世界はあなたの安息の場なのか

神の御言葉の外で生き

試練の苦痛から逃げる人々は

風に飛ぶ枯葉のように

ただ世界を漂っている

彼らはあちらこちらと回り

休み場も御言葉の慰めもない

道端の物乞いに過ぎない

神の刑罰と精錬を免れつつも

天国の外でさまよう

あなたは世界が安息の場だと確信できるか

神の刑罰を避けてきたなら

この世界で安心して笑えるか

隠せぬ心の空虚さを

儚い喜びで埋められるのか

家族を騙せても

神を騙すことは決してできない

あなたの信仰は弱過ぎて

いのちによる喜びをまだ見ていない

神があなたに促しているのは

誠実になり人生の半分を神のために費やすことだ

それは平凡に生き

肉のために働き

人が負いきれないあらゆる苦痛に耐えるよりはよい

そんなに自分を愛し

神の刑罰から逃れて何になるのか

一時の刑罰を避けて

永遠の恥辱と刑罰を刈り取るなど

一体何になるのか

あなたは世界が安息の場だと確信できるか

神の刑罰を避けてきたなら

この世界で安心して笑えるか

隠せぬ心の空虚さを

儚い喜びで埋められるのか

家族を騙せても

神を騙すことは決してできない

『言葉は肉において現れる』より

前へ: あなたは刑罰と裁きを得たか

次へ: 神の裁きを逃れたらどうなるのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索