神に愛を捧げる

神は働くために肉となって現われたとき、大きな屈辱を味わった

謙って隠れ、ただ人を救うために真理を表した

神の声を聞いたとき、わたしは神を認められず、

長老と牧師に倣って、神の働きを否定し、決めつけた

神は私の過ちを罰さず、私の不服従を許し、私の戸を叩いた

神の憐れみを知り、たえがたいほど恥ずかしかった。

私は神の愛を受けるにまったく相応しくない。


神の言葉は鋭い剣のごとく、私の心を貫き

私は自分の傲慢さのせいで、理知と人間らしさをすっかり失ったことを知った

観念や想像で神の現れと働きを罪に定め、多くの信者の救いを阻んだことを知った

神に逆らい、神を裁いた私は何と罪深いことか

神の愛にまったく値せず、神の前に生きる資格などない

神の裁きを受けて、私は目覚め、心は悔恨に満ちる

やり直して、真理を求め、神を満足させようと決意する

神は実に優しく、私の硬い心を溶かす

私は神に愛を捧げ、神の心が慰められることを願うばかり

どれほど迫害と苦難が大きくても、最後まで忠実でいよう

力強く神を証して、神に栄光を帰そうと決意する

前へ: 忠実に神を満足させることを決意する

次へ: 神を信じる人が求めるべきもの

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神の働きは言葉を通して成し遂げられる

あなたがしばらく経験を積み 神の業とその各段階について知り 神の言葉が何を実現させ なぜ多くは果たされずにいるのかを知るなら また明確なビジョンを持ち これらすべてによく精通していたら 心配も不安もなく大胆に前進できる 神の働きの多くはどう成し遂げられるのか? それは神の言葉…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索