私はより深く神を愛したい

神の愛は心を融かし 誤った考えを取り去る

神の心と愛を理解している

これから決して不平は言わない

全ての失われた愛が戻ったのだから

神は愛によって好意を寄せる 私も神に命を捧げたい

心から神を愛している 決して離れないと誓う

神の愛は平凡ではない

たとえ全てを捨てても神の愛には値しない

私は神をより深く愛したい


神の愛は無限であり 私の愛には限りがある

神は汚れ引き裂かれた世に入った

神の愛は貴重で素晴らしい

心と知性を尽くし我々を完全にする

神は愛によって好意を寄せる 私も神に命を捧げたい

心から神を愛している 決して離れないと誓う

神の愛は平凡ではない

たとえ全てを捨てても神の愛には値しない

神をより深く愛したい


自分のものとした神を もう決して失いたくない

目を離したら再び神を見つけられるのか

神のやさしさと愛にしがみつき

神の委ねたものに集中する

苦難と試練も平気

苦しみが増しても喜んで受ける

祝福がなくても神を愛する

苦しみがなければ真の愛もない

心から神を愛している 決して離れないと誓う

神の愛は平凡ではない

たとえ全てを捨てても神の愛には値しない

神をより深く愛したい

前へ: 神の民の祈り

次へ: ああ神よ、私はどれほどあなたを慕っているか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への愛…

あなたがたは真理を受け入れる人になるべきだ

自分自身の道を選びなさい 真理を拒んだり聖霊を冒瀆せずに 無知にならないで、傲慢にならないで 聖霊の導きに従いなさい イエスの再臨は 真理を受け入れる全ての人にとって 大いなる救いだ イエスの再臨は 真理を受け入れられない人を罪に定める Oh… 真理を渇望し、求めなさい あな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索