心のふれあいの歌

ここにいる一人は肉に宿る神

彼が言うこと為すことその全てが真理

彼の知恵と義 その全てを愛する

神に会い、神を持ち

私はほんとうに幸いだ

神の心と愛が私を勝ち取った

もう探さず駆け足で神についてゆく

私は神を愛する

苦しんでも心は甘美だ

もう私の愛する神を失えない

心を神に捧げ私は幸せだ

全身全霊神のため生きるのが人生

神を愛し仕えるのは最高の名誉

望むものは他に何もなく

それだけで充分だ

神の心・思い・心配を思いやる

神が喜び満足することを願う

神の家で仕える 自分の使命を果たして

神を笑顔で迎え、記念を捧げる

神の心と愛が私を勝ち取った

もう探さず駆け足で神についてゆく

私は神を愛する 苦しみを受けても心は甘美だ

神を我がものとし 神のために生き

永遠に神を愛する

前へ: 風と雨の中も共にいて、死に至るとも忠心を尽くす

次へ: 神を愛する時代に入る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索