14 神は栄光と共に世界の東に現れた

1

神は全宇宙で業を為している

東で絶えず轟く音が全ての宗派と教派を揺さぶっている

東で絶えず轟く音が全ての宗派と教派を揺さぶっている

神の声は皆を導き征服し

神の声は皆を導き征服し

彼らはこの流れに落ち 神に従う

神は昔 地で栄光を取り戻し

東からそれを再び放った

それを見たいと望まないのは誰か

熱心に神の帰りを待たず

神の再来を渇望せず

その素晴らしさを恋慕わないのは誰か

光に来ず カナンの富を見ない者は誰か

光に来ず カナンの富を見ない者は誰か

贖い主が戻って来るのを切望せず

全能の神を讃えないのは誰か

神の声は全地に広まるべきだ

選民への神の言葉は更にある

山河を震わす雷のように

神は宇宙と人類全てに語り

その言葉は皆に愛される宝となる

その言葉は皆に愛される宝となる

稲妻が東から西へ真直ぐ走る

皆神の言葉を手放したくない

それは計り知れず、喜びをもたらす

生まれたての乳飲み子のように

喜び神の到来を祝う

神の声が人を神の前に惹きつける

今後神は正式に人の間に入る

皆が神を礼拝し

栄光と言葉ゆえ

神の前で東に光る稲妻を見る

3

神は東のオリーブ山に降り立った

長く地にいる

神はもはやユダヤ人の子でなく

東の稲妻である

神は人の元を去ったが

今栄光に満たされて再び現れた

神は幾時代も前に崇められ

イスラエルに見捨てられた乳飲み子

栄光ある現代の全能神!

これこそ神の成し遂げたいこと

神の計画の終結と絶頂

業の目的は人々が玉座の前で

神の顔と業を見てその声を聞くこと

神の顔と業を見てその声を聞くこと

こうして全ての国は神を拝み認める

皆が神を信頼し神に従う!

『言葉は肉において現れる』の「七つの雷が轟く――神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言」より編集

前へ: 13 神の栄光が東から輝く

次へ: 15 神は勝利と共に戻って来た

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索