性質の変化は真の生活から切り離せられない

神を信じる中で

変わりたいと望むなら

今の生活から離れるべきではない


もし、真の生活より

理論と宗教儀式に固執するなら

あなたは現実の中に入らず

自分を知ることも、真理や神を知ることもなく

常に無知で、盲目だろう

真の生活で、自らを知り

己を見捨て、真理を実践し

全てにおいて、原則と常識を学びなさい

そうすれば次第に変化を遂げられる

次第に変化を遂げられる


神に従順でない人は真の生活に入れない

人間性を語るが、彼らは悪魔と同じ

真理を語るが、教理に頼って生きている

真の生活で真理を生きられない者は

神に拒絶される

真の生活で、自らを知り

己を見捨て、真理を実践し

全てにおいて、原則と常識を学びなさい

そうすれば次第に変化を遂げられる

次第に変化を遂げられる


自ら真理に入ることを実践し

短所や不従順や、異常な人間性を知り

欠点や無知を知れ

そうすれば、知識はあなたの真の状態と結びつく

この知識だけが本当で

あなたに現状を把握させ、変化を遂げさせる

『言葉は肉において現れる』の「教会生活と実生活についての議論」より編集

前へ: 真理を実践するには真の代価が必要である

次へ: 神のために証しすることは人の本分である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

あなたは信仰ゆえにとても多くのものを得た

裁きの過程の中 神の創造の行く末と 創造主は愛されるべきことを知る 征服の働きにおいて 人生を完全に理解して あなたは神の腕を見る この征服において あなたは「人間」の真の意味を知り 人生の正しい道を得る 神の義の性質美しい栄光を見て 人の起源全てを学び 「不朽の歴史」を知…

神は人がいくつの道を進むべきか予め定めた

神が導く道はまっすぐではない それは穴だらけの曲がった道だ 道が険しいほど 私達の愛が明らかになると神は言う こんな道を開ける者は他にない 私は他の人々のようになりたくない 彼らの道を歩きたくはない 私は献身を果たす道を選んで 最後まで歩んでいく 人がどれほど苦しみ どれほど遠く…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索