神の言葉の現実の中に入るには

神に自分の全てを捧げる者は

神の前に全てをさらけ出し

神の言葉に心から従い

それを実行に移せる

もしあなたが神の意志に沿い

肉体を投げ捨て

神の意志を満足させるため働けば

神の言葉の現実の中に入るだろう

神の言葉を生存の礎石とし

実践すべきことを探し求める

このような人は本当の意味で

神の前に生きている人

もしあなたが神の意志に沿い

肉体を投げ捨て

神の意志を満足させるため働けば

神の言葉の現実の中に入るだろう

もしあなたが自分の命のために行動し

神の意志を満足させ

言葉を飲み食べるなら

必要は満たされ欠けたものを得る

変えられなさい

そうすれば神の意志を満足させるだろう

もしあなたが神の意志に沿い

肉体を投げ捨て

神の意志を満足させるため働けば

神の言葉の現実の中に入るだろう

『言葉は肉において現れる』の「神の実際性に絶対的に服従できる者は真に神を愛する者である」より

前へ: 神の言葉なくしていのちの追求はできない

次へ: あなたの状態について神の言葉を読みなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索