神の民が成熟するにつれ赤い大きな竜は崩壊する

人々が皆完全にされ

全ての地の国々がキリストの王国となる時

七つの雷が轟く

今がまさにその段階への大きな一歩であり

今こそ来たるべき日に向かって歩き出す時だ

これが神の計画であり 近い将来実現される

それは近い将来実現される

神の計画を確かに 成功させるために

天使たちが地上に舞い降り

受肉した神自身は 敵と戦うために戦場についた

神は言ったこと全てを すでに成し遂げたので

地の国々は明らかに 砂上の楼閣に過ぎず

押し寄せる高潮に揺らいでいる

終わりの日は迫り

赤い大きな竜は神の言葉の下に倒れる

受肉の神が現れるところはどこでも 敵は滅ぼされる

まず初めに神の手によって 中国が廃墟となる

赤い大きな竜が崩壊しつつある証拠は人の成熟に見られる

これが敵の滅ぶしるしであり

戦うこと・・戦うことの意味である

全人類が肉において神を知り

全人類が神の業を見る時

赤い大きな竜の住みかは灰となり

跡形もなく消え去る

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉の奥義の解釈」の「第十章」より編集

前へ: 終わりの日における神の働きの目的

次へ: 神は中国で勝利者の一団を完成させた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索