神は人の将来を嘆き悲しむ


数多く変転してきたこの広い世界で

歴史が始まるずっと前から

人を導く者は誰もいなかった

全てを支配する神以外は

人の必要を満たすため

苦労し備える君主はいない

不正から解き放つ者はなかった

神は人の将来を嘆き

堕落し引き返せない人のため

どれだけ悲しむことか

人は神に背きその心を引き裂き

喜んでサタンの悪の道を行く

立ち止まり人類の行く末を見極める者はいない


立ち止まり神の怒りを感じるのは誰か

そばに来て喜ばせるのは誰か

その悲しみと痛みが解かる者はどこか

神の呼ぶ声を聞いても

恵・真理・見守りから

それた道を人は歩み続ける

彼らは進んでサタンに身を売る

彼らは進んでサタンに身を売る


反抗的で神を退ける者に

神はどう対処するのだろうか

神の呼びかけと警告の後には

恐ろしく耐えがたい災いが来るだろう

それは人の肉体と魂を罰する

神の計画を無にし声を無視する時

どんな怒りが蓄えられているか誰も知らない

初めて経験した怒り これは類なき災いである

最初であり最後である

神はたった一度の創世と救いを計画した

心で感じる者は誰もいない 人を救う神の丹念な愛と情熱を

神は人類の将来を嘆き、人類の転落を悲しむ

『言葉は肉において現れる』の「神は人間のいのちの源である」より編集

前へ: 人を救おうとする神の切実な願いを知る者はいない

次へ: 全能者がため息をつくのを聞いたことがあるか?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索