神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり

それは3つの段階に分かれている

律法の時代

次に恵みの時代

そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている

それぞれの段階で神の業は違うが

全ては人類に必要であり

神と戦う サタンの企みに対処するもの

神の業の目的は神の知恵と全能を現し

サタンの企みを暴き打破すること

そしてサタンの支配から人を救うこと

神の知恵と全能を現し

サタンの堕落を暴き

創られたものに善悪を教えること

万物の支配者は神であると知り

サタンは人の敵であり

邪悪で堕落した者だと分かること

そうすれば人は善と悪

真理と偽り 聖さと穢れ

偉大なものと下劣なものを

区別することができる

神の業の目的は神の知恵と全能を現し

サタンの企みを暴き打破すること

そしてサタンの支配から人を救うこと

無知な人類に神を証しさせよ!

人を堕落させたのは神ではなく

神のみが全てを与え救うことができる

これは神が万物の支配者であり

サタンは神の創造物の一つで

神に歯向かうものだと知るため

神の計画が3つの段階に分かれているのは

神の創造物を証し人とし

神の意志と神が真理であることを知らせるため

神の業の目的は神の知恵と全能を現し

サタンの企みを暴き打破すること

そしてサタンの支配から人を救うこと

『言葉は肉において現れる』の「贖いの時代における働きの内幕」より編集

前へ: 宇宙における神の業の動き

次へ: 終わりの日の裁きとは時代を終わらせる働きである

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは あ…

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索