誰が神の悲しみを理解できようか

あなたの心の中に神はいますか?

神の意志や人への望みを考えたことはありますか?

苦痛と恥を受けた神を、誰も理解しない

人の心は偽りに満ち、利己的で邪悪

誰が神を理解できるだろうか?

誰がかつて神について考えたことがあるだろうか?

誰が神に慰めをもたらすだろうか?

あなたの心はどこにあるだろうか?

なぜ、あぁ、なぜあなたは神に冷たくするのか?

あなたが目覚める時

神は既にいなくなっている


誰が神に慰めをもたらせますか?

誰が神の悲しみを理解できますか?

年を重ねるごと

神は人の悪にうんざりする

神を信じているが、真理を求めない

どうしたら神の心を理解できようか?

ただ名声と利益求め

神の喜びと悲しみを思いやれようか?

誰が神を理解できるだろうか?

誰がかつて神について考えたことがあるだろうか?

誰が神に慰めをもたらすだろうか?

あなたの心はどこにあるだろうか?

なぜ、あぁ、なぜあなたは神に冷たくするのか?

あなたが目覚める時

神は既にいなくなっている

神にあなたの心の全てを捧げよ

真の愛を捧げよ

神は独りで

神を真に愛する人を待っている

前へ: 創られた者の心の声

次へ: 人類への神の愛

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

神を証しするには性質の変化がなければならない

神の様々な働きは人の性質を変える 変化なくして証し出来ず 神の心にも適わない 性質が変化した人は サタンと闇から解かれて 神の働きの模範となる 神の心に適う、神の証し人 神の証し人は神を認識しなければならない この証しだけが本物で サタンを恥じ入らせる 刈り込みと取扱いと裁…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索