誰が神の悲しみを理解できようか

あなたの心の中に神はいますか?

神の意志や人への望みを考えたことはありますか?

苦痛と恥を受けた神を、誰も理解しない

人の心は偽りに満ち、利己的で邪悪

誰が神を理解できるだろうか?

誰がかつて神について考えたことがあるだろうか?

誰が神に慰めをもたらすだろうか?

あなたの心はどこにあるだろうか?

なぜ、あぁ、なぜあなたは神に冷たくするのか?

あなたが目覚める時

神は既にいなくなっている

誰が神に慰めをもたらせますか?

誰が神の悲しみを理解できますか?

年を重ねるごと

神は人の悪にうんざりする

神を信じているが、真理を求めない

どうしたら神の心を理解できようか?

ただ名声と利益求め

神の喜びと悲しみを思いやれようか?

誰が神を理解できるだろうか?

誰がかつて神について考えたことがあるだろうか?

誰が神に慰めをもたらすだろうか?

あなたの心はどこにあるだろうか?

なぜ、あぁ、なぜあなたは神に冷たくするのか?

あなたが目覚める時

神は既にいなくなっている

神にあなたの心の全てを捧げよ

真の愛を捧げよ

神は独りで

神を真に愛する人を待っている

前へ: 悲惨な世界への哀歌

次へ: 神の良い知らせを待ち望みます

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索