私たちは神を讃美するために喜び集う

讃美し喜ぼう。神が凱旋された。

神を証しし、神を讃美することが私たちの本分。


私たちは神を讃美するために喜び集い、かくも幸せ。

神の足跡をたどり、祝宴に参加する。

肉となった神を讃美する。神が新しい時代を始められるから。

神が自ら私たちの間で働き、話し、

人の不義をすべて裁き、その堕落を露わにする。

面と向かって私たちは神の現われを目の当たりにする。

神の性質は憐み深く威厳に満ち義である。

讃美し喜ぼう。神が凱旋された。


私たちは神の言葉を飲み食いし、神に祈る。すると心の中に力が湧く。

真理を理解することで進む道がわかり、心の中が照らされる。

神を満足させるため真理を生きると心に平安がある。

神の裁きを受けると神は私たちの堕落を清める。

かくも愛すべき神の義の性質。

私たちは神の真の愛を味わい、神の偉大な救いを得た。

神を讃美し神を証しする時、私たちは幸いだ。

讃美し喜ぼう。神が凱旋された。


神はサタンを打ち負かし、勝利者の一群を作った。

赤い大きな竜は徹底的に恥をかき打ち負かされた。

神の業は人類に対し完全に明らかにされた。

神はかくも知恵があり全能なのだ。

神はその救いをもって人類にこれほどの恵みを見せる、確かに。

絶対の確信をもって、私たちは心から崇拝してひざまずく。

被造物である私たちは永遠に神を愛し神に従う。

讃美し喜ぼう。神が凱旋された。

讃美し喜ぼう。神が凱旋された。

前へ: 神の民は精一杯神を讃える

次へ: 神の国

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消す…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残される…

神は天におり、地にもいる

地にいる時の 神は 人の心の中の 実際の神 天にいる時の 神は あらゆる被造物の 支配者 かつて神は 山と海を巡り 人類の間を そっと歩んで来た 誰が逆らえよう 実際的な神に 誰が逃れられよう その支配から 誰が言い切れよう 神は天にいるのだと 誰が言い切れよう 神は地にいると…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索