2 神が来た、神が治める

この美しい瞬間、心躍る時に

天と地の万物は讃美を歌う

心躍らぬ者や喜ばない者や泣かない者がいようか

空は古い空ではなく神の国の空

地は以前の地ではなく聖なる地

豪雨が去り、汚れた古き世はすべてが変わる

山々も水も人びとも変わる

全てのものは変わる

静かな山よ、神のため踊れ

よどんだ水も流れよ

まどろむ人も起きて追え

神が来た、神が治める

みな神の顔を見て 神の声を聞き

みな神の顔を見て 神の声を聞き

そして神の国で生きていく

何と甘美で素晴らしく 忘れがたいのか

神の燃えるような怒りの中で

赤い大きな竜はもがく

神の威厳ある裁きにより悪魔は正体を現す

神の厳しい言葉で人は恥じ隠れようとする

神の厳しい言葉で人は恥じ隠れようとする

神をあざけり、自分を誇示し

神に逆らったことを思い出し

みな泣いて悔やむ

みな泣いて悔やむ

全宇宙は涙で一杯になり

比類ない喜びと笑いで溢れる

比類ない喜びと笑いで溢れる

小雨はぱらぱらと降り、大雪は吹雪く

雲は空を漂い 海は沸き立つ

雲は空を漂い 海は沸き立つ

人は悲喜こもごもで

笑いと涙と歓声が混じる

みな忘れたようだ 霧雨の春か

花咲く夏か 豊かな実りの秋か

寒さに凍る冬か 誰も知らない

神の子たちは手を振り 人々は踊る

天使たちは働き 人々を牧する

地の人々は働き 生き物は増え広がる

空は古い空ではなく神の国の空

地は以前の地ではなく聖なる地

豪雨が去り、汚れた古き世はすべてが変わる

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「神の国の賛歌」より編集

前へ: 1 神の国の讃歌

次へ: 3 すべての民よ、歓呼せよ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索