私たちは神を讃美するために喜び集う

讃美し喜ぼう。神が凱旋された。

神を証しし、神を讃美することが私たちの本分。

私たちは神を讃美するために喜び集い、かくも幸せ。

神の足跡をたどり、祝宴に参加する。

肉となった神を讃美する。神が新しい時代を始められるから。

神が自ら私たちの間で働き、話し、

人の不義をすべて裁き、その堕落を露わにする。

面と向かって私たちは神の現われを目の当たりにする。

神の性質は憐み深く威厳に満ち義である。

讃美し喜ぼう。神が凱旋された。

私たちは神の言葉を飲み食いし、神に祈る。すると心の中に力が湧く。

真理を理解することで進む道がわかり、心の中が照らされる。

神を満足させるため真理を生きると心に平安がある。

神の裁きを受けると神は私たちの堕落を清める。

かくも愛すべき神の義の性質。

私たちは神の真の愛を味わい、神の偉大な救いを得た。

神を讃美し神を証しする時、私たちは幸いだ。

讃美し喜ぼう。神が凱旋された。

神はサタンを打ち負かし、勝利者の一群を作った。

赤い大きな竜は徹底的に恥をかき打ち負かされた。

神の業は人類に対し完全に明らかにされた。

神はかくも知恵があり全能なのだ。

神はその救いをもって人類にこれほどの恵みを見せる、確かに。

絶対の確信をもって、私たちは心から崇拝してひざまずく。

被造物である私たちは永遠に神を愛し神に従う。

讃美し喜ぼう。神が凱旋された。

讃美し喜ぼう。神が凱旋された。

前へ: 私たちを救うのは全能神

次へ: 天の御国が地上に実現した

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索