正直な人々だけが人間の姿を持つ

名利を求め 行動基準を棄て

私は厚かましくも、欺瞞により生きた

良心も道徳も誠実も尊厳もなく

ただ欲望と貪欲を満たそうとした

不安の中、罪の沼にもがき

無限の闇から逃れるすべはなかった

生活の富と はかない快楽は

空しさと痛みを覆うことはない

なぜ誠実であることは難しいのか

人はなぜ狡猾で邪悪なのか

何という世界か 誰が救うのか

何という世界か 誰が救うのか


私は御声を聞き、御前に戻った

日々御言葉を読み、多くの益を得る

多くの真理を知り、振る舞いの原則を得た

神の示した真理は私の堕落を清める

裁きと罰の言葉は生活に伴う

神の吟味を受け入れると 心は安らぐ

欺瞞も偽りもなく 私は光に生きる

心を開き、正直で やっと人らしくなれる

試練と精錬を受け、御顔を見た

そして御言葉の中に私は命を得る

詐欺と欺瞞を棄てて、今正直になれた

神の愛と救いに永久に感謝します

全能神に感謝します ずっと、永遠に

前へ: 神の御言葉の真理はとても貴い

次へ: 心から神を愛する者は皆誠実である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉と…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索