神の前に静まることの実践

誰かと話したり歩いている時

「私の心は神に近づき

外側に気をひかれていない」と言うなら

神の前に静まっているということだ

心を外に引き付けること

神から引き離そうとする人と接してはならない

あなたが神でないものを追い求めるなら

完全な人間になれるチャンスはない

今日 神の言葉を聞くことができても

神の前に静まれないなら

それは真理と神を愛さない人々である

今 自らを捧げないなら

あなたはいつ全てを捧げるのか?

神に近付くことからあなたの気をそらすものは

何であっても捨てなさい

それを捨て去り遠ざけることは

あなたの命・・命にとって良いことなのである

聖霊は大いなる働きをし

今 神自身が人々を完全にする

神の前に静まれないなら

あなたはまだ神の玉座に戻っていないのだ

神の前で心を静めること

それは真の捧げものである

真に自分の心を捧げる者は

神によって完全にされるだろう

どう取り扱われ刈り込まれても

挫折や失敗に直面しても

あなたの心は常に乱れることなく

神の前に静まっているべきである

人々があなたをどう扱っても

迫害や試練に遭っても

全ての状況で神の前に心を静めなさい

これが完全に・・完全にされるための道である

『言葉は肉において現れる』の「神の前で心を静めることについて」より編集

前へ: 神の前で心を静める方法

次へ: 神の前で心を静めることの効果

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索