どのように真理を受け入れるのか

堕落を清められ、いのちの性質の変化を経たいと思うなら、真理を愛し、真理を受け入れることができなければなりません。どのように真理を受け入れますか。真理を受け入れるとは、自分にどのような堕落した性質があろうと、あるいは赤い大きな竜のどのような害毒に本性が冒されていようと、神の言葉によって暴かれたらそれを認め、神の言葉に服従するということです。理由も選択の余地ももたないまま、無条件でそれを受け入れ、神の言葉に従って自分を知るのです。それが神の言葉を受け入れるということです。神が何と言おうと、どのような言葉を用いようと、それらの言葉がどれほどあなたの心を刺し貫こうと、真理である限りそれを受け入れることができ、現実と一致する限りそれを認めることができます。自分がどれほど深く理解しているかにかかわらず神の言葉に服従でき、兄弟姉妹が伝える聖霊からの啓きの光を受け入れ、それに従います。このような人による真理の追求がある段階に達すると、真理を得て性質の変化を成し遂げることができます。


『キリストの言葉の記録』の「どのようにして人間の本性を知ればよいか」より編集

前へ: 刈り込みと取り扱いを経験するのは最も有意義なこと

次へ: 聖霊の働きには原則がある

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

神から託されたことを成し遂げるために身も心も捧げよ

私たちは身も心も捧げる 人類と敬虔な信者の一人として 神の委託任務を果たすために それが私たちの責任と義務 それが責任と義務 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない この身と心を神の…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の心…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索