全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

悲惨な世界への哀歌

1

時の中を漂い、一生が過ぎていく。月年がひとつの夢のようにめぐる。名声や富のために奔走し、肉のもののために命を費やし、真理のためには何も為されなかった。毎日、毎月、毎年、このように時が過ぎていく。神自身の苦しみや、神の大いなる素晴らしさなど考えたこともない。ただ虚しい日々を無為に過ごすだけ。たった1日さえ神のために生きたこともない。神の口に笑みを浮かばせることも一度もなく、空虚で、これといって何もない。誰が神の心を理解したのだろう?誰が神と生と死を分かち合えるのだろう?誰が神の全ての言葉を大切にしただろう?誰が自分の全てを神に捧げただろう?春の花がいつ咲くことを止めるだろうか?真の愛はここに、この世界にある。喜びや悲み。上がったり下がったり。季節はめぐる。ずっとずっと。来る年も来る年も神は見捨てられている。何と悲惨な世界だ!

2

人には家がある。憩いの場所がある。しかし神には枕する所もない。自分を捧げたのはいったい幾人だろう?神はもう十分寒さや全世界の苦しみに耐えられた。理解への険しい道に。神は、人のために心配し、彼らの間でせわしく、たゆまず働き続ける。季節は移り変わるが、神は全てを人間のために捧げ尽くす。誰が神の御心を理解するのだろう?誰が神に慰めの言葉をかけただろう?人は神に要求ばかりする!一度も神の御心のことを思わない。楽しく家族と過ごすが、なぜ神に涙させるのだろう?春の花がいつ咲くことを止めるだろうか?真の愛はここに、この世界にある。喜びや悲み。上がったり下がったり。季節はめぐる。ずっとずっと。来る年も来る年も神は見捨てられている。何と悲惨な世界だ!

前へ:心のふれ合いの歌

次へ:神の民たちの祈り

他のお気に入り