神と毎日共にいられたら

私たちが神と別れた日、御顔には笑みが浮かんでいた

振り向き、手を振る神が去るのを、私たちは静かに涙ぐんで見送った

諸教会に必要とされた神だから、引き留めることはできなかった

遠くまで歩く神の背中を見て、私はその勧告を心に留める

弱い時はいつも、神が払ってくれた代価を思う

神の真の愛、力強い言葉が

心を激励し、温め、私は大きな負い目を感じる

肉に執着した自分が憎く、御前に生きるに値しないと思う

神の愛を思う度、心は一層励まされる

神のかたわらにいて本分を尽くしたい。自分の背丈が実に小さいと感じる

神のかたわらで仕えられる者にいつ成長するのだろうか

いのちが早く成長するように、御言葉の実践を決意する

神のかたわらにいて、多くのことを打ち明けたいとどんなに願っているか

ともにいた光景を思い出し、私の心は甘美な幸福に満たされる

神は人の間で謙って生き、真理といのちを施す

私たちは心から神を仰ぎ、毎日共にいたいと切に願う

前へ: 神への慕情

次へ: 神を永遠に愛する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索