637 世界はあなたの安息の場なのか

1

神の御言葉の外で生き

試練の苦痛から逃げる人々は

風に飛ぶ枯葉のように

ただ世界を漂っている

彼らはあちらこちらと回り

休み場も御言葉の慰めもない

休み場も御言葉の慰めもない

道端の物乞いに過ぎない

道端の物乞いに過ぎない

道端の物乞いに過ぎない

神の刑罰と精錬を免れつつも

天国の外でさまよう

あなたは世界が安息の場だと確信できるか

神の刑罰を避けてきたなら

この世界で安心して笑えるか

隠せぬ心の空虚さを

儚い喜びで埋められるのか

家族を騙せても

神を騙すことは決してできない

2

あなたの信仰は弱過ぎて

いのちによる喜びをまだ見ていない

神があなたに促しているのは

誠実になり人生の半分を神のために費やすことだ

それは平凡に生き

肉のために働き

人が負いきれないあらゆる苦痛に耐えるよりはよい

人が負いきれないあらゆる苦痛に耐えるよりはよい

そんなに自分を愛し

神の刑罰から逃れて何になるのか

一時の刑罰を避けて

永遠の恥辱と刑罰を刈り取るなど

永遠の恥辱と刑罰を刈り取るなど

一体何になるのか

あなたは世界が安息の場だと確信できるか

神の刑罰を避けてきたなら

この世界で安心して笑えるか

隠せぬ心の空虚さを

儚い喜びで埋められるのか

家族を騙せても

神を騙すことは決してできない

『言葉は肉において現れる』の「本物の人とは何を意味するのか」より編集

前へ: 636 あなたは刑罰と裁きを得たか

次へ: 638 神の裁きを逃れたらどうなるのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索