神の言葉の重要性


神の信者は良い行いをすべきだ

大切なのは神の言葉を持つこと

何があってもそれから離れない

神の言葉を通し神を知り満足させる

あらゆる教派・国家・各界が

いつか言葉で征服されるだろう

神は人々に直接語り

彼らは神の言葉を握るだろう

これで人々は完全にされ

神の言葉は浸透するだろう

人はそれを語り実践する

神に用いられる者は

皆神の言葉を生きられる

もしできないのなら

聖霊がまだ働かず

あなたが完全でない証拠

これが神の言葉の重要性


神の言葉を深く知る人は完全だ

神の意志を満足させ証しする人は

神の言葉を現実として持つ

千年神の国の時代として知られる

言葉の時代に入ることは

働きが今全うされていること

神の言葉について交わりなさい

神の言葉を食べ経験しながら

あなたは神の言葉を生きられる

真の経験がなく 神の言葉を生きなければ

あなたは誰も説得できない

神に用いられる者は

皆神の言葉を生きられる

もしできないのなら

聖霊がまだ働かず

あなたが完全でない証拠

これが神の言葉の重要性

『言葉は肉において現れる』の「神の国の時代は言葉の時代である」より編集

前へ: 神の言葉は人が歩むべき道である

次へ: 神の言葉は永遠に変わらない真理である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索