カナンの地にある喜び

神の家に帰ると

私は喜びと高揚を感じる。

ついに私は幸運にも

実際の全能神を見る。

神の言葉は人々を神の国の時代へと

導き入れる。

神の言葉は私に道を示し、

人として歩むべき道を

私は理解する。

カナンの地はキリストの国。

彼に抱く私たちの愛は甘美、

この愛ゆえに、私たちは喜びに踊る。

カナンの地で

神の民は永遠に神を礼拝する。

私はもう探し回らない。

天国という私の夢は

ついに実現した。

私は神により潤っている。

生けるいのちの水で。

神と対面するのは喜び。

比類なき喜び。

カナンの美しい地は

神の言葉の世界。

カナンの地はキリストの国。

彼に抱く私たちの愛は甘美、

この愛ゆえに、私たちは喜びに踊る。

カナンの地で

神の民は永遠に神を礼拝する。

私は子羊の祝宴に参加した。

神の愛の中での生活は喜び。

私はキリストの国の

実践の訓練を受け入れた。

涙の谷を通りはしたが

神の与えた愛はかくも現実的。

私の心は苦難と試練により清められる。

そして神への私の愛は純粋になる。

その愛は日増しに大きくなる。

神への愛が私の心を喜びで満たす。

神はかくも信頼に値し義であり、

私を魅了し夢中にさせる。

神の性質とは

なんと愛すべきものであることか。

それは私の心にしっかりと根付いている。

神の聖さと美しさを

私はどんなに強く愛しても愛し足りない。

私の心は神を讃美する歌でいっぱいなのだ。

カナンの地はキリストの国。

彼に抱く私たちの愛は甘美、

この愛ゆえに、私たちは喜びに踊る。

カナンの地で

神の民は永遠に神を礼拝する。

星々が空から私に微笑みかける。

太陽は全世界を照らす。

露は全てを濡らす。

神の言葉は比べようもなく豊か、

私とともにあって、私が強くなるよう助ける。

私たちの祝宴は信じがたいほど甘美、

神の豊かな糧は私たちに富をもたらす。

地上の生活はまさに天のよう、

神の民はみな神のそばで生きる。

カナンの地では

悲しみや涙はない。

それが私たちの永遠に続く生活。

神の御前での生活。

私たちは神から決して離れない。

愛する方よ、あなたの愛らしさは

語りつくせない。

あなたの裁きは義であり聖く

私の心を純粋し清める。

ブリッジ3

あなたの言葉はかくも甘美で

私の心を温め、私の愛をかき立てる。

今や私の生活はかくも素晴らしい。

あなたを愛するがゆえに

私の心は一日中喜びに満ちている。

生涯あなたとともにあれますように。

カナンの地はキリストの国。

彼に抱く私たちの愛は甘美、

この愛ゆえに、私たちは喜びに踊る。

カナンの地で

神の民は永遠に神を礼拝する。

カナンの地はキリストの国。

彼に抱く私たちの愛は甘美、

この愛ゆえに、私たちは喜びに踊る。

カナンの地で

神の民は永遠に神を礼拝する。

前へ: 歌とダンスで神を讃美せよ

次へ: 一心に神を賛美しよう

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索