神は人の性質の変化をどのように測定するか

性質の変化は一夜のうちに起きるものではなく、いったん真理を理解したところで、どんな環境でもそれを実践できるとは限りません。そこには人間の本性が関係しています。いったんある種の表面的な振る舞いを身につけると、「自分は本分を尽くしているではないか。家族も仕事も捨てたではないか。本分を尽くすことで真理を実践しているではないか」と考える人が大勢います。しかし神は、あなたが真理を実践しているとは見なしません。行動が個人的な動機や目的で汚れている人は真理を実践していません。厳密に言えば、この種の振る舞いは恐らく神に断罪され、神に讃えられることも思い出されることもありません。これをさらに分析すれば、あなたは悪事を犯しているのであり、あなたの振る舞いは神に反抗するものです。

あなたがしている物事は、外面的には真理と一致しているように見えます。何かを妨害することも混乱させることもなく、真理に背いたり実害を与えたりしているわけでもありません。あなたの行動は論理的かつ合理的に見えますが、その本質は悪事を犯し神に反抗するものです。したがって、自分の行動に潜む意図を神の言葉に照らして見つめ、それによって自分に性質の変化が生じたかどうか、自分が真理を実践しているかどうかを判断しなければなりません。それは人間の言葉や意見によって判断されることではないのです。むしろ、あなたが神の旨に従っているかどうか、あなたの行動に真理の現実があるかどうか、神の要求と基準を満たしているかどうかについて、神がどのように言うかに左右されます。自分自身を正確に測るには、神の要求に照らすしかありません。

『キリストの言葉の記録』の「性質の変化について知るべきこと」より編集

前へ: 性質の変化のみが真の変化

次へ: 性質の変化は真の生活から切り離せられない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索