真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

宇宙における神の御業の動き

1

地上の人々は神に伏し、天使の如く従順になり、神に逆らったり反抗する意志は全くない。これが世界に遍く神の業である。神は幾年も、人間と共にいたが人は誰もそのことに気づかず。誰も神を知るに至っていない。今、神の言葉は神がここにいることを告げている。神から賜物を受けることが出来るように、神は人々が神の前に来るよう求める。しかし人は依然として神から離れている。誰も神を知らないのはあたりまえだ。

2

神が全宇宙を駆け巡る時、人は深く反省し始める。人々は神の前に来て、ひざまずき、神を礼拝する。これは神の栄光の日、神の再来と出発の日である。

あぁ!これは神の栄光の日、神の再来と出発の日である。

3

神は人の間で業を始めた。世界の到る処で最後の計画を始めた。それに注意を払わない者は誰もが必ず厳しい罰を受ける。これは神の心が冷たいためではない。それは神の計画の段階に過ぎない。その後全ての事が続いて起きるはずだ。これは誰にも変えることのできない事実である。地上の人々は神に伏し、天使の如く従順になり、神に逆らったり反抗する意志は全くない。これが世界に遍く神の業である。

4

神が正式にその業を始めた時、全ての人々は神の後を追う。宇宙の人々は神と共にいそしむ。全宇宙は歓喜し、人々は神に率いられる。赤い大きな竜は錯乱し、自分の意志に反して神に仕える。竜は自分の望みを追うことは出来ず、神の指揮に従わざるを得ない。

5

この竜は神の引き立て役、神の計画の引き立て役であって、神の敵であり、また僕である。神はその業の最終段階を完成させるために竜のねぐらの中で受肉する。そして竜は神の意のままに役立てられる。それは神の計画を終わらせ、竜を征服するためなのだ。天使たちは最終段階で神の心を喜ばせるために神と共に戦う。最終段階で神の心を喜ばせるために。地上の人々は神に伏し、天使の如く従順になり、神に逆らったり反抗する意志は全くない。これが世界に遍く神の業である。

前へ:祈りの重要性

次へ:真に具現化された創造主の権威

他のお気に入り