神の二つの受肉の意義

律法の時代が終わり

神は恵みの時代に救いの業を始めた

最初の受肉はイエス・キリストの体を通して

人を罪から贖った

彼は人を十字架から救った

人のサタンに似た性質はなかなか消えない

終わりの日 人を清めるため神は裁く

それが成し遂げられて初めて

神は救いの業を終え 安息の中に入る

神は人の間に住み 苦難を味わい

神の言葉を人に授ける

人が触れられるのは神の受肉した体だけ

人は彼から救いを受け

全ての言葉と真理を悟る

第二の受肉は人を清めるのに十分で

全ての業と受肉の意味を完結する

肉による神の業は今終わる

神はもう受肉しない

神はもう受肉しない

受肉後 肉による神の業と救いは終わる

何故なら

神は人を分け 選びの民を得るから

第二の受肉は赦されし者を救う

彼らの性質は変わり 潔くなるだろう

サタンから解放され

神の王座に戻るだろう

これこそ完全に聖なるものとされる道

『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より編集

前へ: 神の二度の受肉は人類の救いのため

次へ: 受肉の意義は終わりの日の受肉が全うする

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索