誰も神の到来に気づいていない


誰も神の到来に気づかず

誰も歓迎しない

まして神の為そうとする

全てのことを知らない

そう、誰も知らない

人の生活は変わらず

同じ心で日常を過ごす

神は平凡な人のように

最もささいな信徒、ありふれた信者として

私たちの間に住む

彼には自分の追求と目標がある

そして人にはない神性がある

誰もその神性の存在に気が付かず

また、誰も神と人の本質の違いに気が付いていない


私達は神と共に生きる

拘束も恐れもなく

それは私たちが彼を

ささいな信者に過ぎないと見なしているから

彼は私たちの動きの一つ一つを見守り

私たちの思いと考えの全てが

彼の前であらわになる

彼の前であらわになる

誰も神の存在に興味を持たず

彼の役割を想像もせず

まして何者なのかと疑いもせず

私たちは神と関係ないかのように

自分の追求を続ける

『言葉は肉において現れる』の「神の裁きと刑罰に神の出現を見る」より編集

前へ: 終わりの日の神の受肉の背後にある目的

次へ: 二千年に及ぶ切望

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

最も有意義な人生

被造物として神を礼拝し あなたは最も有意義な人生を追い求めねばならない あなた方は正しい道を追い求め 進歩を求め 赤い大きな竜の国で立ち上がる 神が義と呼ぶ人々 それこそが最も有意義な人生ではないか 人として神のために費やし あなたはあらゆる苦難の人生を耐えなければなら…

神の言葉を大切にする者は祝福される

喜んで神の見守りを受け入れる者は 神への認識を追求する人である 彼らは喜んで神の言葉を受け入れ 神からの授かり物と祝福を得るだろう 彼らは最も祝福された者である 神は神のため場所を持たない者を呪い 罰を与え 見捨てる 神の言葉追求して大切にする者の中で神は働く あな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索