神と毎日共にいられたら

私たちが神と別れた日、御顔には笑みが浮かんでいた

振り向き、手を振る神が去るのを、私たちは静かに涙ぐんで見送った

諸教会に必要とされた神だから、引き留めることはできなかった

遠くまで歩く神の背中を見て、私はその勧告を心に留める

弱い時はいつも、神が払ってくれた代価を思う

神の真の愛、力強い言葉が

心を激励し、温め、私は大きな負い目を感じる

肉に執着した自分が憎く、御前に生きるに値しないと思う


神の愛を思う度、心は一層励まされる

神のかたわらにいて本分を尽くしたい。自分の背丈が実に小さいと感じる

神のかたわらで仕えられる者にいつ成長するのだろうか

いのちが早く成長するように、御言葉の実践を決意する

神のかたわらにいて、多くのことを打ち明けたいとどんなに願っているか

ともにいた光景を思い出し、私の心は甘美な幸福に満たされる

神は人の間で謙って生き、真理といのちを施す

私たちは心から神を仰ぎ、毎日共にいたいと切に願う

前へ: 私たちはいつの日かまた必ず再会する

次へ: 神様を慕う想い

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

神の言葉の根源を知る者はいない

世界の中で 神の恵みなしに生きている者などいるだろうか もし神によって物質的な祝福が与えられなかったら 一体誰がこの世界で満ち足りて暮し 富を楽しむだろう 神の祝福とは 神の民としてふさわしい地位につくことのできる機会を 神があなた方に与えることだけなのだろうか もしあなた方…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索