神と人の関係が親密であることが

不思議で憧れずにはいられない

神の多大な愛は人の周りにあり

十分与えられる

人は純粋無垢 

神のもとで不安なく幸せに暮らす

神は気遣い、人は護られる

人のすべての言動は神と引き離せない

人類創造の時から神は人を導いてきた

どんな導きだろう?

人は神に守られ

神を信じ、言葉に従うよう望む

まず神はこれを人に求めたのだ

神は人に命じてこう言った

「園のすべての木から取って食べなさい

ただし、善悪の知識の木からは

決して食べてはならない

食べると必ず死んでしまう。」

これこそ神の意志で 人への関心の表れである

この言葉からわかる神のこころ

愛や思いやりあるのだろうか

神の思いやりは

あなたに良心や情があれば

その温もりと幸せな祝福を感じられるでしょう

その時、あなたは神にどう向かうだろう

忠実だろうか?

敬虔な愛が心に芽生え育つだろうか?

心寄せるだろうか?

神の愛はなんて大事なもの

神の愛を感じ理解することはさらに大切なこと

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 神の現実性と麗しさ

次へ: 神は人をかけがえのない存在として見守る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索