神の義の性質は特有である


神は特有の 方法と原則で 神の義の性質を 表現する

どんな人々も・・どんな出来事や物も・・ 

神がそれらに支配される 事は決してない

神の考えや 思いを変える事は出来ない

違う道を試すように 説得する事も出来ない

これこそが 他にはない 創造主の義の性質の本質である


神はその義の 性質によって全ての

創造物の行いや 思いを裁く

それに基づいて 神は怒りを注ぎ

また時には憐れみを 与えてくれる

神の憐れみや 怒りを変える事は出来ない

神の本質だけが この道を決める事が出来る

これこそが 他にはない 創造主の義の性質の本質である


神の義の性質は 神聖で他にはなく

冒瀆し疑う事は 誰にも出来ない

創られたものも・・創られなかったものも・・

それらを所有することは 誰にも出来ない

神の怒りは聖く 侵害される事は決してない

神の憐れみもまた 同じ性質を持っている

これこそが 他にはない 創造主の義の性質の本質である


創られたものも・・創られなかったものも・・  

神の代わりに行うことは 誰にも出来ない

神がしたように ソドムを滅ぼす事は出来ない

そして神がしたように ニネべを救う事も出来ない

これこそが 他にはない 創造主の義の性質の本質である

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 2」より編集

前へ: 神の怒りの象徴的な意味

次へ: 神自身の本性と位置

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮つ…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは あ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索