165 誰も神の到来に気づいていない

1

誰も神の到来に気づかず

誰も歓迎しない

まして神の為そうとする

全てのことを知らない

そう、誰も知らない

人の生活は変わらず

同じ心で日常を過ごす

神は平凡な人のように

最もささいな信徒、ありふれた信者として

私たちの間に住む

彼には自分の追求と目標がある

そして人にはない神性がある

誰もその神性の存在に気が付かず

また、誰も神と人の本質の違いに気が付いていない

2

私達は神と共に生きる

拘束も恐れもなく

それは私たちが彼を

ささいな信者に過ぎないと見なしているから

彼は私たちの動きの一つ一つを見守り

私たちの思いと考えの全てが

彼の前であらわになる

彼の前であらわになる

誰も神の存在に興味を持たず

彼の役割を想像もせず

まして何者なのかと疑いもせず

私たちは神と関係ないかのように

自分の追求を続ける

『言葉は肉において現れる』の「神の裁きと刑罰に神の出現を見る」より編集

前へ: 164 終わりの日の神の受肉の背後にある目的

次へ: 166 二千年に及ぶ切望

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索