219 ああ神よ 私は本当にあなたの愛に値しない

思い出すに堪えないことを数多くしてきた

無駄な時間をたくさん過ごしてきた

心に込み上げるのは大きな後悔と負い目の気持ち

神のために自分を費やして苦労した時

私はいつも見返りを求めた

祝福を受けたいという望みが打ち砕かれた時

私は神から離れようと思った

それでも神の愛は心に鮮明で

忘れられなかった

神の言葉が私の胸を打ち

私を導いて 後退と消極性から一歩ずつ遠ざける

患難に威された時

私は恐れ臆病になって怯えた

私は弱く否定的になり

また神から離れようと思った

鋭い両刃の剣のような神の言葉が私の心を引き裂く

この恥を隠せる場所など どこにもない

私はかつて富や名声や地位を求めて奔走していた

サタンの誘惑に逆らえず

何度も不安なってためらい 人生に方向を失った

引き返すことも知らず

罪の中でもがき苦しんだ

ああ神よ これが私です!これが私です!

こんなに堕落した私はまことにあなたの救いに値しない

ああ神よ あなたの言葉はいつも道を示し私を導いてくれた

それがなければ誘惑に陥り

一歩踏み出すことさえ困難なはず

ああ神よ 私は二度と消極的になったり退いたりしない

私を見捨てないで あなたなしでは生きられない

ああ神よ どうか刑罰と裁きと精錬を与え給へ

堕落から清められるように

人間らしく生きられるように

前へ: 218 帰って来た放蕩息子の歌

次へ: 220 昔の生き方に戻って再び神を傷つけるのは嫌だ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索