297 悲惨な世界への哀歌

1

時の中を漂い、一生が過ぎていく。月年がひとつの夢のようにめぐる。

名声や富のために奔走し

肉のもののために命を費やし、真理のためには何も為されなかった。

毎日、毎月、毎年、このように時が過ぎていく。

神自身の苦しみや、神の大いなる素晴らしさなど考えたこともない。

ただ虚しい日々を無為に過ごすだけ。たった1日さえ神のために生きたこともない。

神の口に笑みを浮かばせることも一度もなく、空虚で、これといって何もない。

誰が神の心を理解したのだろう?

誰が神と生と死を分かち合えるのだろう?

誰が神の全ての言葉を大切にしただろう?

誰が自分の全てを神に捧げただろう?

春の花がいつ咲くことを止めるだろうか?

真の愛はここに、この世界にある。

喜びや悲み。上がったり下がったり。季節はめぐる。ずっとずっと。

来る年も来る年も神は見捨てられている。何と悲惨な世界だ!

2

人には家がある。憩いの場所がある。しかし神には枕する所もない。

自分を捧げたのはいったい幾人だろう?神はもう十分寒さや 

全世界の苦しみに耐えられた。理解への険しい道に。

神は、人のために心配し、彼らの間でせわしく、たゆまず働き続ける。

季節は移り変わるが、神は全てを人間のために捧げ尽くす。

誰が神の御心を理解するのだろう?誰が神に慰めの言葉をかけただろう?

人は神に要求ばかりする!一度も神の御心のことを思わない。

楽しく家族と過ごすが、なぜ神に涙させるのだろう?

春の花がいつ咲くことを止めるだろうか?

真の愛はここに、この世界にある。

喜びや悲み。上がったり下がったり。季節はめぐる。ずっとずっと。

来る年も来る年も神は見捨てられている。何と悲惨な世界だ!

前へ: 296 神の心より良い心はない

次へ: 298 誰が神の悲しみを理解できようか?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索