真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

終わりの日のキリストは神の国の時代をもたらした

I

イエスが人の世に来た時、律法の時代が終わり、恵みの時代がもたらされた。神は終わりの日にもう一度肉となった。そして、恵みの時代が終わり、神の国の時代がもたらされた。神の2度目の受肉を受け入れる者は皆神の国の時代に招き入れられ、神の導きを受けるだろう。イエスは人類を贖うために人の中で働いた。そして、人の罪の犠牲として自らを捧げた。それにもかかわらず、人の堕落した性質は存続している。

II

サタンの堕落した影響から人を救うためには、イエスが罪のいけにえとなるだけでは十分ではない。サタンに汚された人の性質を取り除くというさらに偉大な業を神がなさねばならない。神の2度目の受肉を受け入れる者は皆神の国の時代に招き入れられ、神の導きを受けるだろう。イエスは人類を贖うために人の中で働いた。そして、人の罪の犠牲として自らを捧げた。それにもかかわらず、人の堕落した性質は存続している。

III

人の罪を赦した後、新しい時代に人を導くために神は肉の体に戻った。それは、懲らしめと裁きの時代であり、人をさらに高い領域へと引き上げる。神の2度目の受肉を受け入れる者は皆神の国の時代に招き入れられ、神の導きを受けるだろう。イエスは人類を贖うために人の中で働いた。そして、人の罪の犠牲として自らを捧げた。それにもかかわらず、人の堕落した性質は存続している。

IV

神の支配に従う者は皆、より高い真理とさらに大きな祝福を刈り取るだろう。ああ、彼らは光の中で生きるのだ!そして道と真理といのちを得るだろう!神の2度目の受肉を受け入れる者は皆神の国の時代に招き入れられ、神の導きを受けるだろう。イエスは人類を贖うために人の中で働いた。そして、人の罪の犠牲として自らを捧げた。それにもかかわらず、人の堕落した性質は存続している。