悲惨な世界への哀歌

時の中を漂い、一生が過ぎていく。月年がひとつの夢のようにめぐる。

名声や富のために奔走し

肉のもののために命を費やし、真理のためには何も為されなかった。

毎日、毎月、毎年、このように時が過ぎていく。

神自身の苦しみや、神の大いなる素晴らしさなど考えたこともない。

ただ虚しい日々を無為に過ごすだけ。たった1日さえ神のために生きたこともない。

神の口に笑みを浮かばせることも一度もなく、空虚で、これといって何もない。

誰が神の心を理解したのだろう?

誰が神と生と死を分かち合えるのだろう?

誰が神の全ての言葉を大切にしただろう?

誰が自分の全てを神に捧げただろう?

春の花がいつ咲くことを止めるだろうか?

真の愛はここに、この世界にある。

喜びや悲み。上がったり下がったり。季節はめぐる。ずっとずっと。

来る年も来る年も神は見捨てられている。何と悲惨な世界だ!

人には家がある。憩いの場所がある。しかし神には枕する所もない。

自分を捧げたのはいったい幾人だろう?神はもう十分寒さや 

全世界の苦しみに耐えられた。理解への険しい道に。

神は、人のために心配し、彼らの間でせわしく、たゆまず働き続ける。

季節は移り変わるが、神は全てを人間のために捧げ尽くす。

誰が神の御心を理解するのだろう?誰が神に慰めの言葉をかけただろう?

人は神に要求ばかりする!一度も神の御心のことを思わない。

楽しく家族と過ごすが、なぜ神に涙させるのだろう?

春の花がいつ咲くことを止めるだろうか?

真の愛はここに、この世界にある。

喜びや悲み。上がったり下がったり。季節はめぐる。ずっとずっと。

来る年も来る年も神は見捨てられている。何と悲惨な世界だ!

前へ: 神の心より良い心はない

次へ: 誰が神の悲しみを理解できようか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索