神の前に静まることの実践

誰かと話したり歩いている時

「私の心は神に近づき

外側に気をひかれていない」と言うなら

神の前に静まっているということだ

心を外に引き付けること

神から引き離そうとする人と接してはならない

あなたが神でないものを追い求めるなら

完全な人間になれるチャンスはない

今日 神の言葉を聞くことができても

神の前に静まれないなら

それは真理と神を愛さない人々である


今 自らを捧げないなら

あなたはいつ全てを捧げるのか?

神に近付くことからあなたの気をそらすものは

何であっても捨てなさい

それを捨て去り遠ざけることは

あなたの命・・命にとって良いことなのである

聖霊は大いなる働きをし

今 神自身が人々を完全にする

神の前に静まれないなら

あなたはまだ神の玉座に戻っていないのだ


神の前で心を静めること

それは真の捧げものである

真に自分の心を捧げる者は

神によって完全にされるだろう

どう取り扱われ刈り込まれても

挫折や失敗に直面しても

あなたの心は常に乱れることなく

神の前に静まっているべきである

人々があなたをどう扱っても

迫害や試練に遭っても

全ての状況で神の前に心を静めなさい

これが完全に・・完全にされるための道である


『言葉は肉において現れる』の「神の前で心を静めることについて」より編集

前へ: 神の前で心を静める方法

次へ: 神の前で心を静めることの効果

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

裁きを避けることの結果

裁きと真理が何であるか あなたは解かりますか? もし解かっているのなら 神は裁きに従うよう勧める そうしなければ神から称賛され 神の国に入る機会を失うだろう 忠誠を誓いながら裏切る者を 神は容赦しない 霊と魂・肉体において罰するだろう これは神の義の現れ 人を裁き露わにする…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

あなたは信仰ゆえにとても多くのものを得た

裁きの過程の中 神の創造の行く末と 創造主は愛されるべきことを知る 征服の働きにおいて 人生を完全に理解して あなたは神の腕を見る この征服において あなたは「人間」の真の意味を知り 人生の正しい道を得る 神の義の性質美しい栄光を見て 人の起源全てを学び 「不朽の歴史」を知…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索