ああ神よ 私は本当にあなたの愛に値しない

思い出すに堪えないことを数多くしてきた

無駄な時間をたくさん過ごしてきた

心に込み上げるのは大きな後悔と負い目の気持ち

神のために自分を費やして苦労した時

私はいつも見返りを求めた

祝福を受けたいという望みが打ち砕かれた時

私は神から離れようと思った

それでも神の愛は心に鮮明で

忘れられなかった

神の言葉が私の胸を打ち

私を導いて 後退と消極性から一歩ずつ遠ざける

患難に威された時

私は恐れ臆病になって怯えた

私は弱く否定的になり

また神から離れようと思った

鋭い両刃の剣のような神の言葉が私の心を引き裂く

この恥を隠せる場所など どこにもない


私はかつて富や名声や地位を求めて奔走していた

サタンの誘惑に逆らえず

何度も不安なってためらい 人生に方向を失った

引き返すことも知らず

罪の中でもがき苦しんだ

ああ神よ これが私です!これが私です!

こんなに堕落した私はまことにあなたの救いに値しない

ああ神よ あなたの言葉はいつも道を示し私を導いてくれた

それがなければ誘惑に陥り

一歩踏み出すことさえ困難なはず

ああ神よ 私は二度と消極的になったり退いたりしない

私を見捨てないで あなたなしでは生きられない

ああ神よ どうか刑罰と裁きと精錬を与え給へ

堕落から清められるように

人間らしく生きられるように

前へ: 帰って来た放蕩息子の歌

次へ: 昔の生き方に戻って再び神を傷つけるのは嫌だ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉と…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索