宇宙における神の業の動き

地の人々は天使のように神に伏し、従い

神に逆らおうとはしない

これが全宇宙の神の御業


神が幾年も人といたことに気づいた者はいない

神を知るに至っていない

今、御言葉は言う、神はここだと

神は人を御前に招く

賜物を受けるように

しかし人は神から離れ

誰も神のことを知らない


宇宙を神が駆け巡る時

人々は反省する

神の前でひざまずき

神を礼拝する

これは神の栄光の日

再来と出発の日

これは神の栄光の日

再来と出発の日


人の間で業は始まり

全宇宙のいたるところで始まった

最後の計画に注目しない者は罰せられる

神が冷たいからではなく

計画の段階に過ぎない

みな神の計画の段階

誰にも変えられない事実だ

地の人々は天使のように神に伏し、従い

神に逆らおうとはしない

これが全宇宙の神の御業


神が業を始めた時

人々は皆、神を追い

宇宙は神と勤しみ、歓喜し

人は神に率いられる

赤い大きな竜は狂い

望みを追うこともできず

自分の意に反して神により従わされる


この竜は神の引き立て役

神の敵、また僕だ

業を果たすため

神は竜のねぐらで受肉し

竜を意のままにする

つまり竜を征服して

神の計画を成し遂げる

神の心を喜ばせるため

天使たちは神と共に戦う

最終段階で神を喜ばせるため

これは神の栄光の日

再来と出発の日

これは神の栄光の日

再来と出発の日

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十九章」より編集

前へ: 宇宙における神の業の動き

次へ: 神自身がこの世界に来るとき

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

神への信仰の本当の意味

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神…

神と親しい者だけが神に仕えるに値する

神に仕える者は 神と親しく 神に仕える者は 神から愛され 神に忠実でなければならない あなたが人の前であるいは陰で 行動したとしても 神の喜びを得て 神の前に立つことができるだろう 他人があなたをどのように扱おうと あなたは自分の道を歩み 神の重荷を思いやるだろう これこそが…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索