3 神の国の讃歌
(Ⅲ)すべての民よ、歓呼せよ

1

神の光に人は再度光を見る

御言葉の中に良いものを見つける

神は東の方からやって来る

その栄光は輝き

全ての国を照らし全ての国を照らす

全てが照らされ、何も闇に残らない

神の国で神と

共にいる民は幸せだ

祝福された民の暮らしに海は踊り

山々は民と豊かさを楽しむ

皆尽力し

忠実に神に仕え、

反乱も抵抗ももはやないもう反乱や抵抗もない

天と地は頼りあい

神と人は親密になり

生活は蜜の如く甘い

神は正式に天での生活を始め

サタンに

煩わされず、民は安息に入る


2

全宇宙で

選民は神の栄光に住み

比類ない祝福を受ける

(人との)人との生活でなく

神と共に住む(共に住む)。

サタンの堕落と

人生の甘苦を味わった

光の中、喜べない者はいるか?

この美しい時を逃せようか?

神に歌い踊れ

心を捧げよ

太鼓を打ち、奏でよ

神は全宇宙を喜びで満たし

人に栄光の顔を示す

神は轟き、宇宙を超える

神は王となり!高く挙げられる!


3

民は青空を漂う神に伴ない

心底喜び、歌は雲を震わす

もはや宇宙に霧も、泥も汚水も無い

全宇宙の聖なる民の真の顔が神により露わになる

彼らは汚れに満ちておらず

ヒスイのような聖者

皆神の愛する人

神の喜び

万物は甦り

全ての聖者は天で仕え

神に温かく抱かれ、涙も憂いもない

神に献身し

故郷なる神の家に帰り、神を愛す

いつまでも変わることなく

悲しみも涙も、肉も(どこにもない)


4

地はなくなり、天が永続する

神は全ての民に現れ

万民が神を讃える

美しい(美しい)、この生活(生活)

ずっと、永遠に不変だ

神の国の(これが神の、国の生活)

生活だ(これが神の、国の生活)


『神の出現と働き』「全宇宙への神の言葉、汝ら民よ、みな喜びなさい!」(『言葉』第1巻)より編集

前へ: 2 神の国の讃歌
(Ⅱ)神が来た、神が治める

次へ: 4 讃美がシオンに到来した

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索