ペテロはどのようにしてイエスを知るようになったか

ペテロは、イエスと共に過ごした期間、イエスの中に多くの愛すべき性質、模倣するに値する多くの側面、そして彼に与えられた多くのものを見た。ペテロは様々な形でイエスの中に神の存在を見、多くの愛すべき資質を見たけれども、最初はイエスを知らなかった。ペテロは二十歳の時にイエスに従い始め、六年間そうし続けた。その間、ペテロは決してイエスを知ることがなかったが、純粋にイエスへの敬服から喜んで従って行った。イエスが最初にガリラヤ湖の岸辺でペテロに呼びかけたとき、イエスは、「シモン・バルヨナ。あなたはわたしについて来るか」と尋ねた。ペテロは、「わたしは天の父が遣わされたお方に従わなければなりません。わたしは聖霊に選ばれたお方を認めなければなりません。わたしはあなたについて行きます」と言った。当時、ペテロは、預言者の中の大預言者、神の愛するひとり子であるイエスという名の人のことを話に聞いていたので、いつもイエスを見つけたいと願い、イエスに会う機会を待ち望んでいた(その時彼はこのようにして聖霊に導かれたからである)。ペテロはそれまで一度もイエスに会ったことがなく、ただイエスについて噂を聞いていただけだったが、心の中ではイエスに対するあこがれと敬愛が次第に大きくなり、いつかイエスに会いたいとしばしば切望するようになった。それではイエスはどのようにペテロに呼びかけたのだろうか。イエスもまたペテロという男のことを話に聞いていたが、それは聖霊がイエスを導いたからではなかった。「ガリラヤ湖に行け。そこにはシモン・バルヨナと呼ばれる者がいる」。イエスは、シモン・バルヨナと呼ばれる人がいて、人々は彼の説教を聞き、彼も天の国の福音を宣べ伝えており、彼の話を聞いた人々はみな感動して涙を流していたと誰かが言うのを聞いた。これを聞いて、イエスはその人について行き、ガリラヤ湖へ向かった。その時ペテロはイエスの召命を受け入れ、イエスについて行った。

イエスに従っている間、ペテロはイエスについて多くの意見を持ち、常に自らの観点からイエスのことを判断していた。ペテロはある程度は霊について理解していたけれども、その理解がいささか曖昧だったので、彼は「天の父によって遣わされたお方に従わなければならない。聖霊によって選ばれたお方を認めなければならない」という言葉を発したのである。ペテロはイエスが行なったことを理解していなかったし、それについて明瞭さを欠いていた。しばらくイエスに従った後、ペテロはイエスが行なうこと、言うこと、またイエス自身に次第に興味を持ちはじめた。ペテロはイエスが愛と尊敬の念を呼び起こすのを感じるようになり、イエスと交わり、イエスのそばにいたいと思うようになった。そして、イエスの言葉を聞くことによって彼は、満たしと助けを得た。長らくイエスに従って、ペテロはイエスの生活の全て、つまりイエスの行動、言葉、動作、表情などを観察し、心に留めた。ペテロはイエスが尋常の人のようではないことを深く理解した。イエスの人間としての外観は極めて普通であったが、イエスは人間に対する愛、憐れみ、寛容で満ちていた。イエスが行なったこと、言ったことの全てが他の人々の大きな助けとなり、ペテロはイエスの側で今まで見たことも得たこともないことを見たり学んだりした。イエスには大きな背丈や並外れた人間性はなかったが、実に驚くべき非凡な雰囲気があることをペテロは見た。ペテロはそれを完全には説明できなかったけれども、イエスの行動が他の誰とも違っていることを見ることができた。というのは、イエスが行なったことは、普通の人が行なうこととまったく異なっていたからである。ペテロはイエスと接するようになってから、イエスの性格が普通の人とは違っていることにも気づいた。イエスは常に落ち着いて行動し、決して焦ることも、誇張することもなく、物事を控えめに表現することもなく、ごく普通で称賛に値する性格を表わすような生活を送った。イエスは会話においては、上品で、優雅で、率直で、朗らかでありながらも、穏やかで、働きを実行するときも決して威厳を失うことはなかった。ペテロは、イエスがあるときは無口になったり、またあるときは絶え間なく話したりするのを見た。イエスは嬉しさのあまり、あちこち動き回ってはしゃいでいる鳩のように見えることもあれば、悲しみの余り、まるでくたびれ疲れ果てた母親のように、まったく口をきかないこともあった。時としてイエスは、勇敢な兵士が敵を殺すために突進するように、また時には吠え猛るライオンのように憤りで一杯になることさえあった。イエスは時には笑い、時には祈り泣くこともあった。イエスがどのように行動するかに関わらず、ペテロは限りのない愛と敬意をイエスに抱くようになった。イエスの笑い声はペテロを幸せで満たし、イエスの悲しみはペテロを嘆きに落とし入れ、イエスの怒りはペテロを脅かしたが、その一方、イエスの憐れみ、赦し、そして人々に対する厳しい要求によって、ペテロはイエスに対して真の畏敬と憧れを抱くようになり、ほんとうにイエスを愛するようになった。もちろん、これらのこと全ては、ペテロが数年イエスのもとで生活して、次第に分かってきたことである。

ペテロは生まれつき聡明で、特に思慮深かったが、イエスに従っていたとき、かなりたくさん愚かなことをした。ペテロは一番最初の頃、イエスについてある観念を持っていた。彼は尋ねた。「人々はあなたのことを預言者と言っていますが、あなたが八歳の頃物事を十分理解できたとき、あなたはご自身のことを神であると知っておられましたか。あなたは聖霊によって身ごもられたことを知っておられましたか」。イエスは答えた。「いや、わたしは知らなかった。あなたにはわたしがごく普通の人には見えないのか。わたしは他の人と同じだ。父が遣わすのは普通の人であり、特別な人ではない。それにわたしが行なう働きは、わたしの天の父を代表しているが、わたしの姿、わたしという人、そしてこの肉の身体は父を完全に表すことができず、その一部分しか表せない。わたしは霊から生まれたが、やはり普通の人であり、わたしの父はわたしを特別な人としてではなく、ごく普通の人としてこの地上に送った」。ペテロはこれを聞いたときはじめて、イエスについて少し理解できたのである。そして、イエスの教え、イエスの指導、イエスの支えなどについて、数えきれないほどの長い時間イエスの働きを経験してはじめて、彼はさらに深い理解を得たのである。イエスは三十歳のとき、自分がこれから十字架につけられること、ある段階の業、すなわち十字架の業を行なって全人類を贖うために自分が来たことをペテロに話した。イエスはまた、十字架につけられた三日後に、人の子は復活し、復活してから四十日間人々に現われることもペテロに語った。このような言葉を聞いて、ペテロは悲しみ、これらの言葉を心に留めて、それ以来イエスにさらに近づいていった。しばらくの経験の後、ペテロはイエスが行なった全てのことは、神の存在によることだと認識するようになり、イエスは非常に愛すべき方であると思うようになった。このように理解できるようになってはじめて、聖霊が彼の内から啓発したのである。イエスはそれから弟子たちやイエスに従う他の者たちに向かって言った。「ヨハネ、あなたはわたしをだれだと言うのか」。ヨハネは、「あなたはモーセです」と答えた。それからイエスはルカに向かって、「そしてルカ、あなたはわたしをだれだと言うのか」と尋ねた。ルカは、「あなたは最も偉大な預言者です」と答えた。次にイエスがひとりの姉妹に尋ねると、姉妹は、「あなたはとこしえからとこしえまで多くの言葉を語る最も偉大な預言者です。誰の預言もあなたのものほど偉大ではなく、誰の知識もあなたの知識を超えません。あなたは預言者です」と答えた。それからイエスはペテロに向かって、「ペテロ、あなたはわたしをだれだと言うのか」と尋ねた。ペテロは「あなたは、生ける神の御子キリストです。あなたは天から来られ、地のものではありません。あなたは神の創造物と同じではありません。わたしたちは地上にいて、あなたはわたしたちとここにいますが、あなたは天のものです。あなたはこの世のものでも、地のものでもありません」と答えた。聖霊によって啓示を与えられるという経験を通して、ペテロはこのことを理解できるようになったのである。この啓示の後、ペテロはイエスが行なった全てのことをさらに褒めたたえ、イエスのことをさらに愛すべき方だと思うようになり、イエスから離れたくないという思いを常に心に抱くようになった。だから、イエスが十字架につけられ、復活した後にイエスが初めてペテロに現れた時、ペテロはこの上もない幸せとともに大声で叫んだ。「主よ! あなたはよみがえられました!」それから、泣きながら、ペテロは大きな魚を捕まえ、それを料理し、イエスに差し出した。イエスは微笑んだが、語ることはなかった。ペテロはイエスが復活したことを知っていたけれど、彼はその奥義を理解していなかった。ペテロがイエスに魚を差し出したとき、イエスは拒絶しなかったが、話すことも座って食べることもしなく、突然消えてしまった。これはペテロにとってあまりにも衝撃的なことだったが、復活したイエスと以前のイエスとは違うことを、その時はじめて理解した。一旦これを理解すると、ペテロは悲しんだが、主が自身の任務を完成したことを知って慰めを得た。ペテロは、イエスが任務を完成したこと、イエスが人と共にいる時が終わったこと、今後人は自分の道を歩んでいかなくてはならないことを知った。イエスはかつてペテロに、「あなたもわたしが飲んだ苦い杯(これはイエスが復活の後言ったことである)を飲まなければならない。あなたもわたしが歩いた道を歩み、わたしのために命を捧げなければならない」と言った。今とは違い、当時の働きでは、面と向かって会話しなかったのだ。恵みの時代では、聖霊の働きは全く隠されており、ペテロは大きな困難に苦しみ、時には次のように叫ぶことさえあった。「神よ! わたしにはこのいのちしかありません。あなたにとってはあまり価値がないでしょうが、わたしはこのいのちをあなたに捧げたいのです。人間はあなたを愛するに値せず、人間の愛も心も価値がありませんが、あなたは人の心の望みを知ることができるとわたしは信じています。たとえ人の肉体はあなたに受け入れられなくても、あなたにわたしの心を受け入れて欲しいのです」。このような祈りをすると、彼は励ましを受けた。特に、「わたしは進んで神に心を完全に捧げます。たとえ神のために何もできなくても、わたしは進んで忠実に神を満足させ、神に自分自身を心から捧げます。わたしは神がわたしの心を見てくださるに違いないと信じています」と祈ったときは、そうであった。ペテロは言った。「わたしは人生に何も求めませんが、神へのわたしの愛の思いとわたしの心の願いが受け入れられるよう願っています。わたしは長い間、主イエスと共にいましたが、イエスを愛したことはありませんでした。これこそわたしの最も大きな負い目です。わたしはイエスと共にいましたが、イエスを知りませんでした。また、イエスの陰で何か不適切なことさえ言いました。これらの事を考えると、わたしは主イエスに負い目を感じます」。ペテロはいつもこのように祈った。彼は、「わたしは塵よりも小さいものです。わたしは神にこの忠誠心を捧げる他には何もできません」と言った。

ペテロの体がほとんど砕かれた時がペテロの経験の頂点だったが、イエスは彼の内に励ましを与えた。そしてイエスはペテロに一度現れた。ペテロが非常に大きな苦しみに遭い、心が打ち砕かれるように感じたとき、イエスはペテロに教えた。「あなたは地上でわたしと共にいたが、わたしもあなたと共にいた。わたしたちが天国で共に一緒になる前だけれども、それでも結局のところは霊の世界のことである。今、わたしは霊の世界に戻っているが、あなたは地上にいる。何故なら、わたしは地のものではないし、あなたも地のものではないけれど、あなたは地上での自分の役割を果たさなければならないからだ。あなたはしもべであるので、できる限りあなたの本分を果たさなければならない」。ペテロは、神のもとへ戻ることができると聞いて、慰められた。ペテロは寝たきりになるほど苦しんでいた時、「わたしはあまりにも堕落しており、神に満足していただくことができない」というほどまでに自責の念にかられていた。イエスは彼に現れ、言った。「ペテロよ。あなたはわたしの前で決心したことを忘れてしまったのか。わたしが言ったことを本当に全て忘れてしまったのか。あなたがわたしのために決意したことを忘れてしまったのか」。ペテロはそれがイエスであると分かると、床から起き上がった。イエスは彼を慰め、こう言った。「わたしは地のものではない。もうすでにあなたにそう言っておいただろう――あなたはこのことを理解しなければならないが、わたしがあなたに言ったもうひとつのことも忘れてしまったのか。『あなたも地のものではなく、世の者でもない』と。今、あなたには行わなければならない働きがある。あなたはこのように嘆き、このように苦しんでいてはいけない。人間と神は同じ世界に住むことはできないが、わたしにはわたしの働きが、あなたにはあなたの働きがあり、いつかあなたの仕事が終わるとき、わたしたちは同じ領域で一緒になり、永遠にわたしと共にいるようあなたを導くだろう」。ペテロはこの言葉を聞いて慰められ、再び確信を得た。彼は、この苦しみは耐えて体験しなければならないものであることを知った。そして、それからのち霊感が与えられた。イエスはペテロに要所要所で特別に現れ、特別な啓示や導きを与え、彼の内で多くの働きをした。そしてペテロは何を一番後悔したのだろうか。イエスはペテロに別の質問をした(それはこのようには聖書に記録されていないが)。それは、ペテロが、「あなたは生ける神の子です」と言ってから間もないことで、それは、「ペテロよ、あなたはかつてわたしを愛したことがあるのか」という質問だった。ペテロにはイエスの言ったことの意味が分かった。そして、「主よ! わたしはかつて天の父を愛しましたが、わたしはあなたを愛したことがなかったことを認めます」と答えた。するとイエスは、「人が天の父を愛さないなら、地上の子をどうして愛すことができるのだろうか。もし人が神によって遣わされた子を愛さないなら、彼らは天の父をどうして愛すことができるのだろうか。もし人が地上の子を本当に愛するなら、彼らは天の父も本当に愛しているのだ」と言った。ペテロはこれらの言葉を聞いたとき、自分の欠点に気づいた。彼はいつも「わたしはかつて天の父を愛しましたが、あなたを愛したことは一度もありませんでした」と言って涙を流すほど後悔した。イエスが復活し、昇天してから、ペテロはさらに自責の念にかられ、悲しんだ。自分の昔の働きや現在の背丈を思い出して、彼は神の願いを満たしていなかったことや、神の基準に達していなかったことを常に後悔し、負い目を感じて、しばしば祈りの中でイエスのもとへ行った。これらのことは彼の最大の重荷となった。ペテロは、「いつかわたしは、わたしが持っているもの全てと、わたしの全てをあなたに捧げます。わたしはもっとも価値あるものをなんでもあなたに捧げます」と言った。また彼は、「神よ、わたしには一つの信仰と一つの愛しかありません。わたしの命には何の価値もありませんし、わたしの体にも何の価値もありません。わたしには一つの信仰と一つの愛しかないのです。わたしの思いの中ではあなたへの信仰を持っており、心の中ではあなたへの愛を持っています。あなたに捧げるものはこの二つしかなく、他には何もありません」と言った。ペテロはイエスの言葉で大いに励まされた。それは、十字架につけられる前にイエスがペテロに「わたしはこの世の者ではない。あなたもこの世のものではない」と言ったからである。後に、ペテロが苦悩の絶頂に達したとき、「ペテロよ、あなたは忘れてしまったのか。わたしはこの世のものではない。わたしが早く去って行ったのは、わたしの働きのためだけだ。あなたもこの世のものではない。忘れてしまったのか。あなたに二度言ったが、覚えていないのか」とイエスは彼に思い出させた。ペテロはイエスの言葉を聞いて「わたしは忘れていません!」と言った。それからイエスは言った。「あなたは天で一度わたしと幸せな時を過ごし、わたしのそばでしばらく過ごしていた。あなたはわたしがいなくて寂しく思っているが、わたしもあなたがいなくて寂しい。わたしの目には被造物は言うに値しないが、純朴で愛しい者をどうして愛さずにはいられようか。あなたはわたしの約束を忘れてしまったのだろうか。あなたは地上でわたしが与えた使命を受け入れなければならない。わたしが託した任務を果たさなければならない。いつかあなたを必ずわたしのそばに導くであろう」。これを聞いて、ペテロは増々励まされ、さらに大きな霊感を受け、その結果、彼が十字架につけられたとき、「神よ! わたしはあなたをいくら愛しても十分ではありません。たとえあなたがわたしに死ねと言われても、やはりわたしは十分愛したとは言えません。あなたがわたしの魂をどこに送られても、あなたが過去の約束を果たされても果たされなくても、あなたがその後何をなされても、わたしはあなたを愛し、信じます」と言うことができた。彼がしっかり持っていたのは彼の信仰と真の愛だった。

ある夜、ペテロを含めて数人の弟子たちは漁をするため舟に乗っていた。彼らはイエスと一緒にいて、ペテロはイエスに「主よ! わたしは長い間お尋ねしたいと思っていた質問があります」と非常に未熟な質問をした。イエスは、「それなら尋ねなさい!」と答えた。するとペテロは、「律法の時代になされた働きはあなたがなされたことですか」と尋ねた。イエスはまるで「この子は、なんと未熟なのだろう!」と言っているかのように、微笑んだ。そしてイエスは意図的に、「それはわたしの働きではない。それはヤーウェとモーセがしたことだ」と続けて言った。ペテロはこれを聞いて、「ええっ! あなたがなさっているのではなかったのですか」と叫んだ。ペテロがそう言うと、イエスはそれ以上何も言わなかった。ペテロはひとり思った。「それをされたのはあなたではなかったのですね。どうりであなたは律法を滅ぼしに来られたわけです。それはあなたがなされたことではなかったのですから」。また彼の心は「軽くなった」。その後、イエスは、ペテロがずいぶん未熟であることに気づいたが、その時はまだ察しがつかなかったので、イエスは他に何も言わなかったし、直接反論しようともしなかった。一度、イエスは、ペテロも含めて多くの人たちのいる会堂で説教をした。その説教でイエスは言った。「とこしえからとこしえまで来る者は人類を罪から贖うために、恵みの時代に贖いの働きをするが、その者は人を罪から導き出すにあたって、何の規律に縛られることもない。その者は律法から歩み去り、恵みの時代に入る。その者は全人類を贖うであろう。その者は律法の時代から恵みの時代へと躍進するが、誰もヤーウェから来たその者を知らない。モーセが行なった働きはヤーウェから授けられたものである。モーセはヤーウェが行なった働きの故に、律法を書きとめたのだ」。こう言ってから、イエスはさらに続けた。「恵みの時代において恵みの時代の戒めを廃止する者たちは、大きな災いに見舞われるだろう。彼らは神殿に立ち、神による破壊を受けなければならず、火が彼らの上にふりかかるだろう」。ペテロはこれを聞き終わると、少しは反応を示したが、ペテロの経験の期間、イエスはペテロを養い、支え、心を通わせてペテロと話したので、ペテロはイエスのことをもう少し良く理解できるようになった。ペテロはその日イエスが説教したことを思い返し、釣り舟に乗っていた時にイエスに質問したこと、イエスの答え、そしてイエスが笑った様子を思い出し、そのときはじめて、ペテロは全てを理解した。その後、聖霊がペテロを啓発し、それによってのみ、ペテロはイエスが生ける神の子であることを理解した。ペテロの理解は聖霊の啓示によるものだが、それには過程があった。質問したり、イエスが説教するのを聞いたり、イエスとの特別な交わりやイエスの特別な養いを受けたりすることを通して、ペテロはイエスが生ける神の子であることを認識するようになったのだ。それは一夜にして成し遂げられたことではなく、過程であって、それは彼の後の体験に役立った。イエスは他の人たちには完全になるための働きはしなかったのに、なぜペテロにだけそれを行なったのだろうか。それは、ペテロしかイエスが生ける神の子であることを理解せず、他には誰も知らなかったからである。イエスに従って行く間に、多くの弟子たちがたくさんの認識を得たが、彼らの認識はうわべだけのものであった。これこそが、完全にされる模範としてペテロがイエスに選ばれた理由である。イエスがその時ペテロに語ったことは、今日人々に語っていることであり、彼らの認識や霊的成長もペテロの域に到達しなければならない。それは神が全ての人を完全にするための条件と道に一致している。現代の人たちはなぜ真の信仰とまことの愛を持つことが要求されるのだろうか。ペテロが体験したことは、あなたがたも体験しなければならないし、ペテロが自分の体験から得た実は、あなたがたの中にも顕れなければならない。そして、ペテロが受けた苦しみは、あなたがたも必ず経験しなければならないのである。あなたがたが歩く道はペテロが歩いたのと同じ道である。あなたがたが受ける苦しみはペテロが受けた苦しみである。あなたがたが栄光を受けるとき、またあなたがたが真のいのちを生きるとき、あなたがたはペテロの像を生きているのである。道は同じであり、これと一致することにより、人は完全にされるのである。しかし、あなたがたの素質はペテロのそれと比較すると少々欠けている。というのは、時代が変わり、堕落の度合いも変わったからである。またユダヤは古代文化を伴った長い歴史のある国家だった。だから、あなたがたは自分自身の素質を向上するよう努力しなければならない。

ペテロは非常に思慮深く、すること全てに鋭敏で、またたいへん正直だった。彼は多くの挫折を体験した。ペテロは十四歳で社会に出て、しばしばユダヤ会堂に出席する一方、学校にも行っていた。彼は非常に熱心で、いつも集会に喜んで出席した。そのとき、イエスはまだ公には働きを始めておらず、それは恵みの時代の始まりに過ぎなかった。ペテロは十四歳のとき、宗教関係者と接し始めた。十八歳になる頃には、宗教エリートと接するようになるが、その後舞台裏で宗教的無秩序を見てから、彼らから離れていった。この人たちがどんなに悪賢くて、狡猾で、争いによりもたらされたかを見て、彼は非常にうんざりしたのである(彼が完全にされるために、その時聖霊がこのように働いたのである。聖霊は特にペテロの心を動かし、彼の中で特別な働きをした)。そしてペテロは十八歳のときに会堂から退いた。ペテロの両親は彼を迫害し、彼に信じさせなかった(彼らは悪魔に属し、信仰もなかった)。とうとう、ペテロは家を出て、意のままに旅をし、二年間魚を捕ったり、説教したりして、その間、かなりの人たちを導いた。今、ペテロがどんな道を歩んだのか、あなたは明確に見ることができるはずである。もしこれがはっきり見えたら、今日なされている働きを確信するようになり、あなたは不満を言ったり、消極的になったり、何かを切望したりすることもないだろう。あなたは当時のペテロの気持ちを体験すべきである。彼は悲しみに打ちひしがれ、もはや未来もどんな祝福も求めることはなかった。彼は現世の利益、幸福、名声、富などを求めることはせず、最も意義のある人生を生きることだけを求めた。それは神の愛に報い、彼にとって貴重この上ないものを神に捧げることであった。そうすることで、彼の心は満たされた。ペテロはしばしば次のような言葉で祈った。「主イエス・キリスト様、わたしはかつてあなたを愛していましたが、本当には愛してはいませんでした。わたしはあなたを信じていると言いましたが、わたしは決して真の心であなたを愛してはいませんでした。わたしはあなたを尊敬し、お慕いし、お会いしたいと思いましたが、あなたを愛していたのでもなく、心からあなたに信仰を持っていたのでもありませんでした」。彼は常に決意するために祈り、絶えずイエスの言葉によって励まされ、それらの言葉をやる気へと変えたのである。しばらくの経験の後、イエスは、ペテロがイエスをもっと慕うように促して、あえてペテロを試した。ペテロは言った。「主イエス・キリスト様、わたしはどんなにかあなたと一緒にいたいと願い、あなたを見上げる時を待ち焦がれていることでしょう。わたしには余りにたくさん欠けた所があり、あなたの愛にお応えすることができません。わたしを早く取り除いてくれるよう切にお願いします。あなたはいつわたしを必要とされるのでしょうか。あなたはわたしをいつ取り除いてくださるのでしょうか。わたしはいつあなたの御顔をもう一度拝することができるでしょうか。この体でこのまま生き、堕落し続けることを望んではいません。またこれ以上反抗することも望んではいません。わたしが持っている全ての物をできるだけ早くあなたに捧げる用意ができています。そして、あなたをこれ以上悲しませたくありません」。ペテロはこのように祈ったが、その時はイエスが彼の中で何を完全にするのか、彼にはまだ分からなかった。ペテロが試みの中で苦しんでいる間、イエスは彼に再び現れ、言った。「ペテロよ、わたしはあなたを完全にしたいと思っている。わたしがあなたを完全なものとするわたしの働きの結晶として、あなたが一つの実となり、わたしの喜びとなるためである。あなたはまことにわたしの証しとなることができるのか。わたしがあなたに願ったことをあなたはしたのか。わたしが語った言葉をあなたは生きてきたのか。あなたはかつてわたしを愛した。あなたはわたしを愛したけれども、わたしを生かし出したのか。わたしのために何をしたのか。あなたは自分がわたしの愛にふさわしくないことを認めたが、わたしのために何をしたのか」。ペテロはイエスのために何もしてこなかったことを悟り、神に自身のいのちを捧げるという以前の誓いを思い出した。それから、彼はもはや不平不満を言わなくなり、その後の彼の祈りはさらに素晴らしくなった。ペテロはこう言って祈った。「主イエス・キリスト様、わたしはかつてあなたから去りましたが、あなたもわたしから去られました。わたしたちはともに離れて過ごしたり、いっしょに過ごしたりしてきました。でも、あなたは他の誰よりもわたしを愛してくださいました。わたしはあなたに何度となく反抗し、あなたを悲しませました。そのようなことをどうして忘れることができましょう。あなたがわたしの中で行われた働き、またわたしに託してくださったことなど、わたしはいつも覚えており、決して忘れることはありません。あなたがわたしにしてくださった働きでもって、わたしは最善を尽くしました。あなたはわたしができることを御存知で、わたしが果たせる役割はもっとご存知です。わたしはあなたの指揮に服従することを望み、持っている全てのものをあなたに捧げます。わたしがあなたにできることは、あなただけが御存知です。サタンはわたしをずいぶん欺き、わたしはあなたに反抗しましたが、あなたはこのような過ちを犯したわたしを覚えておられず、それを基準にわたしを取り扱われないと信じています。わたしはあなたにわたしの全生涯を捧げたいのです。わたしは何も求めませんし、他の望みも計画も持っていません。わたしはただあなたの意図に従って行動し、あなたの御心を行なうことを望むだけです。わたしはあなたの苦い杯から飲み、あなたの命じられるとおりにします」。

あなたがたは自分が歩く道について明確でなければならない。あなたがたが将来行く道について、また神が何を完全にするのか、そして、あなたがたが任されたことなどについても明確でなければならない。おそらくいつの日か、あなたがたは試されるだろう。そしてもしその時あなたがたがペテロの経験から霊感を得ることができるなら、それはあなたがたがまことにペテロの道を歩いていることを示している。ペテロは彼の真の信仰、愛、神への忠誠のために、神に褒められた、そして神が彼を完全にしたのは、彼の実直と彼の心のうちの神へのあこがれの故であった。もしあなたが本当にペテロと同じ愛と信仰を持っているなら、イエスは必ずあなたを完全にしてくれるであろう。

前へ: 神を知る者だけが神に証しをすることができる

次へ: 神を愛する人は永遠に神の光の中に生きる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

今日の神の働きを知ること

今日神の働きを知ることは、おもに、終わりの日における受肉した神の主要な職分が何であるか、何をするために地上に来たかを知ることである。わたしは以前、神は(終わりの日に)地上に来たのは去る前に模範を示すためであるという言葉を述べた。神はどのように模範を示すのか。言葉を発し、地上のいた…

全宇宙に向かって語った神の言葉:第二十九章

万物が蘇った日、わたしは人間のあいだに来て、人間とともにすばらしい日夜を過ごしてきた。そのとき初めて、人間はわたしの親しみやすさを少しばかり感じる。そして交流がより頻繁になる中、わたしが所有するものとわたしそのものをいくらか知るようになり、その結果、わたしについて多少の認識を得る…

贖いの時代における働きの内幕

わたしの全経営(救いの)計画、六千年にわたる経営計画は三段階、あるいは三時代から成る。それは始まりの律法の時代、次に恵みの時代(贖いの時代でもある)、そして終わりの日の神の国の時代である。これら三時代におけるわたしの働きは、各時代の性質によって異なるが、それぞれの段階においてこの…

招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない

わたしは地上において、わたしの追随者となる多くの者を求めてきた。これらの追随者の中には、祭司として仕える人々、先導する人々、神の子、神の民、奉仕をする者たちがいる。彼らがわたしに示す忠誠に基づき、わたしは彼らを分類する。すべての者が種類に準じて分類されたとき、つまり、人間のそれぞ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索