真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

神の怒りの象徴的な意味

神の威厳と聖さが試され、。正しい力が人知れず妨げられる時。それは神の怒りが注がれる時である。それは神の怒りが注がれる時である。神の本質ゆえに、。神に挑みかかり逆らう地上の全ての勢力は悪であり不義である。それら全てはサタンから発しサタンに属す。神は義であり、光であり、聖であるから、。サタンに属す全ての邪悪で堕落したものは、ここから消え失せるであろう。それは神の怒りが注がれる時に起こるであろう。それは神の怒りが注がれる時に起こるであろう。神の怒りが注がれる時、全ての悪の勢力は阻止されるであろう。神の怒りが注がれる時、人を害す全ての罪は止むであろう。全ての敵の勢力は知られ、切り離され、呪われるであろう。神の怒りが注がれる時、サタンの使いたちは罰せられ、根こそぎにされるであろう。

そして神の業は何にも妨げられることなく前進する。神の営みの計画は予定通り一歩ずつ発展する。神の怒りが注がれた後そうなる。神の選びの民はサタンの妨げと欺きから自由になる。神に従う者たちは平和の地で神の満たしを楽しむ。神の怒りが注がれた後そうなる。神の怒りが注がれた後そうなる。。神の怒りは防御である。悪の勢力が増し、はびこるのを防いでいる。神の怒りは防御である。全ての正しい肯定的なものの存在を守っている。神の怒りは防御であり正しく肯定的なものが迫害され、。破壊されないよう守っている。

前へ:神の現実性と麗しさ

次へ:神の二つの受肉の意義

他のお気に入り