どのように真理を受け入れるのか

堕落を清められ、いのちの性質の変化を経たいと思うなら、真理を愛し、真理を受け入れることができなければなりません。どのように真理を受け入れますか。真理を受け入れるとは、自分にどのような堕落した性質があろうと、あるいは赤い大きな竜のどのような害毒に本性が冒されていようと、神の言葉によって暴かれたらそれを認め、神の言葉に服従するということです。理由も選択の余地ももたないまま、無条件でそれを受け入れ、神の言葉に従って自分を知るのです。それが神の言葉を受け入れるということです。神が何と言おうと、どのような言葉を用いようと、それらの言葉がどれほどあなたの心を刺し貫こうと、真理である限りそれを受け入れることができ、現実と一致する限りそれを認めることができます。自分がどれほど深く理解しているかにかかわらず神の言葉に服従でき、兄弟姉妹が伝える聖霊からの啓きの光を受け入れ、それに従います。このような人による真理の追求がある段階に達すると、真理を得て性質の変化を成し遂げることができます。


『キリストの言葉の記録』の「どのようにして人間の本性を知ればよいか」より編集

前へ: 神の言葉の裁きを受け入れるには

次へ: 神が完全にするのは信仰である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索