神の権威と力は誰にも測り知ることができない

ひとたび神の言葉が発せられると

神の権威は采配を振るう

そして神の約束したことが一つひとつ実現してゆく

周りの全てのものに変化が起き始める

これらは創造主の手による奇跡である

それは春が来るときのよう

草は緑に変わり、花咲き

芽は出て、鳥は歌い、人々が田園を満たす

神の権威と力は

時間にも、場所、人間、物にも

何によっても拘束されない

神の権威と力は想像することもできない

推し量ることも、理解し尽くすことも不可能

神がその約束を成就する時

天と地の全てのものは

神の思いによって新たにされ変えられる

神が約束を与える時

その成就のために全てのものが仕える

全ての創造物は神の支配のもとに指揮され

一人ひとりが自分の役割を果たし

それぞれが自分の機能で仕える

これが神の権威を明らかにする

それは春が来るときのよう

草は緑に変わり、花咲き

芽は出て、鳥は歌い、人々が田園を満たす

神の権威と力は

時間にも、場所、人間、物にも

何によっても拘束されない

神の権威と力は想像することもできない

推し量ることも、理解し尽くすことも不可能

それぞれの権威の現れは

全ての人間と物に明らかにされ

神の話した言葉の完全なる証しである

あらゆるものが神の権威によって成し遂げられ

比類なく美しく、非の打ち所がない

それは春が来るときのよう

草は緑に変わり、花咲き

芽は出て、鳥は歌い、人々が田園を満たす

神の権威と力は

時間にも、場所、人間、物にも

何によっても拘束されない

神の権威と力は想像することもできない

推し量ることも、理解し尽くすことも不可能

神の思い、神の言葉、神の業と権威

これら全ては美しく、比類のない一つの絵を作る

全ての創られたものにとって

人間の言葉では

その価値と意義は説明することはできない

神の権威と力は

時間にも、場所、人間、物にも

何によっても拘束されない

神の権威と力は想像することもできない

推し量ることも、理解し尽くすことも不可能

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 1」より編集

前へ: 万物は神の言葉ゆえに存在する

次へ: 万物は創り主の権威の顕れ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索