神の二つの受肉の意義

律法の時代が終わり

神は恵みの時代に救いの業を始めた

最初の受肉はイエス・キリストの体を通して

人を罪から贖った

彼は人を十字架から救った

人のサタンに似た性質はなかなか消えない

終わりの日 人を清めるため神は裁く

それが成し遂げられて初めて

神は救いの業を終え 安息の中に入る


神は人の間に住み 苦難を味わい

神の言葉を人に授ける

人が触れられるのは神の受肉した体だけ

人は彼から救いを受け

全ての言葉と真理を悟る

第二の受肉は人を清めるのに十分で

全ての業と受肉の意味を完結する

肉による神の業は今終わる

神はもう受肉しない

神はもう受肉しない

受肉後 肉による神の業と救いは終わる

何故なら

神は人を分け 選びの民を得るから

第二の受肉は赦されし者を救う

彼らの性質は変わり 潔くなるだろう

サタンから解放され

神の王座に戻るだろう

これこそ完全に聖なるものとされる道


『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より編集

前へ: 神の二度の受肉は人類の救いのため

次へ: 受肉の意義は終わりの日の受肉が全うする

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

神への信仰の本当の意味

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索