神の国の讃歌(Ⅱ)神が来た、神が治める

この美しい瞬間、心躍る時に

天と地の万物は讃美を歌う

心躍らぬ者や喜ばない者や

泣かない者がいようか

空は古い空ではなく、神の国の空

地は以前の地ではなく、聖なる地

豪雨が去り、汚れた古き世はすべてが変わる

山々も水も

人びとも変わる、全てのものは変わる

静かな山よ、神のため踊れ

よどんだ水も流れよ

まどろむ人も起きて追え

神が来た、神が治める

みな神の顔を見て

神の声を聞き

そして神の国で生きていく

何と甘美で素晴らしく

忘れがたいのか

神の燃えるような 怒りの中で

赤い大きな竜はもがく

神の威厳ある

裁きにより悪魔は正体を現す

神の厳しい言葉で人は

恥じ、隠れようとする

神をあざけり、自分を誇示し

神に逆らったことを思い出し

みな泣いて悔やむ

全宇宙は涙で一杯になり

比類ない喜びと笑いで

溢れる

小雨がぱらつき大雪が降る

雲は空を漂い

海は沸き立つ

人は悲喜こもごもで

笑いと涙と歓声が混じる

みな忘れたようだ 霧雨の春か

花咲く夏か 豊かな実りの秋か

寒さに凍る冬か 誰も知らない

神の子たちは手を振り 人々は踊る

天使たちは働き人々を牧する

地の人々は働き 生き物は増え広がる

空は古い空ではなく、神の国の空

地は以前の地ではなく、聖なる地

豪雨が去り、汚れた古き世はすべてが変わる

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「神の国の讃歌」より編集

前へ: 神の国の讃歌(Ⅰ)神の国がこの世に降臨する

次へ: 神の国の讃歌(Ⅲ)人々よ、歓呼せよ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人の一生は完全に神の支配下にある

人は運命だけ信じても 創造主による運命の支配を知らずに 認識もしなければ ああ、運命だけ信じても 創造主による運命の支配に従わず 受け入れもしないなら 人生は悲劇となり そして無駄になり 空虚になるだろう 彼らは神の支配に従えず 被造物という言葉が真に意味するものにもなれず 日々…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を見…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな、…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、命…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索