神の賞賛を得るために聖霊の新しい働きに従いなさい

聖霊の業に従うとは

今日の神の意志を理解すること

要求に沿って行動し

今日の神に従うこと

神が今望むことに従い

神の新たな言葉により真の道に入ること

そのような人々が聖霊の業に従う

彼らは聖霊の流れの中

神を見て賞賛を得る

彼らは神の性質

人の観念や不従順さ 性質や本性を知り

彼らの性質は神に仕える過程で変化する

このような人々だけが神を得ることができる

このような人々だけが

唯一の真の道を見出した者たち

神の最新の業の認識を得るのは容易ではないが

もし意図的に神の業に従い、探し求めるなら

神を見るチャンスと聖霊の新たな導きを得て

彼らの性質は神に仕える過程で変化する

このような人々だけが神を得ることができる

このような人々だけが

唯一の真の道を見出した者たち

神の業に敢えて逆らうものは

聖霊の啓示や神の導きを受けられない

神の最新の業を受けることができるかどうかは

神の恵みと彼らの追求と意図次第である

『言葉は肉において現れる』の「神の最新の働きを知り、神の歩みに従え」より編集

前へ: 神の新しい業を受け入れる者は祝福される

次へ: 最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索