167 神の愛があるから、恐れない

1

誰がクリスチャンを迫害し、捕らえ、拷問と苦痛を加え

私たちがキリストの足跡をたどるのを止めようという妄想を抱くのか

誰が私の体じゅうを殴打し傷付け、虫の息にし

必死に私の肉も信仰も消し去ろうとするのだ

そして誰が私を脅し、買収して兄弟姉妹を売り渡させようとし

私が神を裏切り、ユダになって神の救いを失うようにするのか

苦境の中、神の優しい御言葉が私の耳の中に響き

私の霊と肉の痛みを和らげてくれる

傍らに神を見る。いつも慰め、励ましてくださる神を

私の心はもう孤独ではない。証しに立つ信仰と強さがある

2

誰が密告者に私の居所を監視させ

私の個人の自由を制限し、私を事実上自宅監禁にするのか

誰が頻繁に私の家に来て、ただの訪問を装って、私の動きをすべて見張り

録音機をもって、私に「集会に行っているか。神の言葉を読んでいるか」と尋問するのか

そして誰のせいで私は、拷問の場面が何度も脳裏に再生され

恐怖で眠りから覚めるのか

中国は本当に悪魔の監獄だと私の心は叫ぶ

自由はなく、無理やり洗脳され、言論さえも彼らの支配下

信仰の自由など、中共が世界の目をごまかすための偽りに過ぎない

おおっぴら行なわれる殺戮で、中共の悪の本性が暴かれる

キリストが真理、道、いのちであると私は確信する

中共にどんな迫害を受けても、最後までキリストに付き随う決意がある

我が命さえ犠牲にすることも、私が立てるべき証し

この絶え間ない夜はいつまで続くかわからないが

神の愛に導かれ、御言葉に励まされているのだから、何も恐れない

前へ: 166 神の美しさを我々が知りますように

次へ: 168 悔いのない選択

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索