真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

序論

「全宇宙に向かって語った神の言葉」はキリストにより伝えられた発言で、その中でキリストは神自身の身分を用いている。これは1992年2月20日から1992年6月1日に及び、全部で47の言葉で構成されている。発言のこの部分で、神は霊の観点から言葉を述べている。神の話し方は被造物である人には達成不可能である。その上、神の言葉の語彙と文体は美しく、感動的であり、人類の文学のいかなる形式もそれに取って代わることはできない。神が人を暴く言葉は正確で、いかなる哲学でも論破することはできず、すべての人々を服従させる。鋭い剣のように、神が人を裁く言葉は人々の魂の深みにまでまっすぐに人を切り込み、身を隠す場所さえ与えない。神が人々を慰める言葉は憐れみと慈愛を伝え、愛情のこもった母親の抱擁のように暖かく、人々にこれまでになかったほど安堵感を与える。このような発言の唯一最大の特徴は、この段階で神はヤーウェあるいはイエス・キリストの身分を使わず、終わりの日のキリストの身分も使わずに話すということだ。それどころか本来の身分――創造主――を使って神に従うすべての人々、まだ従っていないすべての人々に向かって話し、教えを説く。創造以来神がすべての人類に話しかけたのはこれが初めてであったと言うのは正しい。今までに神がそのように詳しく、そんなにも整然と被造物である人類に話したことはなかった。もちろん、すべての人類にこのようにたくさん、このように長く話したのもこれが初めてだった。それはまったく前例のないことであった。その上、こうした発言は、人々の中で神により言い表された初めてのテキストで、その中で神は人々を暴き、導き、裁き、彼らに心から率直に語り、そこでこれらは神が人々に神の足跡、横たわる場所、神の性質、神が何を持ち、神とは何であるか、神の考え、人類に対する神の関心を知らしめる最初の発言でもあった。これらは創造以来神が第三の天から人類に語りかけた最初の発言であり、神は言葉で人類に神の声を明らかにし、述べるために本来の身分を初めて使ったということができる。

この発言の内容は深遠で計り知れない。簡単に理解できないし、神の言葉の起源と目的を把握することは不可能である。したがってキリストは発言の大部分を明確にするために、人が理解しやすい言語を使い、発言それぞれの後に説明を加えた。神の発言と併せて、この説明は誰もが神の言葉を理解し知ることを容易にする。わたしたちはこれらの言葉を「全宇宙に向かって語った神の言葉」の「付録」にした。その中でキリストはもっとも理解しやすい表現を使って説明をする。神の発言と説明の二つを組み合わせることは神性と人間性における神の完全な合体である。「付録」では、神は第三者の観点で語っているが、これらの言葉は神から直接発せられたものであることを誰も否定できない。神の言葉を明確に説明できる人間はいないからである。神のみが神の発した言葉の起源と目的を解明できる。したがって、神は多くの手段を用いて話すが、神の働きの目的は決して変わらず、神の計画の対象も決して変わらない。

「全宇宙に向かって語った神の言葉」は神が人と別れるという発言で終わっているが、実際には、これは人の間での神の征服と救いの働きと人々を完全にする働きが正式に明らかにされた時である。したがって、わたしたちが「全宇宙に向かって語った神の言葉」を終わりの日の神の働きの予言とみなすほうがふさわしいのだ。この時点の後ようやく受肉した人の子がキリストの身分を使って公然と働き、話し始め、教会を巡り歩き、いのちを与え、すべての人々に水を注ぎ、牧養したからである――これが「受肉した人の子が諸教会の間を歩いた時の言葉」の中の多くの発言を引き起こした。

前へ:七番目の言葉

次へ:一番目の言葉

他のお気に入り