終わりの日のキリストは神の国の時代をもたらした

イエスが人の世に来て

律法の時代は終わり

恵みの時代がもたらされた

神が終わりの日に再び肉となって

恵みの時代は終わり

神の国の時代が来た

サタンの堕落した影響から人を救うには

イエスが罪の生贄となるだけでなく

サタンに汚された人の性質を取り除くという

神のより偉大な業が必要だ

神の二度目の受肉を受け入れる者は皆

神の国の時代に招かれ

神に導かれる

イエスは人の中で働き人類を贖い

自ら人の罪の犠牲となったが

人の性質はまだ堕落している

神は人の罪を赦した後

新しい時代へ導くため肉体に戻った

それは刑罰と裁きの時代であり

人をさらに高い領域へ引き上げる

神の支配に従う者は皆

より高い真理とさらに大きな祝福を刈り取るだろう

ああ、彼らは光の中で生きて

そして道と真理といのちを得ることだろう!

神の二度目の受肉を受け入れる者は皆

神の国の時代に招かれ

神に導かれる

イエスは人の中で働き人類を贖い

自ら人の罪の犠牲となったが

人の性質はまだ堕落している

『言葉は肉において現れる』の「序文」より編集

前へ: 神は全ての国々の民を征服する

次へ: 終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索