宇宙における神の業の動き

地の人々は天使のように神に伏し、従い

神に逆らおうとはしない

これが全宇宙の神の御業

神が幾年も人といたことに気づいた者はいない

神を知るに至っていない

今、御言葉は言う、神はここだと

神は人を御前に招く

賜物を受けるように

しかし人は神から離れ

誰も神のことを知らない

宇宙を神が駆け巡る時

人々は反省する

神の前でひざまずき

神を礼拝する

これは神の栄光の日

再来と出発の日

これは神の栄光の日

再来と出発の日

人の間で業は始まり

全宇宙のいたるところで始まった

最後の計画に注目しない者は罰せられる

神が冷たいからではなく

計画の段階に過ぎない

みな神の計画の段階

誰にも変えられない事実だ

地の人々は天使のように神に伏し、従い

神に逆らおうとはしない

これが全宇宙の神の御業

神が業を始めた時

人々は皆、神を追い

宇宙は神と勤しみ、歓喜し

人は神に率いられる

赤い大きな竜は狂い

望みを追うこともできず

自分の意に反して神により従わされる

この竜は神の引き立て役

神の敵、また僕だ

業を果たすため

神は竜のねぐらで受肉し

竜を意のままにする

つまり竜を征服して

神の計画を成し遂げる

神の心を喜ばせるため

天使たちは神と共に戦う

最終段階で神を喜ばせるため

これは神の栄光の日

再来と出発の日

これは神の栄光の日

再来と出発の日

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十九章」より編集

前へ: 宇宙における神の業の動き

次へ: 神自身がこの世界に来るとき

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索