神と毎日共にいられたら

私たちが神と別れた日、御顔には笑みが浮かんでいた

振り向き、手を振る神が去るのを、私たちは静かに涙ぐんで見送った

諸教会に必要とされた神だから、引き留めることはできなかった

遠くまで歩く神の背中を見て、私はその勧告を心に留める

弱い時はいつも、神が払ってくれた代価を思う

神の真の愛、力強い言葉が

心を激励し、温め、私は大きな負い目を感じる

肉に執着した自分が憎く、御前に生きるに値しないと思う

神の愛を思う度、心は一層励まされる

神のかたわらにいて本分を尽くしたい。自分の背丈が実に小さいと感じる

神のかたわらで仕えられる者にいつ成長するのだろうか

いのちが早く成長するように、御言葉の実践を決意する

神のかたわらにいて、多くのことを打ち明けたいとどんなに願っているか

ともにいた光景を思い出し、私の心は甘美な幸福に満たされる

神は人の間で謙って生き、真理といのちを施す

私たちは心から神を仰ぎ、毎日共にいたいと切に願う

前へ: 神への慕情

次へ: 神を永遠に愛する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索