私は御国への道を歩んでいます

御国へと歩み

御言葉を読みながら、神を見上げる

何て意味深い言葉だろう!

それを真剣に心に刻む

神よ、あなたは

私がサタンに騙され、砕かれると心配される

御言葉は私を導き

真の人生を与えこの道に置いてくれた


御業と御言葉を通して

この世の悪と闇を見た

私は堕落し

悪の誘惑に打ちのめされていた

私は世をさまよい

希望を失い、心は闇に覆われた

その時あなたに救われた!

御言葉に包まれ、私は良くなり強くなった


御言葉は真実で

私の堕落や卑劣さを明らかにする

利己的で、欲張りで高慢で、嘘つきで

もはや人とは言えない!

神にひれ伏し

後悔に満たされ、神の裁きに服従する

真理を求めると決意し

新たにされ、神に心配をかけない


御国へと歩み

私は福音を分かち合い、幸せだ

何と厳しい道だろう!

迫害が日々大きくなる

私はもう歩けない

御言葉は私を導き、信仰と勇気を与える

最後まで神に従いぬき

神に認められたら、私は死んでも本望だ

前へ: 人生の正しい道を歩む

次へ: 創られた者の心の声

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索