神を立派に証しするのは誰か

全能神よ、あなたを愛します。

あなたのために讃美の歌を歌い、

喜びの踊りを踊ります。

全能神よ、毎日それを捧げます。

神に高められ、恵みにより

私たちは神の御座の前に引き上げられる。

神は言葉で私たちの心を征服し、

私たちは神に讃美を捧げる。

コーラス

踊ろう、喜び踊ろう、兄弟たちよ。喜び踊ろう、姉妹たちよ。

喜びにあふれて讃美の歌を歌おう。

神への心からの深い愛ゆえに

私はこうして踊らずにはいられない。


今日、私は神の前に来て、

神の言葉を飲み食いし、味わう。

私は神の裁きを受け入れ、清められ、

真の人間として生きることを喜ぶ。

神の裁きは神の真の愛、

試練は神の祝福。

神は私に新しいいのちを与えた。

私は神を永遠に讃美する。

コーラス

踊ろう、喜び踊ろう、兄弟たちよ。喜び踊ろう、姉妹たちよ。

喜びにあふれて讃美の歌を歌おう。

神への心からの深い愛ゆえに

私はこうして踊らずにはいられない。


神の言葉には大いなる権威がある。

その言葉は苦難の中で、私たちを導く。

常に私たちに道を示し、私たちを守る。

神は慈しみ深く愛らしいと私たちは感じる。

どんな試練が来ようと、私たちは

いつの日もずっと神を愛し続けて止まない。

私たちの信仰は苦難の中で完全となる。

神は知恵があり全能なのだ。

コーラス

踊ろう、喜び踊ろう、兄弟たちよ。喜び踊ろう、姉妹たちよ。

喜びにあふれて讃美の歌を歌おう。

神への心からの深い愛ゆえに

私はこうして踊らずにはいられない。


神の愛はあまりに大きくて言い尽くせない。

私たちは永遠に神を讃美する。

私たちは心を一つにして神を証し、

神の御旨を実行する。

忠実に自身の本分を尽くす。

神の愛に報いられるように。

シオンで神は栄光を得る。

喜びが私たちの心を満たした。

コーラス

踊ろう、喜び踊ろう、兄弟たちよ。喜び踊ろう、姉妹たちよ。

喜びにあふれて讃美の歌を歌おう。

神への心からの深い愛ゆえに

私はこうして踊らずにはいられない。

前へ: 神への愛の歌を歌うことを止められない

次へ: あぁ、私の愛する方よ、私はあなたを求めています

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の言葉を実践し神を満足させることが第一

あなたに今求められているのは 誰もがなすべき人の本分であり 追加の要求ではない 本分をうまく果たせないなら あなたは自ら問題をもたらし 死を招いていないか どうして前途を望めるのか 神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ 観念にふけりじっと死を待っていてはならない 神はその働…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索