受肉した神は人類にとってとても重要である

肉となった神は人にはできない業を為せる

何故なら彼の内なる本質が人のものとは違うから

肉となった神は人を救うことができる

何故なら彼の身分は人のものとは違うからである


受肉の神は人と同じだが

神の霊ができない業を為すことができるので

どんな人よりも重要である

神自身について霊よりもさらなる証しができ

霊よりも完全に人間を得ることができる

それ故 この肉は平凡でも

人類への貢献と人の存在意義のため

この肉は極めて貴く

真の価値と意味は

誰にも量ることができない

人類にとってこの肉はとても重要である

何故なら彼は人であり

とりわけ彼は神だからである

人ができない業を為し

共に地上に住む堕落した人間たちを

救うことができるからである


この肉は直接サタンを滅ぼすことはできないが

彼の業はサタンを負かし

人を征服することができる

そしてサタンを完全に彼の支配に服させ

この肉を通して神はサタンを負かし人を救う

神は直接サタンを滅ぼさないが

業を為すため肉となり

堕落した人を征服する

だから神は被造物の間で自らをよりよく証しし

墜落した人を救える

受肉した神がサタンを負かすことは

神の霊が直接サタンを滅ぼすより

偉大な証しで説得力がある

彼は人が創造主を知る手助けができ

被造物の間でより神自身を証しすることができる


『言葉は肉において現れる』の「堕落した人間は受肉した神による救いをより必要としている」より編集

前へ: 世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

次へ: 全能神だけが人を救うことができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

サタンによって堕落させられた人間の実状

長年に渡り 人が生きるための思想は 人の心を堕落させてきた 人をずるく、卑怯で、卑しい存在にした 人は意志も決意もなく 貪欲で、傲慢で、わがままだ あまりに弱くて 自らを超え 暗闇の勢力の束縛を打ち砕く勇気がない 人の思いと生活は腐敗している 神への信仰についての人の見解は …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索