誰も神の到来に気づいていない

誰も神の到来に気づかず

誰も歓迎しない

まして神の為そうとする

全てのことを知らない

そう、誰も知らない

人の生活は変わらず

同じ心で日常を過ごす

神は平凡な人のように

最もささいな信徒、ありふれた信者として

私たちの間に住む

彼には自分の追求と目標がある

そして人にはない神性がある

誰もその神性の存在に気が付かず

また、誰も神と人の本質の違いに気が付いていない

私達は神と共に生きる

拘束も恐れもなく

それは私たちが彼を

ささいな信者に過ぎないと見なしているから

彼は私たちの動きの一つ一つを見守り

私たちの思いと考えの全てが

彼の前であらわになる

彼の前であらわになる

誰も神の存在に興味を持たず

彼の役割を想像もせず

まして何者なのかと疑いもせず

私たちは神と関係ないかのように

自分の追求を続ける

『言葉は肉において現れる』の「神の裁きと刑罰に神の出現を見る」より編集

前へ: 終わりの日の神の受肉の背後にある目的

次へ: 二千年に及ぶ切望

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索