神の怒りの象徴的な意味


神が怒りを示していることは、あらゆる邪悪な力が滅びること、あらゆる敵対勢力が破壊されるということを象徴するものである。これが神の義なる性質と、神の怒りの独自性である。神の威厳と聖さが試された時、正義の力が阻害され、人間に見えなかった場合、神は、怒りを伝える。神の本質に基づけば、神と争い、神に敵対し、敵対する地上の様々な力は、すべて邪悪であり、腐敗した不当なものであり、すべてサタンに由来し、サタンに属する。神は正義であり、光であり、完璧に聖であるので、邪悪で腐敗した、サタンに属する物事は、神の怒りが発せられると消滅する。


神が怒りを示す時は、邪悪な力は全て阻止され、人間を傷つける全ての罪が阻止され、神の業を阻害する敵意のある力が明らかにされ、取り上げられて呪われ、神に反逆するサタンの僕は罰せられて根絶される。その者たちがいなくなった後、神の業は何ものにも阻害されることなく進められ、神の経営(救いの)計画は、予定通り一歩ずつ着実に実行され、神の選民はサタンの妨害や策略の対象となることなく、神に付き従う者は、静寂と平和の中で神の導きと施しを楽しむ。神の怒りは、あらゆる邪悪の力の増大と横行を阻止する防衛手段であり、また正義で肯定的な物事全ての存在を守り、広め、それを抑圧や破壊から永久に保護する防衛手段である。

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 2」より編集

前へ: 神の性質の象徴

次へ: 神の義の性質は特有である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

サタンによって堕落させられた人間の実状

長年に渡り 人が生きるための思想は 人の心を堕落させてきた 人をずるく、卑怯で、卑しい存在にした 人は意志も決意もなく 貪欲で、傲慢で、わがままだ あまりに弱くて 自らを超え 暗闇の勢力の束縛を打ち砕く勇気がない 人の思いと生活は腐敗している 神への信仰についての人の見解は …

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、命…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索