神の国の讃歌(Ⅱ)神が来た、神が治める

この美しい瞬間、心躍る時に

天と地の万物は讃美を歌う

心躍らぬ者や喜ばない者や

泣かない者がいようか

空は古い空ではなく、神の国の空

地は以前の地ではなく、聖なる地

豪雨が去り、汚れた古き世はすべてが変わる

山々も水も

人びとも変わる、全てのものは変わる

静かな山よ、神のため踊れ

よどんだ水も流れよ

まどろむ人も起きて追え

神が来た、神が治める

みな神の顔を見て

神の声を聞き

そして神の国で生きていく

何と甘美で素晴らしく

忘れがたいのか

神の燃えるような 怒りの中で

赤い大きな竜はもがく

神の威厳ある

裁きにより悪魔は正体を現す

神の厳しい言葉で人は

恥じ、隠れようとする

神をあざけり、自分を誇示し

神に逆らったことを思い出し

みな泣いて悔やむ

全宇宙は涙で一杯になり

比類ない喜びと笑いで

溢れる

小雨がぱらつき大雪が降る

雲は空を漂い

海は沸き立つ

人は悲喜こもごもで

笑いと涙と歓声が混じる

みな忘れたようだ 霧雨の春か

花咲く夏か 豊かな実りの秋か

寒さに凍る冬か 誰も知らない

神の子たちは手を振り 人々は踊る

天使たちは働き人々を牧する

地の人々は働き 生き物は増え広がる

空は古い空ではなく、神の国の空

地は以前の地ではなく、聖なる地

豪雨が去り、汚れた古き世はすべてが変わる

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「神の国の讃歌」より編集

前へ: 神の国の讃歌(Ⅰ)神の国がこの世に降臨する

次へ: 神の国の讃歌(Ⅲ)汝ら民よ、みな喜びなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

神の言葉を大切にする者は祝福される

喜んで神の見守りを受け入れる者は 神への認識を追求する人である 彼らは喜んで神の言葉を受け入れ 神からの授かり物と祝福を得るだろう 彼らは最も祝福された者である 神は神のため場所を持たない者を呪い 罰を与え 見捨てる 神の言葉追求して大切にする者の中で神は働く あな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索