世界はあなたの安息の場なのか


神の御言葉の外で生き

試練の苦痛から逃げる人々は

風に飛ぶ枯葉のように

ただ世界を漂っている

彼らはあちらこちらと回り

休み場も御言葉の慰めもない

道端の物乞いに過ぎない

神の刑罰と精錬を免れつつも

天国の外でさまよう

あなたは世界が安息の場だと確信できるか

神の刑罰を避けてきたなら

この世界で安心して笑えるか

隠せぬ心の空虚さを

儚い喜びで埋められるのか

家族を騙せても

神を騙すことは決してできない


あなたの信仰は弱過ぎて

いのちによる喜びをまだ見ていない

神があなたに促しているのは

誠実になり人生の半分を神のために費やすことだ

それは平凡に生き

肉のために働き

人が負いきれないあらゆる苦痛に耐えるよりはよい

そんなに自分を愛し

神の刑罰から逃れて何になるのか

一時の刑罰を避けて

永遠の恥辱と刑罰を刈り取るなど

一体何になるのか

あなたは世界が安息の場だと確信できるか

神の刑罰を避けてきたなら

この世界で安心して笑えるか

隠せぬ心の空虚さを

儚い喜びで埋められるのか

家族を騙せても

神を騙すことは決してできない

『言葉は肉において現れる』より

前へ: あなたは刑罰と裁きを得たか

次へ: 神の裁きを逃れたらどうなるのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人が真の信仰を持つことを願う

神は常に 人に厳しさを求める もしあなたの忠誠心が条件付きなら 神はその「忠誠心」を欲しない 神はわざと神を欺いたり 神に要求ばかりする人を嫌う 神が人に望むのは忠誠を誓い 誰にもまして神に忠実で 全てを信仰のために行い 信仰という一語を証明すること あなたが神を喜ばせよう…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索