神の前に静まることの実践

誰かと話したり歩いている時

「私の心は神に近づき

外側に気をひかれていない」と言うなら

神の前に静まっているということだ

心を外に引き付けること

神から引き離そうとする人と接してはならない

あなたが神でないものを追い求めるなら

完全な人間になれるチャンスはない

今日 神の言葉を聞くことができても

神の前に静まれないなら

それは真理と神を愛さない人々である


今 自らを捧げないなら

あなたはいつ全てを捧げるのか?

神に近付くことからあなたの気をそらすものは

何であっても捨てなさい

それを捨て去り遠ざけることは

あなたの命・・命にとって良いことなのである

聖霊は大いなる働きをし

今 神自身が人々を完全にする

神の前に静まれないなら

あなたはまだ神の玉座に戻っていないのだ


神の前で心を静めること

それは真の捧げものである

真に自分の心を捧げる者は

神によって完全にされるだろう

どう取り扱われ刈り込まれても

挫折や失敗に直面しても

あなたの心は常に乱れることなく

神の前に静まっているべきである

人々があなたをどう扱っても

迫害や試練に遭っても

全ての状況で神の前に心を静めなさい

これが完全に・・完全にされるための道である


『言葉は肉において現れる』の「神の前で心を静めることについて」より編集

前へ: 聖霊の働きを持つために祈りの中であなたの心にあることを話しなさい

次へ: 神の前で心を静めることの効果

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

失われた時は二度と戻ってこない

目覚めよ!兄弟姉妹たち! 神の日は遅れることがない 時は命、時をとらえることは命を救い その時は近い 試験なら、落ちたとしても 学び直し、再挑戦できるが 神の日は決して遅れないことを あなたは知らなければならない 覚えておくように 神のこれらの良い言葉は あなたを促すために…

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索