性質の変化は真の生活から切り離せられない

神を信じる中で

変わりたいと望むなら

今の生活から離れるべきではない


もし、真の生活より

理論と宗教儀式に固執するなら

あなたは現実の中に入らず

自分を知ることも、真理や神を知ることもなく

常に無知で、盲目だろう

真の生活で、自らを知り

己を見捨て、真理を実践し

全てにおいて、原則と常識を学びなさい

そうすれば次第に変化を遂げられる

次第に変化を遂げられる


神に従順でない人は真の生活に入れない

人間性を語るが、彼らは悪魔と同じ

真理を語るが、教理に頼って生きている

真の生活で真理を生きられない者は

神に拒絶される

真の生活で、自らを知り

己を見捨て、真理を実践し

全てにおいて、原則と常識を学びなさい

そうすれば次第に変化を遂げられる

次第に変化を遂げられる


自ら真理に入ることを実践し

短所や不従順や、異常な人間性を知り

欠点や無知を知れ

そうすれば、知識はあなたの真の状態と結びつく

この知識だけが本当で

あなたに現状を把握させ、変化を遂げさせる

『言葉は肉において現れる』の「教会生活と実生活についての議論」より編集

前へ: 神は人の性質の変化をどのように測定するか

次へ: 性質の変化の過程

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉と…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索