神の国の讃歌(Ⅲ)汝ら民よ、みな喜びなさい

神の光に人は再度光を見る

御言葉の中に良いものを見つける

神は東の方からやって来る

その栄光は輝き

全ての国を照らす

全てが照らされ、何も闇に残らない

神の国で神と共にいる民は幸せだ

祝福された民の暮らしに海は踊り

山々は民と豊かさを楽しむ

皆尽力し忠実に神に仕え

反乱も抵抗ももはやない

天と地は頼りあい

神と人は親密になり

生活は蜜の如く甘い

神は正式に天での生活を始め

サタンに煩わされず

民は安息に入る


全宇宙で選民は神の栄光に住み

比類ない祝福を受ける

人との生活でなく

神と共に住む(共に住む)

サタンの堕落と人生の甘苦を味わった

光の中、喜べない者はいるか?

この美しい時を逃せようか?

神に歌い踊れ

心を捧げよ

太鼓を打ち、奏でよ

神は全宇宙を喜びで満たし

人に栄光の顔を示す

神は轟き、宇宙を超える

神は王となり!高く挙げられる!


民は青空を漂う神に伴ない

心底喜び、歌は雲を震わす

もはや宇宙に霧も、泥も汚水も無い

聖なる民の真の顔が神により露わになる

彼らは汚れに満ちておらず

ヒスイのような聖者

皆神の愛する人

神の喜び

万物は甦り

全ての聖者は天で仕え

神に温かく抱かれ、涙も憂いもない

神に献身し

故郷なる神の家に帰り

神を愛す

いつまでも変わることなく

悲しみも涙も、肉もどこにもない


地はなくなり、天が永続する

神は全ての民に現れ

万民が神を讃える

美しい(美しい)、この生活(生活)

ずっと(ずっと)永遠に不変だ

神の国の(これが神の国の生活)

生活だ(これが神の国の生活)


『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「汝ら民よ、みな喜びなさい!」より編集

前へ: 神の国の讃歌(Ⅱ)神が来た、神が治める

次へ: 神を讃美しつつシオンに来たれ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

神を証しするには性質の変化がなければならない

神の様々な働きは人の性質を変える 変化なくして証し出来ず 神の心にも適わない 性質が変化した人は サタンと闇から解かれて 神の働きの模範となる 神の心に適う、神の証し人 神の証し人は神を認識しなければならない この証しだけが本物で サタンを恥じ入らせる 刈り込みと取扱いと…

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで…

人間に対する神の最後の要求

あなたが効力者ならば 受動的になったり行動するふりをせず 神に忠実に仕えることが出来るか? 神があなたを認めていないとしても あなたは留まって神に生涯奉仕することが出来るか? 多くの努力をしても神に冷たくされた時 神のために働き続けるのか? 神のために何かを費やしても 望みが叶え…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索