神の国の讃歌(Ⅲ)汝ら民よ、みな喜びなさい

神の光に人は再度光を見る

御言葉の中に良いものを見つける

神は東の方からやって来る

その栄光は輝き

全ての国を照らす

全てが照らされ、何も闇に残らない

神の国で神と共にいる民は幸せだ

祝福された民の暮らしに海は踊り

山々は民と豊かさを楽しむ

皆尽力し忠実に神に仕え

反乱も抵抗ももはやない

天と地は頼りあい

神と人は親密になり

生活は蜜の如く甘い

神は正式に天での生活を始め

サタンに煩わされず

民は安息に入る

全宇宙で選民は神の栄光に住み

比類ない祝福を受ける

人との生活でなく

神と共に住む(共に住む)

サタンの堕落と人生の甘苦を味わった

光の中、喜べない者はいるか?

この美しい時を逃せようか?

神に歌い踊れ

心を捧げよ

太鼓を打ち、奏でよ

神は全宇宙を喜びで満たし

人に栄光の顔を示す

神は轟き、宇宙を超える

神は王となり!高く挙げられる!

民は青空を漂う神に伴ない

心底喜び、歌は雲を震わす

もはや宇宙に霧も、泥も汚水も無い

聖なる民の真の顔が神により露わになる

彼らは汚れに満ちておらず

ヒスイのような聖者

皆神の愛する人

神の喜び

万物は甦り

全ての聖者は天で仕え

神に温かく抱かれ、涙も憂いもない

神に献身し

故郷なる神の家に帰り

神を愛す

いつまでも変わることなく

悲しみも涙も、肉もどこにもない

地はなくなり、天が永続する

神は全ての民に現れ

万民が神を讃える

美しい(美しい)、この生活(生活)

ずっと(ずっと)永遠に不変だ

神の国の(これが神の国の生活)

生活だ(これが神の国の生活)

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「汝ら民よ、みな喜びなさい!」より編集

前へ: 神の国の讃歌(Ⅱ)神が来た、神が治める

次へ: 神を讃美しつつシオンに来たれ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索