性質の変化は真の生活から切り離せられない

神を信じる中で

変わりたいと望むなら

今の生活から離れるべきではない

もし、真の生活より

理論と宗教儀式に固執するなら

あなたは現実の中に入らず

自分を知ることも、真理や神を知ることもなく

常に無知で、盲目だろう

真の生活で、自らを知り

己を見捨て、真理を実践し

全てにおいて、原則と常識を学びなさい

そうすれば次第に変化を遂げられる

次第に変化を遂げられる

神に従順でない人は真の生活に入れない

人間性を語るが、彼らは悪魔と同じ

真理を語るが、教理に頼って生きている

真の生活で真理を生きられない者は

神に拒絶される

真の生活で、自らを知り

己を見捨て、真理を実践し

全てにおいて、原則と常識を学びなさい

そうすれば次第に変化を遂げられる

次第に変化を遂げられる

自ら真理に入ることを実践し

短所や不従順や、異常な人間性を知り

欠点や無知を知れ

そうすれば、知識はあなたの真の状態と結びつく

この知識だけが本当で

あなたに現状を把握させ、変化を遂げさせる

『言葉は肉において現れる』の「教会生活と実生活についての議論」より編集

前へ: 神は人の性質の変化をどのように測定するか

次へ: 性質の変化の過程

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索