真の祈りに入るには

祈りの時 あなたは神の前で安らぎ

誠実でなければならない

そして真に心を通わせなさい

響き良い言葉で神を騙してはならない

そうすれば心は神の前で静まる

あなたのため決められた環境で

自らを知り 憎み 己を捨てるだろう

そしてあなたは神と正常な関係を持ち

真に神を愛する人となる

祈りは神が成就することを中心とする

より大きな啓示を求めなさい

状態・悩みを神の前に持って来て

神の前であなたの決意を告げなさい

そうすれば心は神の前で静まる

あなたのため決められた環境で

自らを知り 憎み 己を捨てるだろう

そしてあなたは神と正常な関係を持ち

真に神を愛する人となる

祈りは手順に従うことではなく

あなたの真心で神を求めること

あなたの心を守ってくれるよう神に祈りなさい

そうすれば心は神の前で静まる

あなたのため決められた環境で

自らを知り 憎み 己を捨てるだろう

そしてあなたは神と正常な関係を持ち

真に神を愛する人となる

『言葉は肉において現れる』の「祈りの実践について」より編集

前へ: 祈りの意義

次へ: 真の祈りの効果

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索