序論

「全宇宙への神の言葉」はキリストにより伝えられた発言の第二部である。その中でキリストは神自身の身分を用いている。これは1992年2月20日から1992年6月1日に及び、全47章で構成されている。これらの神の言葉は、形式、内容、視点において、「キリストの初めの言葉」とはまったく異なっている。「キリストの初めの言葉」は、人々の外的な振る舞いと単純な霊的生活をあからさまにし、導き、最終的には「効力者の試練」で終わる。しかし、「全宇宙への神の言葉」は、効力者としての人々の身分の結末と、神の民としての生活の開始で始まる。それは人々を神の働きの第二絶頂期に導き、その過程において人々は火の湖に試練と死の試練を、そして神を愛する時代を経験する。これらの歩みは神の前における人間の醜さとその真の顔を完全に暴露する。最終的には、神は最終章において人間から離れ、それにより神のこの受肉における最初の人の集団の征服のすべての歩みを完結する。

発言のこの部分で、神は霊の観点から言葉を述べている。神の話し方は被造物である人には達成不可能である。その上、神の言葉の語彙と文体は美しく、感動的であり、人類の文学のいかなる形式もそれに取って代わることはできない。神が人を暴く言葉は正確で、いかなる哲学でも論破することはできず、すべての人々を服従させる。鋭い剣のように、神が人を裁く言葉は人々の魂の深みにまでまっすぐに人を切り込み、身を隠す場所さえ与えない。神が人々を慰める言葉は憐れみと慈愛を伝え、愛情のこもった母親の抱擁のように暖かく、人々にこれまでになかったほど安堵感を与える。このような発言の唯一最大の特徴は、この段階で神はヤーウェあるいはイエス・キリストの身分を使わず、終わりの日のキリストの身分も使わずに話すということだ。それどころか本来の身分――創造主――を使って神に従うすべての人々、まだ従っていないすべての人々に向かって話し、教えを説く。創造以来神がすべての人類に話しかけたのはこれが初めてであったと言える。今までに神がそれほど詳しく、系統立てて被造物である人類に話したことはなかった。もちろん、すべての人類にこれほど多くを長く話したのもこれが初めてだった。それはまったく前例のないことであった。その上、人々の中で神により言い表された初めての文章で、その中で神は人々を暴き、導き、裁き、心のままを語り、神が人々に自身の足跡、横たわる場所、その性質、自身が持っているものとその存在、その考え、人類に対する関心を知らしめる最初の発話でもあった。これらは創造以来神が第三の天から人類に語りかけた最初の発話であり、神が本来の身分を使って初めて、言葉の中に現れ、人間に対する心の声を表現したと言える。

これらの発言の内容は深遠で計り知れない。簡単に理解できないし、神の言葉の起源と目的を把握することは不可能である。したがってキリストは発言の大部分を明確にするために、人が理解しやすい言語を使い、各章の後に説明を加えた。神の発言と併せて、この説明は誰もが神の言葉を理解し知ることを容易にする。わたしたちはこれらの言葉を「全宇宙への神の言葉」の「附録」にした。その中でキリストはもっとも理解しやすい表現を使って説明をする。神の発言と説明の二つを組み合わせることは神性と人間性における神の完全な合体である。「附録」では、神は第三者の観点で語っているが、これらの言葉は神から直接発せられたものであることを誰も否定できない。神の言葉を明確に説明できる人間はいないからである。神のみが神の発した言葉の起源と目的を解明できる。したがって、神は多くの手段を用いて話すが、神の働きの目的は決して変わらず、神の計画の対象も決して変わらない。

「全宇宙への神の言葉」は神が人と別れる一章で終わっているが、実際には、これは人の間での神の征服と救いの働きと人々を完全にする働きが正式に明らかにされた時である。したがって、わたしたちが「全宇宙への神の言葉」を終わりの日の神の働きの予言とみなすほうがふさわしいのだ。この時点の後ようやく受肉した人の子がキリストの身分を使って公然と働き、話し始め、教会を巡り歩き、いのちを与え、すべての人々に水を注ぎ、牧養したからである――これが「諸教会を歩くキリストの言葉」の中の多くの発言を引き起こした。

前へ: 第百二十章

次へ: 第一章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

信仰においては現実に焦点を合わせなければならない——宗教的儀式を行うことは信仰ではない

あなたは宗教的慣習をいくつ守っているだろうか。神の言葉に逆らって、自分の道に行ってしまったことが何回あるだろうか。神の重荷を真に考慮し、神の旨が成就されることを求めて、神の言葉を実行したことが何度あるだろうか。神の言葉を理解して、それを実行に移しなさい。すべての行動と行いに原則を…

あなたは本当に神を信じる人なのか

もしかすると神を信仰するあなたの旅路は現在すでに一年、あるいは二年以上経っているかもしれないし、人生のここ数年において、あなたは多くの苦難に耐えてきたかもしれない。あるいは、もしかするとあなたは大した苦難に遭っておらず、その代わりに多くの恵みを受け取ってきたかもしれない。あなたは…

働きと入ること(10)

人類がここまで発展してきたことは、前例のない状況である。神の働きと人の入りは肩を並べて進むのだから、神の働きもまた比類なき壮観な出来事である。人による今日までの入りは、人間がかつて想像し得なかった不思議である。神の働きはその絶頂に達し、それに続いて人間の「入り」[1]もまた頂点に…

神の働きのビジョン(2)

悔い改めの福音は恵みの時代に宣べ伝えられ、人は信じる限り救われると説いた。現在では、救いの代わりに征服と完全にすることだけが語られる。誰かが信じればその人の家族全体が祝福されるとか、いったん救われればいつまでも救われるなどといったことは決して言われない。今日では誰もこのような言葉…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索