誰も神の到来に気づいていない


誰も神の到来に気づかず

誰も歓迎しない

まして神の為そうとする

全てのことを知らない

そう、誰も知らない

人の生活は変わらず

同じ心で日常を過ごす

神は平凡な人のように

最もささいな信徒、ありふれた信者として

私たちの間に住む

彼には自分の追求と目標がある

そして人にはない神性がある

誰もその神性の存在に気が付かず

また、誰も神と人の本質の違いに気が付いていない


私達は神と共に生きる

拘束も恐れもなく

それは私たちが彼を

ささいな信者に過ぎないと見なしているから

彼は私たちの動きの一つ一つを見守り

私たちの思いと考えの全てが

彼の前であらわになる

彼の前であらわになる

誰も神の存在に興味を持たず

彼の役割を想像もせず

まして何者なのかと疑いもせず

私たちは神と関係ないかのように

自分の追求を続ける

『言葉は肉において現れる』の「神の裁きと刑罰に神の出現を見る」より編集

前へ: 終わりの日のキリストを否定することは聖霊を冒涜する

次へ: 神は人類が生き続けるのを願っている

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよう…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索