正直な人々だけが人間の姿を持つ

名利を求め 行動基準を棄て

私は厚かましくも、欺瞞により生きた

良心も道徳も誠実も尊厳もなく

ただ欲望と貪欲を満たそうとした

不安の中、罪の沼にもがき

無限の闇から逃れるすべはなかった

生活の富と はかない快楽は

空しさと痛みを覆うことはない

なぜ誠実であることは難しいのか

人はなぜ狡猾で邪悪なのか

何という世界か 誰が救うのか

何という世界か 誰が救うのか

私は御声を聞き、御前に戻った

日々御言葉を読み、多くの益を得る

多くの真理を知り、振る舞いの原則を得た

神の示した真理は私の堕落を清める

裁きと罰の言葉は生活に伴う

神の吟味を受け入れると 心は安らぐ

欺瞞も偽りもなく 私は光に生きる

心を開き、正直で やっと人らしくなれる

試練と精錬を受け、御顔を見た

そして御言葉の中に私は命を得る

詐欺と欺瞞を棄てて、今正直になれた

神の愛と救いに永久に感謝します

全能神に感謝します ずっと、永遠に

前へ: 神の御言葉の真理はとても貴い

次へ: 心から神を愛する者は皆誠実である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索