189 裁きを通して目覚める

何年も主を信じながら 聖書の理論を説くことだけに集中した

主の言葉と戒めに従ったことは一度もなかった

懸命に働いたのは ただ地位と報いのため

私は罪の中で生きていたけれど

主が到来して天国に引き上げてくださることを望んだ

神の言葉の裁きを経験して 私は夢から目覚めた

自分が醜く 卑劣で あまりに堕落しているのが分かる

どこでも立派な教義を語り 自分を誇示する

自分を教義で飾り 他人と自分を欺く

神の言葉の現実を生きず 人間らしさがまったくない

パリサイ人の道を歩きながらも 自分は忠実だと思っている

神の言葉の裁きで目覚めたのは 何と幸いなことだろう

終わりの日のキリストの裁きを受け入れなければ 私は神に会うに値しない

神の裁きのおかげで 人類の堕落の真相がはっきり見える

神についての観念と想像に満ち いつでも神を裏切ってしまう

それを暴く試練がなければ 自分の本性ははっきり見えない

人類はあまりに深く堕落していて 裁きを経なければ清められない

神の義なる性質は 神の裁きに完全に顕れる

真理があるかどうかに従って 神は人の結末を決める

どんなに苦しもうと 真理を得ていなければ意味はない

裁きを経て真理を得て 人は初めて本当の人生を送れる

神が裁きと刑罰を用いて人を救うのは 大いに有意義なこと

神の義と聖さを知るのは 何と名誉なことか

私を救って心を目覚めさせるのは 神の裁き

真理を求めて現実を生き 神を証しして栄光を帰すことを決意する

前へ: 188 神に忠誠を尽くす志し

次へ: 190 裁きが心を目覚めさせた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索