悲惨な世界への哀歌

時の中を漂い、一生が過ぎていく。月年がひとつの夢のようにめぐる。

名声や富のために奔走し

肉のもののために命を費やし、真理のためには何も為されなかった。

毎日、毎月、毎年、このように時が過ぎていく。

神自身の苦しみや、神の大いなる素晴らしさなど考えたこともない。

ただ虚しい日々を無為に過ごすだけ。たった1日さえ神のために生きたこともない。

神の口に笑みを浮かばせることも一度もなく、空虚で、これといって何もない。

誰が神の心を理解したのだろう?

誰が神と生と死を分かち合えるのだろう?

誰が神の全ての言葉を大切にしただろう?

誰が自分の全てを神に捧げただろう?

春の花がいつ咲くことを止めるだろうか?

真の愛はここに、この世界にある。

喜びや悲み。上がったり下がったり。季節はめぐる。ずっとずっと。

来る年も来る年も神は見捨てられている。何と悲惨な世界だ!


人には家がある。憩いの場所がある。しかし神には枕する所もない。

自分を捧げたのはいったい幾人だろう?神はもう十分寒さや 

全世界の苦しみに耐えられた。理解への険しい道に。

神は、人のために心配し、彼らの間でせわしく、たゆまず働き続ける。

季節は移り変わるが、神は全てを人間のために捧げ尽くす。

誰が神の御心を理解するのだろう?誰が神に慰めの言葉をかけただろう?

人は神に要求ばかりする!一度も神の御心のことを思わない。

楽しく家族と過ごすが、なぜ神に涙させるのだろう?

春の花がいつ咲くことを止めるだろうか?

真の愛はここに、この世界にある。

喜びや悲み。上がったり下がったり。季節はめぐる。ずっとずっと。

来る年も来る年も神は見捨てられている。何と悲惨な世界だ!

前へ: 神の心より良い心はない

次へ: 誰が神の悲しみを理解できようか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

サタンによって堕落させられた人間の実状

長年に渡り 人が生きるための思想は 人の心を堕落させてきた 人をずるく、卑怯で、卑しい存在にした 人は意志も決意もなく 貪欲で、傲慢で、わがままだ あまりに弱くて 自らを超え 暗闇の勢力の束縛を打ち砕く勇気がない 人の思いと生活は腐敗している 神への信仰についての人の見解は …

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索