神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり

それは3つの段階に分かれている

律法の時代

次に恵みの時代

そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている

それぞれの段階で神の業は違うが

全ては人類に必要であり

神と戦う サタンの企みに対処するもの

神の業の目的は神の知恵と全能を現し

サタンの企みを暴き打破すること

そしてサタンの支配から人を救うこと

神の知恵と全能を現し

サタンの堕落を暴き

創られたものに善悪を教えること

万物の支配者は神であると知り

サタンは人の敵であり

邪悪で堕落した者だと分かること

そうすれば人は善と悪

真理と偽り 聖さと穢れ

偉大なものと下劣なものを

区別することができる

神の業の目的は神の知恵と全能を現し

サタンの企みを暴き打破すること

そしてサタンの支配から人を救うこと

無知な人類に神を証しさせよ!

人を堕落させたのは神ではなく

神のみが全てを与え救うことができる

これは神が万物の支配者であり

サタンは神の創造物の一つで

神に歯向かうものだと知るため

神の計画が3つの段階に分かれているのは

神の創造物を証し人とし

神の意志と神が真理であることを知らせるため

神の業の目的は神の知恵と全能を現し

サタンの企みを暴き打破すること

そしてサタンの支配から人を救うこと

『言葉は肉において現れる』の「贖いの時代における働きの内幕」より編集

前へ: 神は創造物をもとの状態に回復する

次へ: 神の働きの三段階が人類をすっかり救った

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索